FC2ブログ

*芸能人が過去より多様な形態の奉仕活動を広げているなかで、ファンたちも自発的奉仕に参加して肯定的な拡散効果を起こしている。

最近歌手ションは同僚歌手らと共に煉炭運ぶリレー奉仕をして話題になったし、俳優チェ・ガンヒはスローガン団体であるセーブさらにチルドレンで広げるキャンペーンである‘新生児母子(帽子)浮かび上がること’に永らく参加したという事実が知らされて手本になった。 過去寄付金前月やスローガン団体広報大使になる単純な形態の奉仕とは全く違う姿だ。

このように芸能人は多様な奉仕活動を知らせるために直接多様な奉仕活動に参加するなど多くの努力を傾けている。 低体温症(証)で死亡する第3国の新生児のために毛母子(帽子)を作って送るキャンペーン一緒に多様な形態の奉仕活動は大衆の好奇心も刺激して参加率を高めたし、スターの率先垂範はファンたちの奉仕活動を導く原動力になった。
5201501291400060e0.jpg

写真提供=トブリュエムコムポニ
去る23日午後放送されたMBC ‘私一人で暮らす’では種スターヒョリンが登場して自身の単独でライフを公開した。 この過程でヒョリンは有機キョンらとユ奇妙を育てる保護機関に永らく静かに奉仕活動を行ったという事実が知らされた。 ヒョリンはこれに対して“すでにファンたちは私の奉仕活動を知っている。 それで米花輪の代わりに飼料花輪を送ってくれる”と話したし、グループ メンバー所有は“ヒョリンが周辺の人々を導いて奉仕に参加させたりもする。 ファンたちとも定期的に保護機関に奉仕活動を広げる”とヒョリンの先行を明らかにした。 

パク・ヘジンは悪リプライヤーと奉仕活動を広げて話題になることもした。 パク・ヘジンは昨年3月持続的に自身に根拠ない悪リプライを残したインターネットユーザーを名誉毀損で告訴したし、反省文を書いて善処を訴えた一部悪リプライヤーに共に奉仕活動をするのを条件で告訴を取り下げた。 引き続き実際に10月パク・ヘジンは当時奉仕活動を約束した悪リプライヤーらと共に煉炭運ぶ奉仕を広げて目を引いた。 これは悪リプライに対処して奉仕活動の意味も再確認する良い事例に残った。

これと共にスターの名前を輝かせるために自発的に奉仕に参加するファンクラブも増えている。 歌手のショーケースやドラマ製作発表会の時米花輪を送るのはすでに一種の慣行になった。 木を植えるのに先に立つベンチャー企業家トゥリプルレニッはファンクラブの寄付金でスターの森を作る事業を進めている。

トゥリプルレニッのチョン・ミンチョル理事は“本来はゲームを通じて森造成費を募金して木を植えることを広報した”として“ゲームに森の名前を記載する空間があるのに多くの森がグループ トゥエニワン(2ne1)の名前でされているという点を発見した。 これに対し着眼してYGエンターテインメントに連絡して森造成企画案を伝達したし、エンターテインメント側でも快くこれに対し同意してファンクラブを相手に募金活動を繰り広げることになったこと”とスターの森造成事業の開始契機を説明した。

引き続きチョン理事は“一定期間の間ファンたちは森造成費を寄付してこれを利用してスターの名を連ねた森を都市に作る”として“スター名前で森が作られるということにファンクラブの反応も非常に良かった。 もう海外ファンたちも海外にスターの森を作ってほしいという連絡をしてくる”とキャンペーンに肯定的な反応を見せるファンたちの雰囲気を伝えた。

これは単純に森を作ることだけでなく木を植える自体に対する関心でも続いている。 チョン理事は“造成されたスターの森を多くのファンたちが直接管理したりもする。 着実に訪問して手入れが必要な木々を直接チェックして会社に教えたりもする。 木に対する愛情が多くなったというファンたちの意見も多かった”として“スターの森が必ず訪問しなければならないファンたちの観光コースになった。 それで市当局と協力して森を観光コースで開発する事業も推進中にある”と話した。
201501291400062cf.jpg

写真提供=トゥリプルレニッ
チョン・ミンチョル理事はスターの森造成事業は持続性が強い奉仕活動の中の一つだと説明することもした。 彼は“グループ神話や東方神起、エクソ(EXO)のファンたちのような場合はメンバーの誕生日や記念日に合わせて着実に森造成基金を募金していて、ビーストのヤン・ヨソプは3号の森まで作られてファンクラブの持続的な後援がなされている”と事例を言及した。 これは持続的な奉仕活動のためにスターの激励も必要だが、奉仕機関でも一度参加した寄付者の関心を留まるようにするほどの多様な奉仕活動の形態を提案する必要があるということを示唆する。

これに対して森作り行事に参加したグループ神話のあるファンは“かなり以前から好きだったキム・ドンワンが‘愛のリクエスト’のようなプログラムに寄付金を出すなど着実に先行を行った姿が青少年だった私に印象深く残った。 これによって成人になった後にも自然に多様なスローガン団体に定期後援をしながら奉仕活動に参加することになった”と説明した。

このようにスターの名前を輝かせるために自発的に奉仕活動に参加するファンたちとファンたちの結束力に着眼して多様な奉仕事業を提案する機関の努力、これらを励まして率先垂範するスターの努力が奉仕活動の拡散に寄与している
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2015   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/17914-0a93262a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR