FC2ブログ

猫は見た 53~

53話
ドンジュンは出版社と契約を締結して、ウンスクはセギに対する誤解を解くことになる。
チウンは勇気を出してお父さんにカメラマンになると話して、スリはソンイルにヤンスンが盗作をしたと話すけれど...

54話
ヤンスンは良心の呵責と原作者の脅迫で苦しいだけして、ソンイルはヤンスンが盗作した小説の原作者がドンジュンであることを知るようになる。
インターネット上でも盗作に関する攻防が広がるとすぐにヤンスンはついにチウンに自身が他人の小説を盗作したことを明らかにするけれど...

・・・・・ちょっと、ちょっとぉ(・.・;)
本当にヤンスンたら、盗作してたのね!?
ヒロインが犯罪者だとは。はぁ、がっかり。いくらせっぱつまっても、していいことと悪いことがあるでしょ。そんなにお話が思いつかなかったんなら、最初から応募すべきじゃなかったのよ。
私はてっきり、お寺にこもったときに、チウンが話してくれたことがヒントになって、せいぜいそれをモチーフにしたくらいにしか思ってなかったんだけど、大それたことしちゃったわね。
はっきり、悪事を働いたことになるわ。ヒロインだからいい方に解釈してあげたいけど、同情するのは難しいかな~。

ヤンスン父は好き勝手生きていて許せないけど、それとこれとは別。
チウンもソンイルもそんなヤンスンを受け入れることができるかしら。せっかくチウンとラブラブになってたのに。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2014   0 comments   0 trackback
Category :猫は見た

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/17086-7ece9c6a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR