FC2ブログ

エンジェルアイズ 5,6話

5話
スワンがディラン(ドンジュ)にボイコットにあったという事実を知ることになったジウンは家でスワンとディラン(ドンジュ)を招いて食事の席を用意してスワンとジウンの親しい姿にディラン(ドンジュ)は苦しがる。 スワンはディラン(ドンジュ)に感じる微妙な感情に紛らわしがるけれど..

6話
スワンは高熱で倒れて応急室でのせられてくるがすぐ消えてジウンはスワンが相変らず初恋を忘れれないで苦しがっているという事実に苦々しがる。 一方ジェボムはドンジュにずっとここにあればドンジュとスワン二つとも骨を折られることとし再びボストンに発てと説得するけれど..

・・・・・今回は泣けたわ。相変わらずイサンユンしはちょっと苦手で、彼からドンジュの優しさや温かさを感じ取るのは難しいけど、回想シーンで何度もカンハヌル君が出てきてくれるので、ハヌル君だと思えば、スワンのために身を引こうとする切なさが十分伝わって納得できる。ハヌル@ドンジュならそうするだろうな、と思い、彼の決意がとても悲しくなってくる。
脚本と演出が優れているのかもしれないけど、今回のクヘソンちゃんは演技面での不安がないわ。
前作の「お願いキャプテン」台湾版「絶対彼氏」とは段違いの細やかな演技に驚き。号泣シーン、泣き方もうまくなってる。
ドンジュ母の墓前で語りかけ、やがて号泣したのには、思わずもらい泣きしちゃった。

ドンジュはジウンという公認の恋人と幸せそうなスワンのため、スワンとの思い出を封じ込め、スワンをあきらめる努力を始める。
必要以上にスワンに冷たく接し、ぎこちない二人。ジウンはスワンとの愛に自信があるのか、そんなドンジュとスワンに仲良くなってほしくて、自宅に招く。
そこでもジウンにとても大切にされ、仲のいい二人の姿を見てますますドンジュは落ち込む。
スワンはジウンとたわむれながらも、ドンジュが気になる。
ディランと名乗る医師の中に時折ドンジュを感じてしまい、そんな自分に戸惑う。
エレベーターで接近した時、胸の鼓動に耳をつけ、その聞きなれた音にドンジュかどうか確認しようと、思わずドンジュの顔に手をのばしかけ、ドンジュに振り払われてしまい我に返る。
親友ミンスに「顔が似てると声やにおいも似るかしら」と相談。ミンスは「また出たよ、パクドンジュ病」とあきれる。
ドンジュは自分の正体を怪しむスワンに迷いを断ち切らせるため、わざと荒っぽい方法に出る。
スワンの手をつかみ壁に押し付け「そんなに俺に興味ある?」と侮辱するドンジュ。

スワンが幾度か重なる記憶との交差に混乱していたとき、思わぬ形で真相がわかる。
かつてのドンジュの恩師を救急車で搬送したスワンは、その教師がドンジュを一目見るなり「やあ、パクドンジュ!私を覚えているか。お前の担任だったじゃないか。私が思った通りだ。偉くなったな。みなさん、この子は私の教え子です」と叫んだのだ。

疲労と高熱と思いもかけない真実の衝撃で気を失って倒れたスワンは、目覚めるとドンジュを探し、話があると外に誘う。
どうして言ってくれなかったのか、どんなに会いたかったかを訴えるスワンにドンジュは冷たい声で「俺には苦しい思い出でしかなかった。早く忘れたかった。会いたいなんて思ったこともない」と心をいつわりスワンを遠ざけようとする。

ショックを受けながらもスワンはドンジュ母のことを聞く。母が眠る墓地に連れて行くドンジュ。
知らなかった母の死に涙がとまらないスワン。「目が見えるようになって一番会いたかった人に会えないなんて」。
ドンジュ母に「ごめんなさい、おかあさん、ごめんなさい」とスワンはしゃがみこんで号泣しながら謝るのだった。

目を閉じたスワンに顔をなどられ、たまらなくなったドンジュ。「もう限界だ。本当のことを言おう」と決心したのだが、その歩みをとめたのはほかならぬスワン父だった。
スワンがドンジュ母の角膜を移植されたことを知れば、相当な傷を負う。それは避けたい。お互いのためにアメリカに帰れというスワン父。
ドンジュは「あと一年でいい、そばにいたい」と懇願するが、スワン父は強引にドンジュをアメリカに帰そうとする。

スワン父はドンジュのためだ、と恩を売りながら、実は裏で過去の罪をねたにゆすられていた。
当時の部下にドンジュ母の酸素マスクを外した現場を目撃されていたのだ。そのあと思い返したように懸命に救命するのだが、母はそのまま亡くなってしまった。そのおかげでスワンに提供された角膜。
後ろ暗い過去のあるスワン父はドンジュを遠ざけたい。

ドンジュはミンスにも正体がばれると、ミンスに平手打ちをされ、「スワンを思うなら帰って」と責められる。ミンスはドンジュがスワンを捨てて冷たく去って行ったと思っているのだ。ドンジュはミンスにまで責められ、スワンのためにアメリカに帰る決心をする。スワンはそれを知り、天文台やドンジュ母のお墓を探し歩く。その墓前で見つけたIPODを手に空港に急ぐスワンは、何気なくIPODのダイアルを回すうち、「スワンへ」というタイトルを見つける。
聞いてみると、そこにはスワンと別れてからのドンジュの思いがあふれていた。「スワン、元気か?お誕生日おめでとう。君のために作ったオムライスは僕が全部食べたよ」「スワン、卒業したよ。ドクターになるんだ」そして、今のドンジュの気持ち。
「君に言ったことは全部ウソだ。本当は帰国して一目見たときから言いたかったのは」

空港でスワンはドンジュにもらった笛を思いきり吹く。気づいたドンジュがスワンの前に現れる。
スワンはドンジュの本心を知って泣きながらドンジュの胸をどんどんと叩く。「うそつき、うそつき」。
スワンがドンジュの心の声を聞いたと悟ったドンジュは、これ以上ごまかせないというようにスワンを抱きしめる。
「会いたかった」。スワンに言いたくて言いたくて、でも言えなくて呑み込んでいた言葉、ずっと胸につかえていた想いを今、ありったけの愛を込めてささやくドンジュ。

ようやく二人の誤解がとけて良かったけど、スワンに献身的な愛を捧げるジウンをどうする気かしら。親同士ももう結婚すると思い込んでいるのに。






スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   2 comments   0 trackback
Category :エンジェルアイズ

一応、どうだろうかと、HDには1話から保存したままでした。 今まで、さんざん期待しては

裏切られ、あげくのはてに、リタイアしたくらい、彼女の演技に失望

今回は、はたしてどうだろう???????

演技が、今までと違って、くさくない、まあまあじゃない、自然ぽくって

昨日、6話までを、編集してDVD作成。

純愛的な2人の、障害はなのことはない、スア父の、ドンジュ母への医療行為、殺意というよ

り、このままそっと娘のために死んでくれ・・・・の気持ち、医者の立場と逆転したことよね

その罪悪感から、学費援助、自分を父だと思え、しかし娘には秘密にして

ガンは、この親父じゃない・・・・・最終回近くには、すべてばれるでしょ

脅されてたし、その障害を乗り越えて、2人の愛は結実、早くもラストが読めますが(笑)
2014.11.30 08:31 | URL | はちきん #f07V8RyA [edit]
はちきんさん(#^.^#)コメント、コマスミダ~♪

> 一応、どうだろうかと、HDには1話から保存したままでした。 今まで、さんざん期待しては
>
> 裏切られ、あげくのはてに、リタイアしたくらい、彼女の演技に失望

逆に初主演作品「19の純情」が意外に、その当時の年齢とキャラにぴったりはまっていて、お芝居が気になりませんでしたよね。
その後、作品選びがうまくなく、というのか、「花より男子」はヒットしたものの、あれが限界といった感じで、「お願いキャプテン」や「ミュージカル」などは、はちきんさんがリタイアなさるほどの不出来でしたね。

> 今回は、はたしてどうだろう???????
>
> 演技が、今までと違って、くさくない、まあまあじゃない、自然ぽくって

ヘソンちゃんのいいところを引き出すような演出になってる気がしますね。大げさなお芝居はしない方がいいですものね。

> 昨日、6話までを、編集してDVD作成。
>
> 純愛的な2人の、障害はなのことはない、スア父の、ドンジュ母への医療行為、殺意というよ
>
> り、このままそっと娘のために死んでくれ・・・・の気持ち、医者の立場と逆転したことよね
>
> その罪悪感から、学費援助、自分を父だと思え、しかし娘には秘密にして
>
> ガンは、この親父じゃない・・・・・最終回近くには、すべてばれるでしょ
>
> 脅されてたし、その障害を乗り越えて、2人の愛は結実、早くもラストが読めますが(笑)

それともう一点、ドンジュ母をひき逃げした犯人も明らかになるでしょう。
韓ドラは読める結末のドラマが確かに多いですが、そこまでどう引っ張るか、どんなセリフが交わされるか、ストーリー展開だけでなく、内容にも注目しながら、果たして感動の名作として心に残るのか、見守っていきたいです!(^^)!
2014.11.30 14:50 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/16809-45bd1443

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR