FC2ブログ

パク·ユチョン·シン·セギョン、スリラーよりシ​​ムクン蜂蜜ロマンス

992364.jpg
パク·ユチョン、シン·セギョンの蜂蜜ロマンスがスリラーよりもシムクンにする。

29日放送されたSBS水木ドラマ「においを見る少女」(脚本イフイミョン演出ペク·スチャンオチュンファン、以下「ガム房総」)9回では、バーコード連続殺人事件犯人​​グォンジェフイ(ナムグン·ミン)を検挙する過程が描かれた中で最ムガク(パク·ユチョン)とオ初臨(シン·セギョン)のロマンスがさらに深まった。

序盤から最ムガク、オ初臨はぎくしゃくした「サム」を演出した。 まだ正式に付き合ってはなかったが最ムガクはすでに五初臨に心を開いた、過去の記憶を思い出して不安がる彼女を守ってくれて者の手を握って歩いていた。

チェムガクはオ初臨と近所5周を回ってからも別れる惜しんし、結局、五初臨家で彼女が眠りに落ちるまで、一緒にいることにした。 オ初臨は部屋で、最ムガクはリビングルームテントで夜をジセミョ文字をやりとりするソムナムソムニョのときめきを表現した。

以降の放送に出演することにしたオ初臨の服を選んでくれたことも最ムガクだった。 チェムガクは、彼女が心に入っているワンピースをすべて使用してくれて関心を示した。 服を選ぶ二人のデートもがたがたした。

しかし、サムが長くなるほどオ初臨の不満は大きくなっていった。 キスをして手も得たが、正式に付き合おうという言葉をしていない最ムガクにさびしがるしたもの。

結局オ初臨は最ムガクに不満を表わしてぶっきらぼうに勇敢、最ムガクはオ初臨を出動させた。 チェムガクはポリョによるオ初臨に「私あなたなんて歌うか?」と尋ねた。 オ初臨が「名前じゃないですか」と率直に答えるとチェムガクは「付き合うの間には名前ではなく、また呼ぶつもりじゃない」と告白した。

オ初臨は突然の告白に驚いた、チェムガクは「あなたは、私の恋人、女性、恋人、ガールフレンド、そのうちの一つを選んで」とオー初臨手を握った。 彼は「どこ行くのか」は、オ初臨に「人々ハンテ私のガールフレンド自慢しに」と積極的な姿を見せた。

この日の「においを見る少女」は、殺人グォンジェフイの背筋が寒くなるが、視聴者の心をチョルギトにした。 しかし、それよりも心臓をドキドキゴリゲ作ったのはチェムガク、オ初臨のぎくしゃくしたロマンスであった。 まさにスリラーを忘れさせるチョンチョンハンロマンスだった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2015   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/19629-678a2afb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR