FC2ブログ

ジェシカの身勝手じゃなく?



30日ガールグループ少女時代ファンたちは大きく驚いた表情であった。 2007年以来ただ一度もメンバー交替やチーム不和がなかったグループからメンバー脱退の便りが初めて流れて出たためだ。 国内最高人気ガールグループで脚光を浴びてきた少女時代は歌謡界でもチームワークが丈夫なことで有名だった。 韓流先鋒に立って共に一つになって侮れない難関を破ってきたチームでも有名だった。 

葛藤を囲んだ便りは30日明け方メンバージェシカの文から徐々に広まった。 ジェシカは“チームで退出した”という式のニュアンスを入れた文を社会関係網サービス(SNS)に上げてインターネットをドンと引っくり返した。 これという立場を出すことができなくて熟考を繰り返した所属会社はこの日午後1時頃“(ジェシカが)先にチーム活動が不可能だと通知してきた”という反論資料を言論に配布し始めた。 所属会社の立場文(門)には進んで少女時代が9人から8人に変貌したというニュアンスの内容も含まれていた。 2007年以来ずっと維持されてきた9人組少女時代が初めて揺れる瞬間だった。 その間少女時代とジェシカにはいったいどんなことがあったのか? 

■どんなことがあったか? 

どうも怪しかったエピソードは多かった。先立って歌謡界では少女時代のメンバージェシカが在米同胞事業家言い聞かせてクォンと交際中で、結婚が差し迫ったといううわさがいつも出回ったりした。これと同時にジェシカが事業家に変身を試みているという話もしばしば流れ出た。 

両側の今回の葛藤にはジェシカのボーイフレンドであり事業家である在米同胞言い聞かせてクォンが直間接的に関連したとのことが芸能界内外の見解だ。 言い聞かせてクォンは最近どんどんジェシカと国内外を共に通って多いことを企ててきたという。 


ジェシカが少女時代の活動の代わりに個別事業に重点を置こうとする意図をしばしば表わしたのもこの頃だった。 SMは“今年春ジェシカが個人的な事情で今後一枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断すると知らせてきた”としながら“以後当社と少女時代メンバーはグループのために良い方向で活動することができるように持続的に努力して悩んだがとうていチームを維持することはできない状況に達することになった”とこれまでの事情を打ち明けた。 

■ジェシカvs SM

ジェシカは去る8月交際中である言い聞かせてクォンと共にファッション ブランド‘ブラン’事業を始めれば本格的な事業歩みを進め始めた。ほぼ同じ時期ジェシカは所属会社に“次のレコード活動を最後に少女時代活動を併行し難い”という意志(医師)も明らかにしたという。デザイナー勉強を本格的にするために海外留学日程を考慮するという観測もあった。 

ジェシカは来年上半期まで少女時代活動を行った後チームと徐々に決別する手順を予告しておいて計画を組んでいたが、このような計画はSMと少女時代の日程とひきつづき相反する側面があった。

少女時代は特に中国進出に万全を期していた中だった。 少女時代は30日深センを始め中国各地を回ってファンミーティングを行うなど恐ろしいほど成長中の中国市場を攻略する基点に入った。 SMは“当社は8人体制の少女時代活動を当初より操り上げることで決めなければならなかった”としながら自主的な計画と決定を押しつけた背景を説明した。 

■ジェシカVSメンバー 


メンバーらと一緒にする未来が不透明になるという前提が敷かれて‘隙間’はあちこちで生じ始めた。ジェシカがメンバーの誕生日に個人的な理由で出席紙できないことまたあったという。 

ジェシカが書いた文の内容には所属会社だけでなく残りのメンバー8人に対するさびしいことも明確に表現されていた。 ジェシカは“近づく公式スケジュールを期待して準備していたが、会社と‘8人’から今日部に私はこれ以上少女時代のメンバーではないという通知を受けた”として“私は少女時代活動を優先視して積極的に専念しているが、政党でない理由でこのような通知を受けて非常に当惑する”と少なかった。 短い文だったが‘8人’に対する物足りなさが大きくはらんでいた。

30日午前少女時代メンバーはジェシカを抜いた8人が仁川(インチョン)国際空港を通じて中国に出国した。 メンバー8人の顔やはり大きく固まっていた。 カメラを見て手を振ったり笑いを表わすこともなかった。 

■ジェシカ&言い聞かせてクォン

アメリカ、ミシガン大経営学科を卒業したタイラー、クォンはアメリカ、ニューヨークに噴射を置いた投資社キャピタルファイトナース演芸事業部門を引き受けてエンターテインメント業界と至近距離を維持してきた人物だ。昨年には映画<ジーアイ組2>ワールド プレミア レッド カーペット行事に香港女優チルリオン青果共に参加して公開恋人であることを宣言して10ヶ月ぶりに決別したことがある。

以後ジェシカと交際に入った言い聞かせてクォンは自身の長所を明らかに発揮し始めた。 去る8月ジェシカが進め始めたファッション ブランド‘ブラン’事業相当部分に言い聞かせてクォンの助けがあった。 アメリカ、ニューヨークをはじめとして香港などを共に通って事業と今後の計画を持続的に議論してきた情況も多かった。 

ジェシカとクリスタル姉妹
メンバー個別事業はチームのイメージや影響力を一定部分活用するほかはないという点でスターと企画会社、あるいは他のメンバーのあいだの葛藤に常時火種を置いたりする。 SMと握り締めたグループJYJも似た葛藤から出発して結局渡ることはできない川を渡ってしまった。 

■葛藤は回復することができるだろうか?

両側の立場の差は大きくなければならない。個人の夢と事業などが会社利益と衝突するとしてひたすら譲歩できる性質ではないと見る視角と、反対に個人事業がチームの円滑な活動と収益を侵害するという見解がするどく対抗する。 

SMの立場は断固としていて見せる。 少女時代でジェシカが脱退したという点を何時の間にか表わして“8人体制の少女時代およびジェシカの個人活動に対する変わりない支援とマネジメントをしていく予定”と立場を表明した。 

それでもルビコン川を完全に渡ったという見られないという意見もある。 歌謡界中堅製作者キオッ氏は“一連のこと皆が交渉の過程でありうる”としながら“お互いが極端に行かないことを願っていて、進んで突然和解を求めるならばある土台騒動に終わる可能性もなくはないようだ”と話した。 また“ジェシカの弟(妹)であるクリスタルがSM所属グループ エフ エックスに身を置いている点も両側の関係改善を催促する余地として作用することができる”と付け加えた。 
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/15598-6aed7de8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR