FC2ブログ

キルミー・ヒールミー 8話まで

7回そんなに生かしたいこと遅れなくあるべきで


テイム(キム・ヨンエ)はアン室長(チェ・ウォンヨン)に“トヒョン(チソン)が韓国に入ってきた理由が何なのか”問い質してアン室長は困り果てる。 リジン(ファン・ジョンウム)はヨソプに会って自殺を防ぐために孤軍奮闘するけれど..

オランダ(シム・ヘジン)は人をさせてミン・ソヨン(ミョン・セビン)の過去の子供を探してみようとして、トヒョンはオメガ作家に会うために戦略を立て始める。


8回要私は絶対のがしてはいけません!


キジュンはチェヨンにプロポーズをして、チェヨンはキジュンの態度に怒る。 リジンはトヒョンの秘密主治医になることにしたがトヒョンと同じ家で生きなければならないという事実に驚いて。 そんなに二つのあきれる同居は不安に始まって....

・・・・・ここまで見てきてカテゴリを上げるのをためらっていたけど、きちんとあげたくなってきました。うまく感想は書けないけど、でも、すごく面白いので、視聴した!っていう証拠を残しておきたくて。

リジンは渡米するはずだったけど、ドヒョンの中の一人、自殺願望者の高校生の存在が気になり、はっきりと救ってあげたいという気持ちが湧いてきて、またドヒョンが「僕のお城の中に入ってきたボールは投げ返したら終わり」という言葉が逆に僕を助けてという悲鳴に聞こえて、渡米を取りやめ、ドヒョンの専属主治医になることを決心する。

ドヒョンはリジンがそばにいるとパニックになったときも落ち着くこと、本来の自分を取り戻せることで、これまで誰にも開かなかった心をリジンには信頼して預けることができるようになる。

チェヨンへの初恋の想いも素直に振り返り打ち明ける。「あれは本当の愛じゃなかった。きっと自分も誰かを愛することができたっていうことへの自分への愛しさだった」と分析。そうでしょう、そうじゃなきゃ、あんな女性好きになるはずないわ。
今もギジュンと結婚寸前なのに、横柄なギジュンから大事にされないと、ドヒョンから拒絶され他のに怒り、リジンの存在をうっとうしく思い嫉妬丸出しで、焦ってドヒョンの気を引こうと必死だもの。見苦しい以外ないわ。

そしてここにリジン双子の兄として育てられたリオンの存在が大きく絡んでくる。実はリオンとリジンは血のつながりがない。どういう関係でかリジン両親がある日、リオンを連れてきて養子にしたらしい。
そしてリオンはそのことを知る。自分が財閥の息子であることも。誰にも明かさず独自で自分の出自を調べている。
その中で、ドヒョンが財閥後継者と知って意図的に近づく。リジンが主治医になっていることは知らないままに。
でも気づきそうね。

リオンがリジンに向ける視線が切ないけど、なんとドヒョンはリジンにキスしちゃうのよね。二人の仲は一気に進展。
まさかこんなに早くドヒョンがリジンに愛を表現するとは意外だったわ。もっとためらう時間があると思ったんだけど。シンセギじゃなくドヒョンとしてキスしたのよね。リオンますます可哀想。





スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/19200-ab87158e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR