FC2ブログ

一途なタンポポちゃん 98話

トゥルレはテオにジョンイムがある所を教えて、テオはセヨンの店開業式を行って驚いてそのまま行ってしまうけれど...

・・・・・セヨン店の開店日。テオも父やジュノたちと向かうが、店の場所がファングムオクの傍なので驚き、セヨンを問い詰める表情を向ける。セヨンの隣にいたヨンスに「知っていたのか?ファングムオクを潰すつもりか」と聞くテオ。ヨンスは「兄の君が知らないのに俺が知るわけがない。ドゥルレもまだ知らない、こんなことでドゥルレを守れるのか」と逆にテオをけん制。食事どころか店にも入らず、お祝いも言わずテオは帰ってしまう。デソンでさえドゥルレの店の近くに建てたことをあきれ心配する。

シスターがドゥルレを訪ねてくる。「あなたのお母さんの親友が来ている。彼女にならお母さんのことが色々聞けるんじゃないかと思って」と教えてくれる。ドゥルレはそれはジョンイムさんでは?と確かめ、テオ母が修道院に行き子供たちの世話をして暮らしていることを知る。

テオがスンヒ誕生プレゼントを持ってやってくる。娘のチュノクはじめスンヒの誕生日をすっかり忘れていたみんな。ドゥルレも申し訳なく思う。スンヒは「やっぱり娘婿はいいな。婿だけが覚えていてくれた」とテオから贈られたジャンパーを着て上機嫌。

テオとドゥルレはカフェで向かい合っている。「実はきょう開業した店はセヨンのなんだ」と苦しそうに告白。ドゥルレはびっくりする。「君に合わせる顔がないよ。申し訳ない。みんなにとても言いだせなくて。」と下を向くテオ。
ドゥルレは驚きながらも、テオの胸中を思いやり、両腕で頬杖をついて、わざとおどけたように「私の顔を見て。」と促す。明るい表情で「お店が集まればお客さんも集まるわ。にぎわう通りになればいい。知ってればお祝いに行ったのに。」と前向きなことを言う。そして「ライバル店ができたら、お客さんが減るってちょっと憎んだの。私って最低よね」と付け加えテオの気持ちを軽くしてあげる。

帰り道、ドゥルレは「私も話があるの。お母さんが修道院にいるの。会いに行くでしょ?きっと子供たちを世話しながら自分の子供のことを考えてるはず」とテオは今、ママが恋しい子供のような目になっていると言う。
うん、とうなずくテオに「いい子ね。頭を撫でてあげたいくらい」とあやすように言うドゥルレ。テオは「いい子なのは僕の彼女さ。君のために僕も頑張らないと。僕はいい彼氏かな?」とドゥルレの頭をなでながら聞く。「おじさんも喜んでた。最高の彼氏よ」と笑顔で答えるドゥルレ。

テオは早速ジョンイムを訪ねていく。ジョンイムはドゥルレが元気かとまず聞き、テオは「彼女はお母さんの話をよくするよ」と教える。
そしてジョンイムはドゥルレとの因縁を告白。「以前ドゥルレが施設で暮らす羽目になったのは私のせいと言ったのを覚えてる?私がドゥルレ両親を引き離して会えなくしたの。ドゥルレ母が書いた手紙をガンウクさんに渡せば二人はあえていたのに。そしたらドゥルレは両親の元で育った。お父さんもあれほどガンウクさんを憎まなかった。私がガンウクさんを好きだったばかりに」。テオは母の悪行に愕然。そんなテオにジョンイムは「何があっても絶対にドゥルレから離れないで。死ぬほど苦しくてもあきらめないで」と告げる。
じゃあ、余計なこと言わなきゃよかったのに。自分はテオに告白したことで気持ちのつかえがとれて楽になったかもしれないけど、その十字架を、母の罪を今度はテオが背負うことになるじゃないの。
どこまでも卑怯なジョンイム。

ドゥルレはヨンスに会いに質店に来る。
「テオの家族の集まりに行ったんだって?シン社長が結婚を許したそうだな。言っただろう?伴松斎がお前のものだとわかると結婚を許すって。」
ドゥルレは厳しい表情でヨンスを見つめると「過去のことはどうでもいい。テオさんには関係ないこと。これまでここでいろんなことがあったわね。お兄ちゃんにはお世話になってありがたいと思ってる」と口を開く。
ヨンスは「何を言うつもりなんだ」とドゥルレの次の言葉を恐れる。
「でも私たちもう会わない方がいい。私はテオさんを愛してる。テオさんがいないと生きていけないの。だから」と決別を宣告するドゥルレ。

かぶりをふるヨンスに「どうして自分を愛してもいない女のために苦しむの?お兄ちゃんももう自分の人生を歩いて」と必死て説得するドゥルレだが、ヨンスは「君は離れられても俺は違う。君がやめないのなら、俺がやる。シンテオも自分の父親がどんな人間か知るべきだ」と狂気の目を光らせる。

・・・・・あーあ、ドゥルレ、地雷ふんだわ、ヨンスにあきらめてもらうつもりで、返って刺激しちゃったわね。これまで成り行きを見守り手をこまねいていたヨンスだけど、これから攻めに入るかしら。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2015   0 comments   0 trackback
Category :一途なタンポポちゃん

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/19047-6543a8eb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR