FC2ブログ

かぼちゃの花の純情 89、90話

ラスト、無茶ばかりして、スンジョンの心をこれでもかっていうくらいに痛めつけるジュンソンの首にグァンウォンが遂に手をかけ、「オレが作った悪魔を俺が始末しないとな」って、言ってくれたわ。ありえないけど、このまま本当に静かに去ってくれたらいいのにぃ。

殺しても死なない女、ジュンソンはそうなるわけないけど。


危機にひんした会社をなんとか持ち直させたのは、危機に陥れたジュンソン自身だった。
母親の性根を知るスンジョンは、絶対に会社をつぶすはず無いと読み、焦るミンスをなだめてじっと時を待っていた。

一瞬、スンジュン&ミンスの勝ちと思われたけど、役員会では融資をものにしたジュンソンを副会長に推す決定。
へたれなミンス父もなんと、「お前はまだ若いから」ってミンスに告げ、その決定を承認。

いよいよ頂点目前のジュンソン。
そうはさせないと、スンジョンは宣戦布告。
「最も華やかな形で自分の存在を示してやるわ
ジュンソンの隠し子で、夫以外の子を血のつながらない夫に押しつけて捨て、初婚のような顔をして嘘をついて会長と結婚した事実を暴露するって、言ってるのよ。

そうなるとスンジョンを黙らせる方法はただ一つ。
「あんたは殺人者の娘よ」

「ミンスの母親をグァンウォンに殺させちゃったー」と悪びれずに実の娘に告白する悪魔のような母。
パニックになり気絶するスンジョン。
だってジュンソンなら一人や二人殺しそうだけど、気の弱い父が言われるままに手を下すなんて。
真実だからってこのタイミングで勝ち誇ったように悪事をひけらかすジュンソンもジュンソンなら、信じたくないスンジョンが泣きながら尋ねるのに、「すまん」って、認めちゃうグァンウォンもグァンウォン。
母も母なら、父も父。どうしようもない両親。
全部血を抜いてとっかえたいくらいでしょうね。

会社のことなら、強気でジュンソンに対抗してきたスンジョンだけど、そんな衝撃の過去を教えられて、まるで小さな子供みたいに、「アッパー、アッパー、アッパに会いたい、おうちに帰りたい」って震えながら泣きだして、可哀想


母の薄汚れた野心のために捨てられただけでも傷つくのに、ましてやそんな大罪を犯した人間の娘だなんて、呪われた運命がスンジョンに重くのしかかる。

しかも被害者が愛するミンスの母だなんて。今スンジョンがなんとか立っていられるのは、ミンスのためなのに、ミンスの幸福が生きる理由なのに。
スンジョンの奪われた未来は誰が代償を払うのか。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・かぼちゃの花の純情

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/176-37c6dbf7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR