FC2ブログ

ジェシカvs少女時代8、紛争の核心

9人ガールグループ少女時代(平然ティファニージェシカ・ヒョヨン有利切ると水泳ユナ ソヒョン)メンバージェシカのウェイボに退出文が載って事実の有無に歌謡界およびファンたちの関心が増幅された中で、ついにSMエンターテインメント(以下SM)が公式立場を明らかにした。 結論はジェシカは陥って、少女時代は今後8人体制で活動する。

次はSM側が30日午後明らかにした公式の立場専門.

こんにちは。 エスエム エンターテインメントです。

今日掲載されたジェシカのウェイボ文と関連した当社の立場を申し上げます。

今春ジェシカが本人の個人的な事情で当社に今後一枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断すると知らせてきました。

ジェシカの突然話にも、当社と少女時代メンバーは少女時代のために良い方向で活動することができるように持続的に努力して悩んできました。

しかし最近少女時代活動に対する優先順位および利害関係が衝突する部分に対する正確な調整が不足した状況でジェシカがファッション関連事業を始めることになって、持続的な議論にもかかわらず、とうていチームを維持することはできない状況に達することになりました。

これに対し当社は8人体制の少女時代活動を当初より操り上げることで決めなければならなく、その発表時点などを議論する過程で、ジェシカ本人の見解で今日夜明けに文が掲載されました。

今後当社は8人体制の少女時代およびジェシカの個人活動に対する変わりない支援とマネジメントをしていく予定です。

*ジェシカの少女時代退出論争が持ち上がった中で、ジェシカは今月初めJYJの訴訟を担当した弁護士に会ったことが知られ関心が集められている。

30日、メディアはジェシカが今月初めまして、法務法人世宗のイム·サンヒョク弁護士を見つけたと報告した。

イム弁護士は、SMエンターテイメントで東方神起を出てJYJで活動して専属契約紛争をしていたキム·ジュンス、パク·ユチョン、キム·ジェジュンの弁護を引き受けて勝訴を導いた人物である。

これに対し、ジェシカは現在所属会社と葛藤を仕込むことについての対策を講じてきたんじゃないかという推測が提起されている。

☆29日午前4時、仁川(インチョン)国際空港。

'少女時代'ジェシカが飛行機で体を下した。 米国ニューヨークで個人的なことを見て帰りだった。 ジェシカは一人でスーツケースを引いて、到着ロビーを出ていった。

同じ時刻。 ボーイフレンドのタイラー権が入国した。 ジェシカと同じ飛行機に乗って入ってきた。 周囲の視線を意識し、約5分の間隔を置いてのように、また別に姿を現わした。

ジェシカとタイラー権はずっとニューヨークに一緒にとどまった。

ある側近は「ディスパッチ」との通話で、 "ニューヨークでのビジネスも準備して、学校も調べている」とし「結婚を考えているが、それはまだ具体的ではない」と伝えた。

ジェシカが30日未明、自身のSNSに退出関連記事を掲載した。

「今後の公式スケジュールを期待して準備していたが、会社と8人から今日部は、それ以上少女時代のメンバーではない通知を受けました。私は少女時代の活動を優先して積極的に取り組んでいますが、政党ぬ理由こんな助言を受けて、非常に戸惑いました。 "

ジェシカの物語は、いくつかの正しい。 まず、少女時代は30日、中国でファンミーティングを行う予定である。 ジェシカはこのイベントに出席するため29日、お早めに帰国した。

しかし、他の事案の場合、見解の違いが存在する。 ジェシカは少女時代の活動を優先させないと主張したが、残りのメンバーはそうではないと判断している。

ジェシカと「少女時代」8の葛藤、何が発端なのか。

その中心には、タイラー権があった。 側近の話もヒントだ。 ▶ビジネス、▶留学、▶結婚、すべてのタイラーとの関係されている。
995511.jpg
①タイラー巻:公式以外の公式カップルである。 結婚を前提に熱愛中のも事実である。 すでにSM内部で二人の関係を知らない人はいない。

タイラーはジェシカのほとんどのイベントに同行した。 中国と香港などのイベントに参加は基本、さらにオンスタイルの「ジェシカ&クリスタル」ニューヨークの撮影現場まで続いた。

このような行動が、他のメンバーの目にはタムタクチなかった。 「少女時代」のある側近は "活動に専念したい願っていたが、公私をほとんど区別しないようだ」と話した。
995510.jpg
②ファッションビジネス:ジェシカとメンバーの葛藤は、8月に増幅された。 ジェシカがファッションブランド「ブラン」(BLANC)を立ち上げた後だった。 すでにジェシカはサングラスまで発売した。

「ブラン」の中心にもタイラー権がある。 タイラーがブランド運営資金相当部分を投資&誘致した。 もちろんジェシカのお金もかなり入ったことが知られている。

SMとメンバーはジェシカのブランド事業を反対はしなかった。 しかし、主客転倒は困難だという立場だ。 つまり、「ブラン」は副業ではなく、主な仕事になってはいけないということ。
995509.jpg
③デザイナー:ジェシカは「デザイナー」として生きたいという話をよくした。 実際に米国のデザインスクール留学まで準備中であると伝えられる。

アメリカ留学のためにSATが必要である。 しかし、ジェシカはポートフォリオに置き換えする計画である。 そのためには自分のブランドやデザインに時間を注ぐしかない。

「少女時代」に精通したある関係者は "'少女時代'に住んでデザインをするのは理解できる。しかし、デザイナーとして生きて」少女時代」のブランドを使用するのは反対する」と耳打ちした。
995508.jpg
④ワールドツアー:今すぐファンとの約束にも支障が生じる可能性があるという懸念である。 実際に少女時代は9月30日から来年1月4日まで​​の約3ヶ月間のファンミーティングを進行する。

ジェシカが個人の仕事に集中する以上、長期間のファンツアーは難しくないかという判断である。 それもそのはず、これまでスケジュールの調整などで数回摩擦が生じたりした。

「少女時代」のある側近は "ジェシカに残留および脱退の立場を尋ねた"としながら "ジェシカは両方あきらめることができないと言われたことが分かる。意見の相違が狭まらないようだ」と伝えた。
995507.jpg
⑤ジェシカ:彼はくやしいという立場である。 「自分はグループ活動に最善を尽くした」という立場である。 また、脱退を勧められたのは不合理だという指摘である。

現在の会社とメンバーらはジェシカの選択と集中を望んでいる。 「少女時代」のメンバーとして活動した瞬間、「少女時代」が1位にならなければならないという考えである。

最終的にはジェシカの真正性が重要である。 少なくとも、仲間たちの目にはタイラー、あるいは個人事業が優先であることが映し出されている。 そのような葛藤が今の形で爆発したものである。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/15586-818da7d7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR