FC2ブログ

MBLAQのコンサート会場は涙で溢れていた。“解散”や“脱退”などの議論が浮上している中で開催されたコンサートで、メンバーたちは熱い涙を流した。しかし、その涙の意味まで知ることはできなかった。最後になるだろうという残念な気持ちで流した涙だったのか、それとも新しいスタートを決意する覚悟の涙だったのか。MBLAQはコンサートの最後に「まだ何も決まったことはない」という言葉を残した。

男性5人組アイドルグループMBLAQは、29日にソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園のオリンピックホールで、単独コンサート「CURTAIN CALL」を開催した。“解散説”が噂されているだけに、この日のコンサートでファンたちが最も待っていたのは、新曲の初披露よりも“MBLAQが存続するかどうか”の話だっただろう。

それでも、メンバーたちはその話題には触れないままコンサートを続けた。いつもと変わらない華やかでキレのあるパフォーマンスを披露した。メンバーたちは、コンサート最後になってやっと語り始めた。

だが、彼らの発言は曖昧だった。メンバーたちは「グループを維持する」というニュアンスで話したが、直接言及したわけではなかった。最初に話を切り出したのは、最年少メンバーのミルだった。ミルは「実際終わりでもないし、僕たちはそのようなことも考えていない。でも、色んな憶測でそう思われるのが悲しかった」と述べた。しかしジオは「今日まで幸せだろう。今日が終わらないで欲しい」と言って、心残りを明かしながら言葉を慎んだ。

所属事務所との専属契約終了を受けて脱退すると噂されているチョンドゥンとイジュンは、ファンたちに感謝の気持ちを伝えただけで、グループの存続や解散についての具体的な発言は控えていた。リーダのスンホは最後の映像で「それぞれの道を歩むことになっても、MBLAQという名前は忘れない」と言った。

メンバーたちの発言には、確実な温度差が感じられた。会場に集まった記者たちの中には、彼らの曖昧な発言を聞いて“解散宣言”という見出しで記事を書く者もいた。

コンサート後、舞台裏で会ったMBLAQの所属事務所J.Tune Campの関係者は、「もちろん解散ではない」と釘を差した。しかし、最後にスンホが残した言葉のように、まだ決まったことは何もないように見えた。

この日のコンサートは“第1幕を閉じる”というコンセプトで行われた。彼らの思う新たな第2幕では、グループとしてのMBLAQはそのまま残しながら、個別活動を展開する可能性が高そうに思える。5人のMBLAQメンバーが一緒に活動する姿を今後も見ることができるだろうか。

*グループ エムブラックが新しい2幕を予告して真心を入れた監査(感謝)要人とともにしばらく間別れを告げた。

エムブラックは29日夕方ソウル、オリンピック公園オリンピックホールで開催されたエムブラック コンサート‘カーテンコール’を開催した。今回のコンサートは去る10月不和説と解体説を体験した後開催するコンサート期にファンたちの叫び声はそのどの時より大きかった。 チオは“本当にうれしい”として“すみずみ訪ねて行ってあるくやしい方会うだろう”とコンサートを臨む所感を明らかにした。引き続き“年数で6年になったが関節もたくさん老化した”として“1~2集同じ姿見せて差し上げ難い”と話して笑いをかもし出した。 これに対し末っ子ミールが“皆さんも私たちの関節のように生き返らなければならない”と漫談を広げた。

勝湖(スンホ)は‘カーテンコール’という公演タイトルに対して“久しぶりに皆さんをお会いするだけにエムブラック1幕の全てのものをお見せするだろう”と伝えた。ミールは“皆さんの記憶をテストしてみるのをかねてデビュー初期曲もたくさん呼ぶから応援法を熟知してほしい”と公演観戦ポイントを伝えた。
201411301150529cd.jpg

この日エムブラックは1幕を終える趣旨に合うように5年の間発表した代表曲を総網羅する舞台をプレゼントした。 デビュー曲‘汚穢’で公演の火ぶたを切ったエムブラックは‘ラン’、‘Y’、‘ステー(Stay)’、‘スモーキーかける(Smoky Girl)’、‘男らしく’等代表曲をリリースした。 KBS2 ‘不朽の名曲’に完全体で出演して舞台を整えたチョ・トクペの‘あなた私の気に入って五面は’舞台も再現した。

甘美なバラード舞台も繰り広げられた。‘話さないだろう’、‘鍵’等のバラード舞台ではエムブラック メンバーがY字でなされた突出舞台で出て来てファンたちと目を合わせてファンサービスとともに甘い声を聞かせた。

エムブラックの新しいバラードも聞くことができた。エムブラックは去る25日発表したミニ7集‘冬’の舞台が最初に公開した。エムブラックはタイトル曲‘春夏秋そして…’と‘ユーエイントゥ老友(You Ain’tKnow)’、‘大丈夫であることという(のは)その話’を呼んだ。‘ユーエイントゥ老友’ではバラード曲に合わせてリリースする椅子パフォーマンスとチオの爆発的なアドリブが目を引いた。

エムブラックはアンコール エンディング曲でオープニングでリリースしたデビュー曲‘汚穢’をリミックスあるバージョンで再びリリースした。1幕を終える公演だけにデビュー曲を聞かせて今後の未来を応援する席を用意した。エムブラック ミールは“私たちは終わらなかった。心配するな”としてファンたちを安心させた。
20141130115052a20.jpg

コンサートは解体説以後エムブラックの口で直接話を聞くことができる席であった。公演の終わりが近づくとすぐにリーダー勝湖(スンホ)は“5年という時間がこのようにはやく過ぎ去るとは思わなかった”として話をつなぐことができなくて涙を流した。ミールとチオも涙を見せた。 ミールは“事実終わりではないが色々な推測と憶測によりそんなに見えるようだ”として気に障った心境を伝えた。引き続き“とても鋭敏な問題と私たちの口で話せなくて気に障った。私達で常に集まっていて、一人でいる時間を作らないようにした。 皆さんも心配多かったし、聞きたい話も多かったはずなのに申し訳ない”と話した。

チオは“私は今日まで幸せなようだ。明日が来ないことを”としながら涙を見せて気がかりなことをかもし出した。イ・ジュンは“共に楽しんで、涙を流すこのような席を一緒にすることになり迎鼓らしいと考える”として“2009年から2014年まで我が方になってくださってありがとうございます。今後も感謝するだろう”と話した。 涙まぜこぜになったエムブラックはファンクラブ エイプルロスウルためのペンソンイン‘ユマイ プラス(You’re My +)’を呼んで愛を伝えた。

引き続きアンコール舞台が始まる前大型画面にはエムブラック五人の率直な心兼が入れられたナレーションと映像が出てきた。映像の中で勝湖(スンホ)は“各自の道を行くことになってもいつもエムブラックという(のは)名前が忘れられないように努力する”としばらく間の別れを暗示した。 チオも“少しの間の別れはエムブラックでない限り人、ある歌手として変化が必要なためだ。より良い姿にたずねる時までエムブラックを応援してほしい”と話した。イ・ジュンは“仕事も頑張って軍隊もよく行ってきて恥ずかしくない姿見せて差し上げる”と伝えた。

アンコール舞台に立ったエムブラックは真心を伝えた。勝湖(スンホ)は“脱退説、不和説などがあったが、決定されたことはない”として“何も信じずに、私たちの言葉だけ聞いてくれたら良いだろう”と話した。引き続きエムブラック メンバー五人はマイクをおろして真心を入れてファンたちに叫んだ。 90度要人とともに“ありがとうございます”を叫ぶエムブラックからファンたちに向かった真心だけは確かに感じられた。約束ない待つということが始まったが、ファンたちに向かったその熱い心がエムブラックを忘れないようにするものと見られる。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/16815-a271f9f8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR