FC2ブログ

あなたの女 86話

心労で倒れたキョンソンを、セヨンは病院に連れて行く。
一方、キョンソンが病院にいることを知らないウンスは、セヨンにキョンソンの行方を尋ねるが、セヨンはシラを切るどころかウンスを侮辱し、キョンソンとウンスの親子関係までも否定する。
そんな中、マンボクは、ウンスの事故を指示したのは自分だ、とジョンフンに語り…。

・・・・セヨンが用意した偽ウンスに直撃したウンス母はようやく真実を知り、ウンスこそがわが娘だということを受け入れる。
セヨンの魔の手から逃れたウンス母は事務所に戻り、間近にいながら気づいてやれなかったウンスのことを思い涙にくれる。
ウンスはそのころセヨンに説教していた。「先生だけがセヨンを最後まで信じてかばってくれていたのに、その恩人に対してウソをつくなんて、あなたはなんてことをしでかしたの?最後の砦を自分で壊した」と言ったところで、承服するセヨンではない。
ウンスが先生の娘だという幸運が我慢ならないのだという本音をつい暴露してしまう。

事務所に戻ったウンスと実母はついに涙の対面を果たす。お互いの境遇を似た運命だと語りつくした二人は多くを語らなくても心は通じ合う。
ウンスは自分が苦労してきたと母に明かしたのを後悔している。こんなみすぼらしい娘でごめんなさいと謝り、実母は苦労させて申し訳ないと自分をせめる。
ウンス家に招き入れ、話すうち思いがたかぶって何度もかき抱く二人。どんなに会いたかったか語るウンス。
そこへジョンフンがジュニを連れて帰宅。改めてジュニに祖母だと紹介し挨拶をさせると、思わずジュニを抱きしめ孫までいる幸せに涙する実母。
ジョンフンはウンスの手をそっとにぎり祝福。
「俺でもこんなに嬉しいんだから、君はなおさらだろうな」と夢じゃないかしらと喜ぶウンスに、現実だよと言ってやる。

そもそもの事件の犯人、ウンス殺害指示をしたジョンフン父は自分のしたことを後悔していた。ドンヨンたちの罪もすべてかぶるから、ドンヨンとセヨンは外国に逃げるように告げるが、ドンヨンは会社をあきれめきれず、自分かジョンフンのどちらかが破滅するまで徹底的に闘うつもりだと、やめない覚悟を示してジョンフン父の提案を無視する。

ドンヨンは自分の立場が危うくなると思い、ウンス実母を訪ね「ウンス殺害を指示したのはカン会長だ」と暴露。
ウンスをひどいめにあわせ苦労させた犯人が許せないウンス実母は、カン会長に怒りをあらわにする。

・・・・ウンスがジョンフン父を許したとしても、それですまされる問題じゃないと思うわ。人を使って事故とみせかけ襲わせるのは、相当陰湿。
ウンス実母がどうでるかね。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2014   0 comments   0 trackback
Category :あなたの女

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/15483-d2b1c527

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR