FC2ブログ

「悪い奴ら」

線が悪を審判する時代に住んでいますか?

非常識が常識を統制する大韓民国.
法という最小限の価値さえ外面受ける現実の中に平凡な市民の安全は崖っぷちに追い込まれている。

職業的な義務感、漠然とした使命感などではあくらつな犯罪者を絶対捉えることはできない。

悪の種を絶やしてしまうためにはそれ(彼)よりさらにものすごいやつらが必要だ

線を抑圧するのはポンニョギジマナクを処断するのは明らかな定義なので...

993094.jpg
993095.jpg
993093.png

☆お友達のご厚意で、ケーブルTVながら大評判だったこのドラマ、一挙に視聴することができました。
コマスミダ~
絵を見ておわかりのとおり、血なまぐさく、男臭く、連続猟奇殺人を扱っているので、時に目をそむけたくなるような場面もあったけど、見終わると、面白かったーというのが一番の感想。
演技派による熱演は圧巻。なにより脚本が優れてる。話数が11話と短いので、都合よくすっ飛ばし的な展開も、なんでそうなるの?現場に到着早すぎじゃない?とかいろいろ突っ込みどころもあるけど、それらをカバーして余りある力技にねじふせられた感。細かいことはいいじゃない、という韓国ドラマケンチャナ精神おおいに発揮。
硬派なドラマ。見ごたえあります。

話数が短かったのがかえってよかったわ。重い話なのでこれくらいで終わってちょうどいい。
そのわりに中身充実、無駄は一切なし。女優さんの登場が少ないのも良かった。チームの紅一点、ユミヨン警部@カンイェウォンさんの分量もちょうどよく、正義感と職務への忠実さが信条のキャラもクールで、男性陣の邪魔をせず好演が光ってた。
今注目の女優さんらしく、話題になってるけど、たぶん手を加えてるわりに、さほど美人ではないので、へたな恋愛メロ路線より、こういう花を添える的なキャラが似合ってるんじゃないかしら。
993091.png

主人公の娘を殺され復讐を誓ったやさぐれ刑事オグタク役キムサンジュンしは、実は苦手な俳優さんだった。
「私の男の女」で本妻ペジョンオクさんと愛人キムヒエさんの間で右往左往する、なんでこの人がモテるの?と大いに疑問を抱かせる情けない役で初見。その後さまざまなドラマで再会。最近では「追跡者(チェイサー)」では敵役の重要な役どころ、「ドクター異邦人」では、イジョンオク君の優しく誠実なパパ役だったわね。
演技は間違いなくお上手、それで少しずつ苦手意識も克服。そして今度の、復讐を胸に秘めながら復讐相手を含む重罪悪人たちをまとめ、難事件を解決させていくカリスマを持った役どころで、一気巻き返し、その重厚なお芝居にうならされました。

☆オグタク(キム・サンジュン) /刑事刑事としての使命感、正義感、出世欲、その取ったこと何もない。
警察に身を置いているけれど犯罪者らと替わらなくあくらつで例のない人物.
過剰捜査、過剰鎮圧はもちろん悪い奴がかかったかと思えば地位上下を問わず処理するので‘狂犬’と呼ばれている。

過去事件を契機に正直中だった彼を警察庁長官が復職させた。
犬だけでもできない悪質犯罪者を掃討する作戦を遂行するために里程文(門)、パク・ウンチョルそしてチョン・テスを集めた張本人だ。

993090.png

パク・ウンチョル(マ・ドンソク) /組織暴力団25日ぶりにソウルを受け付けたトンバンパの行動隊長.
口に広げた話などすることを知らなくて小細工転がして顔色を見る方法も分からない。
散漫な図体に似合わないように、腕力一つは終わるように素早い。

28年刑を宣告受けて収監中である彼は全身に切り傷は数えられないほど多くても、自分の家族ならば心から惜しむことができる分かってみれば暖かい人物だ。

監獄に閉じ込められて抑圧された生活をした彼に考えることもできないことが起こる。
彼を捕まえて入れた警察が、もう彼に虫のようなやつらを捉えてくれという。
子犬は子犬を調べてみると、そいつを最もはやく尋ねてくる自信がある。

993089.png
チョン・テス(チョ・ドンヒョク) /殺人請負業者数十度の殺人を犯す間ただ一度のであるはずもなかった。
硬い筋肉、非常な頭脳とはやい状況判断力を持った殺人請負業者.

からだもよく使って頭もよく使う彼が何か風が吹いたのか、すべての罪を自首して22年刑を宣告受ける。

私の足で監獄に入ってきた後にも彼を探すウイルェインドゥルンノムチョナで. ある日、彼に世の中光を見るようにするという甘い提案が入ってくる。

993088.png

イ・ジョンムン(パク・ヘジン) /天才(天災)サイコパス連鎖殺人犯感情ない涼しい目つき. 何の考えなのか分からないミステリーな人物だが誤った取り扱いをすれば胸中うごめいている殺人本能が目覚めて爆発する。

サイコパスを計るふりも結果がユ・ヨンチョルよりもさらに高い危険インムルロピョンボマン学生だった里程文(門)のサイコパス本能を呼び覚ました最悪の殺人事件を体験した後、彼の人生は予想できない方向に流れることになる。

事件現場にどんな跡も残さないで十五人を殺害した花宴洞連続殺人事件で検挙されて無期懲役を宣告受けて収監中だ。
すでに殺人魔という烙印が押されたが、真実を知るために犯罪者を追い始める。


・・・・・現場はほとんど男性ばかりで和気藹々、楽しそう。

993092.png

・・・・・暗い画面で壮絶なシーンの連続のこのドラマを乗り切れたのは、なんといってもパクヘジン君の美しさがあったから。
特筆すべきは、ヘジン君の抑えてもにじみ出るキレイオーラ。全編通してうっとりしながら見てました。
もちろん演技も「噂のチル姫」のころに比べれば特段の進歩。素晴らしく成長されたわね。
暴力シーンが耐えられる方は、ぜひ視聴されることをお勧めします。

反転に次ぐ反転で息をもつかせぬジェットコースター展開。見終えたあとは充実感、達成感で心地よい疲れを覚えます。
お見事な作品。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2015   2 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想

おはようございます。

内容はちょっと、、と思ったけど
面白かったですよね

最初 オグタク役キムサンジュンシーが登場した時
あまりにもにらみがすごくて 誰かわからなかったので
何回か巻き戻してみましたよ(笑)
そのうち サンジュンシーも疲れたのか
演技なのか 感情の違いを表現していたのか
 普通の顔に戻ってしまい 思わず笑ってしまいました。

また変なところを突っ込んでしましましたが
刑務所から服役中の犯罪者を出す事なんかあり得ないですが
この 流れがミステリーで ヘジン君のサイコパスも
やはりきれいさが勝って 彼は違うよねと思って
見ていました。
彼のお陰でこの泥臭い やくざ映画とも思わせるような
シーンも浄化されましたよ。。

只 途中から出てきた検事 いかにも犯人はこいつだ!
と思わせるのが当たり前すぎるかな??
折角だからもう少しひねってほしかったわ、、 
2015.03.18 09:38 | URL | ユイユイ #- [edit]
ユイユイ様(#^.^#)ほっこりコメントコマスミダ~♪

> 内容はちょっと、、と思ったけど
> 面白かったですよね

優しいラブストーリ―好きな夢見るユイユイ様には、刺激の強い内容でしたね。

> 最初 オグタク役キムサンジュンシーが登場した時
> あまりにもにらみがすごくて 誰かわからなかったので
> 何回か巻き戻してみましたよ(笑)
> そのうち サンジュンシーも疲れたのか
> 演技なのか 感情の違いを表現していたのか
>  普通の顔に戻ってしまい 思わず笑ってしまいました。

おぉ、そんなユニークな見方がありましたか!?
さすがな視点のユイユイ様です(笑)
サンジュンシ、邪魔そうな前髪に低めに抑えた声でキャラ作って頑張ってましたのにね。さすがにハードな撮影だったのでしょうね。

> また変なところを突っ込んでしましましたが
> 刑務所から服役中の犯罪者を出す事なんかあり得ないですが
> この 流れがミステリーで ヘジン君のサイコパスも
> やはりきれいさが勝って 彼は違うよねと思って
> 見ていました。
> 彼のお陰でこの泥臭い やくざ映画とも思わせるような
> シーンも浄化されましたよ。。

そう、そこが一番の感想です。彼が出ていなければ、ドラマも幾分つまらなかったかもしれません。
フォローありがとうございます。昔から注目して、見守ってきましたものね、私たち。
こんなにビッグなスターになって嬉しい限りですよね。
でもそのわりにいつまでも透明感を失いませんよね。

> 只 途中から出てきた検事 いかにも犯人はこいつだ!
> と思わせるのが当たり前すぎるかな??
> 折角だからもう少しひねってほしかったわ、、 

あの検事さんなんですが、意外なことを発見!
私「愛の贈り物」でキムヒョンジェちゃんの最低夫を演じた、キムテウしに似てるなーって思ってみてたんです。でもテウしより若い気がすると気になって調べたら、なんと、キムテウしの実の弟、キムテフンという人だったんです。
似てると思ったーと一人納得しました。
2015.03.19 04:41 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/18788-a9b10980

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR