FC2ブログ

怪しい家政婦 11,12話

11話
ハンギョルはドヒョンの家から出るソンファとサンチョルを見て二つの間を再び疑う。 一方、ウジェはポンニョが油の容器を持ってドヒョンの家に行くのを見てハンギョルに連絡するけれど...

12話
へギョリはポンニョとクッキーを作ってオーブンに手を火傷をして、驚いたポンニョはへギョリを抱いて裸足で病院まで走って行く。 一方、ドヒョンはサンチョルにポンニョを笑うようにさせてあげたいとし、助けを要請するけれど...

・・・・・思いもよらない展開でびっくり。ここからは韓国オリジナルね。
ボンニョがソジフンと疑う男、ドヒョンはいったんは「自分がソジフンだ」と認めるが、ボンニョが刺し殺そうと凶器をかざしたところで、否定し、「ジフンではないと確認をさせるために」ボンニョを家政婦として雇うことにする。
ボンニョを取り戻したい子供たちが訪問すると、目の前でわざと金庫を開けてみせ、子供たちに、秘密の箱を発見させる。
そこには女性の写真が幾枚も入っていた。
ボンニョに「僕も死んだ人間に執着してる。あなたと同じだ」と告白。ところが踏み込んだ刑事に殺人犯として連行されてしまう。
警察で、ボンニョをずっと追っていた刑事によって取り調べられたドヒョンは、ジフンではないと断定される。
同時にボンニョも放火殺人の共犯ではないと認めれる。ボンニョ夫に無償で手術してもらった借りがあったから、真犯人を突き止めたかったのだと話す刑事。
これでボンニョの復讐、ジフン騒動は決着を見たかと思わせておいて、意外な様相を見せ始める。

刑事がずっと服従してきた相手こそドヒョンであり、実はソジフン本人だったのだ。ジフンは生きていた。だが、手の込んだ仕掛けにより、ボンニョにジフンは死んだと認識させたのだ。
ジフンはいまだにボンニョのストーカーだった。では、サンチョルをヘッドハンティングしたのも周到な計画の一部だったのだろうか。

ボンニョが見せる母性に異常に反応し激昂するジフン。誰かの母親でいることに我慢できないらしい。自分だけに微笑みかけるボンニョの笑顔が欲しいのか。

ハンギョルたちはボンニョに「本当のママになって」と懇願する。ボンニョにも変化が現れはじめる。亡くなった夫と息子の幻覚を見るようになったのだ。
ハンギョル達の家族になることは拒否するでしょうね。

あの刑事はなぜジフンの命じるままに動き手足となって働いているのかしら。狂気のジフンの終末はどうなるのかも気になるわ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2014   2 comments   0 trackback
Category :怪しい家政婦

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.08 17:35 | | # [edit]
鍵コメ様(#^.^#)コメントありがとうございます♪

鍵コメ様はもうすでに視聴済みにもかかわらず、おつきあいくださって嬉しいです。
これから先もびっくりなどんでん返しが待っているんですね。楽しみです。

ジウ姫専属(?)姑の方、私も覚えてます。巨匠のお姉さまだとは知りませんでした。筋金入りの芸能エリートご一家なんですね。
そんな方にも可愛がられて姫は幸せですね。
「それはちょっとアレだから」のキムヘスク先生は今回コメディ担当ですが、キムジスクさん登場シーンはシリアスで恐ろしいですね。
ジウ姫も二人の先輩に囲まれていいお勉強になることでしょう。

さて、ジウ姫とお似合いの俳優さん、キャリアとともに範囲が狭められてくるかもしれませんが、一番はヨン様、ビョン様、スンホンしは鉄板。
竹野内豊さんともとってもお似合いだと思ってました。

ソンジョンホしはビジュアル的にお似合いですね。新鮮な魅力があります。
そういう意味で、今までジウ姫と共演してない方でキャリアがつりあうのは、チョンウソンしやチャンヒョクし、チョインソンし、ソジソプしなどでしょうか。

案外、ソガンジュン君なんかもうんと年下の恋人としていかがでしょう。
パクソジュン君とか。あ、完全に自分の好みになっちゃいました(笑)


2014.11.09 00:47 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/16390-7e02f961

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR