FC2ブログ


もう2回しか放送されなかったSBS芸能プログラム'パパをお願いして'が時ならぬ批判の主人公になっている。

去る正月連休放送されて大人気を集めた'パパをお願いして'という無難に正規編成に成功して28日2回放送を終えた。 パイロット2回と正規2回合計4回が放送された状況. もうスタートを切ったこのプログラムは一部の曲げられた視線を受けている。

いったいある点が'パパをお願いして'の問題だったのだろうか。 一部ではこのプログラムの問題点で君の娘が芸能人志望生という点を上げた。 またPPLも批判の対象になった。 本当にこれで'パパをお願いして'という批判受けて当然なのか。 結論だけ話そうとするなら関心と人気に対する時期だ。

'パパをお願いして'で芸能人志望生であることを明らかにした出演者はチョ・ジェヒョンの娘チョ・ヘジョンだ。 チョ・ヘジョンはこのプログラムを出演すること先立ってすでに演劇舞台に足をふんだ。 'パパをお願いして'中でもチョ・ヘジョンがオーディションを準備して自身が属した極端に対して話す場面が登場した。 チョ・ヘジョンを除いては大きくこれを浮上させる娘出演者はない。

かえってチョ・ミンギの娘チョ・ユンギョンの場合、海外で学業を続けさせて、'パパをお願いして'より学業が優先である学生だ。 それならあえてチョ・ヘジョンと同じ芸能人志望生を'パパをお願いして'で排除しなければならなかったことなのか疑問点が残る。

'パパをお願いして'というパパと娘の日常をそのまま入れる観察芸能で、娘スター作りよりは自然な婦女の姿を描くところにさらに重点を置いている。 チョ・ヘジョンの場合にもお父さんが俳優であり、お父さんについて俳優の夢を持つ娘であらわれるだけ、彼がスターになることを望む姿はできない。 君の娘皆が芸能人志望生でない状況で,このプログラムが娘のスター登竜門という指摘が難癖と見えるのはこのためだ。

PPLの問題もそうだ。 PPLはこの頃テレビ番組製作で避けられない宿命とも同じだ。 それならこのPPLをどれくらい障らないように画面に登場させるかが問題だ。 単純に広告収入だけで製作費充当が難しい状況でこれは製作スタッフがやり遂げなければならない課題でもある。 'パパをお願いして'というかえって広告性場面をなめらかに登場させる。

君の家族の家が背景であるだけに家電製品など色々PPLが可能で、また、これを自然に溶かすことができる。 また、製作スタッフはこのPPLに対して用心深い態度を見せている。 実際に去るパイロット放送当時製作スタッフはPPLをほとんど受けなかった。 結局このような批判は全部'パパをお願いして'の人気を嫉妬する声だ。 他の芸能プログラムも全部持っている特徴を確かにつかんでこのプログラムだけの問題に回してしまうのは難癖や同じことのため。 すでにパイロット放送当時から視聴率と話題性を全部捉えた'パパをお願いして'を向かった一部の猜忌心であるわけだ。

2015033013133745f.jpg
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2015   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/19021-f1bb6ff4

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR