FC2ブログ

ロマンスが必要3 13、14話

13話
ワンとの親しい姿をテユンに見つけられたチュヨヌンテユンがどんな反応を見せるのか用心深い。
ジュヨンはワンが大変気楽ながらも、テユンがウイシクトェオオクチでワンを遠ざけようと努力するけれど...

14話
ワンはジュヨンに最後のキスを残して、ジュヨンの家を出る。
ジュヨンはこの状況がオルトルトラミョンソドワンがない生活があまりにも当然下ことだと頭と考える。
だが、なんだかジュヨンの心はずっと何となく寂しくて、ワンが度々浮び上がるけれど...

・・・・・・ロマンチックがとまらない(#^.^#)
チュワンってなんてかっこいいのぉ。私、ソンジュンしは好みではなく、むしろナムグンミンしの方が好みだけど、このドラマに限っては、ソンジュンしキャラが素敵すぎて、うっとり~。
ナムグンミンしは今まで心優しい役ばかりのイメージだけど、今回、悪役ともいえる利己的な男子を演じたことで、演技の幅は広がったかも。この選択は成功だと思う。だって、本当に嫌な奴だもの、テユンって。ナムグンミンしのソフトなビジュアルで演じるからまだ鑑賞に堪えうるのよ。彼だから許される。

テユンはジュヨンがチュワンを同居させてるのが理解できない。嫉妬心というより、プライドと束縛欲から、ジュヨンに再三「奴を追い出せ」「いつ追い出すんだ」とせかす。
ジュヨンはテユンが冷酷な人間だとわかっていても、昔からの憧れの人にやっと振り向いてもらえたから、今はテユンの方を大事にしたい。
自分から積極的にぐいぐいジュヨンの心に踏み込んでくるチュワンのことはほおっておいても平気、とばかりに構わない。
テユンの気持ちに気づかせたのはチュワンだけど、テユンがいい男でもなく、ジュヨンを大切にしないと知った今は、ジュヨンを応援できない。不幸になるのをほっとけない。
「もうシンシンは僕のことが好きなはず。気づけよ。認めろよ」って言うんだけど、ジュヨンはまさかって否定。
シンシンはいつかきっと振り向いてくれるって、けなげに信じて尽くしてきたチュワンだけど、今度ばかりはジュヨンの愚かな選択に絶望。
追い出される前に自分から荷物をまとめて出ていく。

訪れた決別。そのとき泣いたり悲しんだりしないジュヨン。でも帰宅したら真っ先にチュワンの姿を探し、独り言も増え、幻聴が聞こえ、幻覚も見る。
こんなときチュワンがいてくれたらどう言うかな?仕事のミスでひどくテユンに叱られても、友達のことで相談してもチュワンならきっと違う答えを言うと思うジュヨン。

だんだんテユンとのデートもときめかず楽しくなくなってくる。はじめからわかっていたことだけど、かすかな不安を口にする。
「私を愛してる?」「好きだよ」「どこが?」「かわいいから」。そして努力しようと言うテユンにジュヨンは努力する愛なんて愛じゃないと思う。自然に心が震えるその人を求めるのが愛なのに。
セリョンとのときはどうだったかを聞くジュヨンに「あんな恋愛は二度としたくない。がむしゃらに愛して、愛しすぎて疲れた。」
セリョンが言ったとおりだった。「ジュヨンは気楽だから一緒にいるんでしょ?」
ジュヨンはもし本当に自分が大事なら正直に答えたりしないはずだと思う。そしてようやく思い知って目が覚める。
テユンは自分を愛してるわけじゃないんだ。

ジュヨンが求めていたのはチュワンの優しさ、厳しい忠告の裏にあるジュヨンへの愛。
チュワンは自分が情けないと恥じながらもジュヨンに会いに来る。ジュヨンが寂しがって自分を探してるのを期待していたチュワン。忘れようと思っても忘れらないと告白し、喧嘩してても幸せな自分が愚かだと自身をののしるチュワン。

ジュヨンは「いつも私は遅い。自分の気持ちに気づくのが遅すぎる。チュワンが先走ってると思っていたけど、私が遅すぎたんだわ」と気づく。
そして車を走らせ、ノックしたのは。
テユン部屋のドア。笑顔で迎えたテユンに「先輩は間違ってると思う。何も考えなくてもどうしようもなく好きなのが本当の愛だと思う。努力するものじゃない。私たち別れよう」と告げる。

次回はいよいよ最終回。
ジュヨンにはチュワンとのラブラブなハッピーエンドが待ってること間違いなしだけど、そうなると私が気になるのは。
結婚しない主義で子供嫌いなミンソクとなんと、妊娠してるのは双子ちゃんだと判明しても動じることなく、誕生を楽しみにしているミンジョン姉さんのこと。
ミンジョンのかっこいいこと。
険悪な仲でプライドが高い同士の、ジュヨンとセリョンをうまく仲直りさせたのはミンジョンの功績。
彼女が「土下座くらいなによ。こうすればいいのよ」って二人を叱るのよ。ジュヨンよりセリョンより素敵な女性だわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :ロマンスが必要3

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/16779-e70cec2e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR