FC2ブログ

「屋台ファンミーティング「ク·ハラ、カン·ジヨン·ニコル脱退に口開く

994003.jpg
ガールグループカラのメンバーク·ハラが屋台でファンと会って、これまでの噂や誤解について率直に告白した。

29日放送されたケーブルチャンネルMBCミュージック」してくださいオンエンオフ:ザゴシップ」でク·ハラは、ファンと映画イベントの後にした屋台に向かって焼酎、ビールを飲みながら率直な対話を交わした。 「気になるだろませんか?すべての答えてくれることができます」という約束通りハラは、ファンからの質問に率直に答えた。 これらの会話を一問一答形式で構成した。

-一人でサナア? 寂しくないか?

「私にはピコ、だんだん(猫)がある。 "

-ニコール、カン·ジヨンと連絡する。

「連絡する。日本コンサートが終わり(川)ジヨンイラン会おうとしたがジヨンが忙しくない会った。韓国に来たら連絡するよ。連絡着実にしている。ニコルはしばらく前に活動を開始して、お互いの文字を交わした。ところで本物心配することはない。私たちは良くなく別れた間ではない。そのようなこと持って多くの物語が聞こえるのが嫌だった。本当によくやっている。序盤は私もカラの活動をより維持することができない寂しさましたが、もう一度考えた場合、その友人がすごいこともある。より応援してあげたい気がした。 "

-ニコル、カン·ジヨン脱退当時の気持ちは?

「ところでそれは誰が何ができないのが自分だけの人生の道を作っていくことであった。契約が完全に終了した状態でキャッチすることができない状態だった。キャッチもしたが、その友人の意見を(尊重)たくさんしてくれた。 "

-本人が大変なのはないか? メンバー脱退など様々な問題があった。 残りのメンバーたちが大変かと思った。

「本当のない大変だとすれば嘘である。」(ハラは言っていたの涙流した質問したファンも一緒に泣いた。カラーはニコル、カン·ジヨンの脱退過程でグループの解散説まで浮上している。)

」そんな声が一番大変だった。「あなたたちが倒さなければならない。なぜ、あなたがたはじっといるのか。」 ところで、私たちもじっとしていないていた。しかし、率直に言ってカラーに愛情が多く、愛憎の関係だ見る、切っても切れないカラの名前であり、カラーメンバーであるため、それだけでチームを維持したいと思った。第2のピンクルのように永遠に記憶に残るグループがされてたいという思いが私だけではなく、お姉さんたちも常にしている。そのため、個人的な活動ではなく、カラーの活動を中心にすることである。少しだけ待って私達を信じてくれればいいのに、あまりにも安易にすべてを決定してしまっては、あまりにも話にならない噂で話が多いからそれを見る立場ではとても大変だった。」

-今ではどのような悩みがありますか?

「今までカラだけの色でここまできた同じカラーの姿ではなく、他の姿に変化が必要な時点であるようだ。それを見つけるのはとても難しかった。今後どのような姿を見せてくれれば良いか?」

ク·ハラは、製作陣とのインタビューで、「あまりにも多くのことがあった。事件·事故の。順調にここまで来たらしたが、いくつかのプロセスを経たので、私だけでなく、ファンも難しかっただろう。それを申し訳が最も大きい」と告白した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/17352-29adb445

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR