FC2ブログ

僕らのイケメン青果店 11,12話

う~ん、主人公の恋愛にときめかないって、辛いーーー((+_+))

チャンウク君はいきいきして、トンヘのときより可愛くて爽やかでとってもいいキャラだし、彼を取り巻く仲間たちも純粋で可愛くていいんだけど、ヒロインが。ワンジヘさんは決して苦手な女優さんではないんだけど、ラブコメモードにならなくて、ちょっと暗いのよねー。なので、チャンウク君がジンシムを大好きっていう表情で見つめても、いまひとつ、お似合いに思えなくて。。。。

それはともかく、ジンシムが提案した募集のテーマに応募したテヤンたち。遅刻して失格になるところを会長であるカオン父に救われなんとか受け付けてもらう。
ただし第二段階は不利な条件で戦うと、テヤン自ら申し出る。

その通り、二次試験は不格好な林檎を売らなくてはいけない。ライバルたちは綺麗な林檎なので次々に売れていく。時間もなくなっていく中、テヤンは宣伝を派手にすることを思いつく。
元アイドルのチャンソルを中心に白雪姫のコントを演じ、お客を集めることに成功。
たくさんさばけるが、結果発表では、売れた個数が一番に届かず。がっかりしている仲間を「あきらめないで」と励ましたいたテヤンにラッキーな知らせ。宣伝の仕方が評価され、優勝する。

晴れてジンシム父の会社のバックアップでお店を出せることになる。
大喜びのテヤンたち。

ジンシムを自分の欲のために利用するカオン母はジンシムが交際している市場の男、テヤンが気に入らず、調べさせる。
そして、テヤンが昔のジンシムの幼なじみだと知るのだった。当然ジンシムも知っていて付き合っていると察し、ジンシムを責める。


カオン母の攻撃は尋常じゃない。テヤンを徹底的に排除しようとするはず。
そしてそのテヤンへの執拗な排斥がやがてジンシム父にも異様に思われ、逆に怪しまれることでしょう。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :僕らのイケメン青果店

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/1692-b34e9480

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR