FC2ブログ

二人の女の部屋 43~47話

第43話
ギョンチェは紆余曲折の末、ウンチェのぬいぐるみを入手し、中に隠されたUSBを確認する。しかし、データが破損していたため、復元を依頼し朗報を待つこととなった。一方、ヒスの妊娠が気になるチャンスクはヒスを問いただすがヒスは何も答えずその場を立ち去る。 USBの存在を知ったヒスは不安にかられ、証拠を隠滅しようとギョンチェの携帯電話を盗もうとする。ギョンチェは電算管理室の職員から、ヒスがUSBの存在を知っていると聞かされ驚く。一方、ヒスが妊娠したとボクチャから聞かされたジソプの母は、手のひらを返したように態度を急変させ、ヒスをいたわるようになる。

第44話
ヒスが妊娠したと思い込んだスヒョクとギョンチェは、ヒスに自首のチャンスを与えることにする。一方、殺人の証拠がそろったと考えたヒスは警察に出頭するとギョンチェをだまして自分の車に乗せる。 交通事故で意識を失ったギョンチェとヒスは病院に運ばれる。先に意識を取り戻したヒスはギョンチェからUSBを盗み処分する。一方、妊娠したヒスがわざと自動車事故を起こしたことを疑問に思ったギョンチェは、看護師とヒスの会話から妊娠がウソだと知る。またヒスは目障りなナ夫人を失脚させようとオ理事と計画を立てる。

第45話
ヘグムの脱税の証拠を見つけられなかったヒスは、記者を利用してヘグムが悪徳金融業者だという悪意のある記事を掲載させる。ジソプはヒスの妊娠を信じて離婚を思いとどまり、ギョンチェとスヒョクに立ち向かうことを決意する。 ヒスはジソプに、ヘグムがモナリザホテルの大株主だということやビョングクがヘグムの下で使いの仕事をしていた事実を話す。一方、ギョンチェからヒスの妊娠は事実ではないと聞かされたジソプは、共に病院へ行き、妊娠が事実かどうか確認するとヒスに伝える。妊娠が事実と分かれば今後はヒスの言葉を信用すると言う。

第46話
ヒスは臨時株主総会を開き、そこでヘグムが違法な高利貸し業で財を築き、その金をホテルに流入させて孫を社長に就かせるなど、権力を乱用していると非難。そして後日スヒョクの社長解任を投票で決定すると発表する。一方、ギョンチェとスヒョクはデータの復旧状況を確認するため復旧センターを訪れ、証拠資料を確かめる。二人はオクソンの死の無念を晴らすために証拠のないヒスの放火の罪を明らかにすることを決意し、ヒスが自白をするように仕向ける方法を考える。 そんな中、ヒスは本当の証拠は別にあると言っていたウンチェの言葉が気にかかっていた。

第47話
本物の証拠の存在に気づき、理事会に出ず福祉館へ向かうヒス。一方、スヒョクは理事たちを前に、機会をくれれば父が成し遂げられなかったことをすると述べ、解任の危機を切り抜ける。ギョンチェはウンチェがヒスに連れ去られたことを知り警察に証拠を渡すのを躊躇する。ボクチャはヒスの反対を押し切りウンチェをギョンチェの元に帰し、自分がウン・ギマンを殺したと警察にウソの自白をする。証拠が警察に渡れば終わりだと不安におびえるヒスは、母に言われたとおり家に戻り、普段どおりに出勤する。ウンチェの拉致の件で警察に呼び出されたヒスは、証人として居合わせたウンチェを脅す。

・・・・・一体どうやったらヒスの数々の犯罪が白日の下にさらされ、アホジソプがいつになったら、どこまでやったらヒスを見放すのか、続きが気になり、目が離せないものの、あまりに主人公ギョンチェと王子様スヒョクの間抜けぶりがこっけいで、二人の真剣なお芝居に、時々コメディ?って突っ込みをいれたくなるわ。
ホテル通路のまん真ん中でヒスの犯罪の証拠の存在を話し合ってて、それをヒスがまたわかりやすい場所で身を隠してもなく聞いてるのに、気づかないなんて。
そしてヒスが証拠のことを指摘すると「なかなかの情報収集力ね」と皮肉を言い、スヒョクと「どうしてわかったのかしら?」と本気で不思議がる。
ギョンチェったら、自分、自分、自分がしゃべってるのを普通に耳にしただけですからー(~_~;)
そしてここにきてウンチェが大切なキーパーソンに繰り上がってきたんだけど、なにせ、ヒスににらまれ脅迫されるとおえてび黙っちゃうし、ウソまでつくから、この子次第の展開になりそうだわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2014   0 comments   0 trackback
Category :二人の女の部屋

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/17244-e4cd3e36

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR