FC2ブログ

暑さは演技に集中して克服する

tc_search_naver_jp_20120801223424.jpg
さすが、プロのお言葉。
史劇って、扮装だけでも暑そう。あと少しだから、頑張って堪えて(^O^)/

☆MBC週末ドラマ「Dr.JIN」を撮影しているJYJ ジェジュンが「猛暑に勝つ方法」を公開した。

同ドラマは31日、MBCドラマ屋外セットで36度を超える暑さの中で戦闘シーンの撮影が行われた。劇中で武官役を演じるジェジュンは、木綿の戦闘衣装と負傷を防ぐために腕と膝に保護帯をつけたまま、長時間のアクションシーンをこなした。

ドラマの関係者は「ギョンタク(ジェジュン)が武官なので、アクション俳優と息を合わせるリハーサルだけで1~2時間は必要で、リアルなシーンのために様々な角度から撮影をしなければいけないため、1シーンの撮影に長い時間がかかる。じっと立っているだけでも辛い気候なのに、休まず動線をチェックし、代役なしに見事に戦闘シーンを撮影した」と述べた。

ジェジュンのマネージメントを担当するC-JeSエンターテインメントは、「想像を超える暑さの中で時代劇の衣服とサントゥ(結婚した男が結い上げるまげ)をし、連日暑さと戦っている。自動車にアイスボックスを載せて、アイスパックの巾着を持ち歩き、大きい扇子とミニ扇風機等を動員したが、それもそう長くはもたない」と大変な撮影について語った。

このような暑さのため、ドラマの現場で暑さを凌ぐアイデアも続出している。どこにでも陰を作ることのできる傘型のミニテントを張る一方、汗の吸収と乾燥が速い機能型のタンクトップを2枚重ねで着用し、肌に触れば汗を蒸発させ清涼感を与えるクールシートをつけていたりもする。

ジェジュンは「刀を数回振り回すだけでも全身が汗だくになるが、かえって戦闘シーンの凄絶さを表現する上では役立つ。戦闘シーンの一つ一つがキム・ギョンタクの感情を伝える上で重要なため、撮影に集中していると暑さを忘れられる」と述べた。

「Dr.JIN」は最終話まで2話を残している。

tc_search_naver_jp_20120801224159.jpg
JYJのジェジュンが、MBC週末ドラマ「Dr.JIN」の撮影現場の写真を公開した。

ジェジュンは31日午後、自身のTwitterに「スパイダー・タク」というコメントとともに写真を掲載し、「オ監督は、いつもヨンタク、ギョンフィなどと混乱する」とし、もう一枚の写真を公開した。

公開された写真では、ビルの外壁に寄りかかってスパイダーマンのように蜘蛛の巣を張る動きをしたジェジュンの姿と、劇中で“タクフィカップル”と呼ばれるギョンタク(ジェジュン)、ヨンフィ(チン・イハン)が手を繋いでいる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドクター仁

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/1727-8b0b8354

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR