FC2ブログ

放映終了「私の生涯」、スヨン·カム·ウソン、悲しい美しいサッドエンディング

994862.jpg
カム·ウソンとスヨンの愛は悲しいが美しいサッドエンディングで終わった。

MBC月火ドラマ「私の生涯春の日」(脚本ジスク·演出イジェドン)最終回が30日放送された。 去る9月初放送されたこのドラマは童話のような温かい愛を描いて視聴者の愛を受けた。

心臓移​​植手術を受けたイボムが(スヨン)の健康が悪化してガンドンハ(カム·ウソン分)との愛を保つことができるか関心が集中した中で、ドラマはイボムがの死に仕上げた。

この日の放送でイボムが家族の世話の中で幸せな時間を過ごした。 しかし、健康はますます悪くなり、心臓だけでなく、肺まで悪くなった。 春がのお父さんイ·ヒョクス(クォン·ヘヒョ分)は、娘に人工心臓の手術を受けることにしようとしたが、イボムがはこれを拒絶した。

イボムこのは「手術がうまくいかないお父さんまでうまくいかない。したくない」とし「他人の心に5年以上住んでいた。幸せに暮らしてた。私よりも買うことができる人に人工心臓を与えなければならないと考える」と述べた。

心臓手術を断念したイボムこのは愛する人との別れを準備した。 イボムがママジョミョンフイ(シム·ヘジン分)に「私に与える愛が残ったら埋めたまま痛くしないで青いが、海をかわいがってほしい」と話した。
994861.jpg
ドンハの娘ブルーが(ヒョンスンミン分)も春がの死に気づいて別れのあいさつをした。 このようにイボムこのは愛する人の隣で幸せに世界との別れを準備した。

イボムが最後に手術室に入ってガンドンハと別れをした。 イボムがと江東する互いに「愛している」と述べ、「こんにちは」と挨拶した。

これ江東する「去る瞬間、彼女は幸せそうだった。 まるで自分も誰かに奇跡のような春の日をプレゼントするだろうということを知っているかのように」と言ってイボムがを送った。

「私の生涯春の日」は、秋の感性と一致暖かいメロドラマで好評受けて、視聴者の心を捕らえた。 メロキングという修飾語を持っているカム·ウソンの穏やかな演技はもちろん、ヒロインイボムこの役割を引き受けたスヨンの自然な演技がドラマに没頭を助けた。

これに '私の生涯春の日」は、同時間帯に放送されるKBS 2TV「アイアンマン」、SBS「ラースと、その彼女」を締め出して、不動の水木ドラマ1位の座を守った。

また、「私の生涯春の日」を介して、最初に地上波ミニシリーズ主演を引き受けたスヨンは、演技力に懸念を表していた世間の視線を払拭させた。 だけでなく、20歳の年齢差がある先輩俳優カム·ウソンと意外なケミ(ケミストリー、男女間の呼吸)を誇って「ボムドンカップル」(イボムがガンドンハ)支持者を誕生させた。

スヨンは、ガールグループという地位を利用してあっけなく地上波ヒロインの座を横取りしたという論議を自分の演技力に払拭させたものである。

一方、「私の生涯春の日」の後続では、シン·ハギュン、チャン·ナラ主演の「ミスターバック」が放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/16234-5e5089b1

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR