FC2ブログ

狂気の愛 86~88話

86話
ギョンスは、今までの記憶を消して、初めて出会った時からまた始めようとミソに提案する。しかし、ミソはナヨンへの復しゅうのため、その提案を拒絶した。
そんな中、ミソとジョンヒは、ヘラムの声が録音された携帯電話がナヨンによって奪われたことを知る。

87話
ナヨンとユジョンの血液型が、実の親子ではあり得ないものだと気付いたへリョン。しかし、ユジョンの本当の娘がミソであることを知り、ナヨンに協力することを決める。
そんな中、ミソはヘラムが運び込まれた病院から連絡をもらい、ヘラムの最後の状況を知る。

88話
ミソは、記憶が戻ったこと、ヘラムの録音された声を聞いたことをナヨンに告げ、自首するよう迫る。しかし、ナヨンは警察に通報したらヘラムを埋めた場所を教えないと開き直った。
ジェヒョクもまた、ナヨンに自首するよう説得するが…。

・・・・・ギョンス、いろんなロマンティックな言葉でミソの心を取り戻そうと頑張るんだけど、自分をひきあげてくれる会長との約束で恋は捨てなくちゃいけないミソは頑な。ギョンス可哀想。
でももっと可哀想なのは、ギョンスとの夕食の約束を破るため利用されるジェヒョクなのよ(・_;)

「初恋の話をきかせて」とかミソにせがまれちゃって、まさかミソ本人だとも言えず、それよりギョンスを避けていると勘付いたジェヒョクは「記憶を取り戻したことを告白しろ。ギョンスを頼れ。もとのように愛し合えばいい」って一生懸命説得するの。
自分の気持ちを押し殺して。自分のことよりミソの幸せを一番に考えるジェヒョク、本当にいい男だわ。

ミソはヘラムの最後の様子を担当医師から教えてもらう。「ママに会いたいといいながら、動揺を歌っていました」って、母親ならたまらないわね。死ぬ寸前弱々しい声で歌を歌うヘラムの声を想像したミソは号泣。もらい泣きしちゃったわ。
ヘラムをそんな目に遭わせたナヨンへの憎悪がふくらみあがったミソは、我慢できずナヨンに直撃。
「ヘラムを誘拐して殺したのはあなたね。医師も病院に連れてきた人間を見ればわかると言ってた。録音も聞いた」と知りえた除法を突き付けるけど、はじめはとぼけていたナヨン。
でもミソの怒りからくる真剣な追及についに「あれを聞かれたんじゃ認めるしかないわね。そうよ、私がヘラムを誘拐して殺したわ」と開き直る。
ミソはヘラムを埋めた場所を教えろと迫るが、ナヨンはそんなミソの切実な願いさえもてあそぶように「さあね~、あんたが警察に私をつきだせば、私は一生口をつぐむわ。誰にも言わないと言うなら考えてあげてもいいわ」とふてぶてしくほざく。
自首のチャンスさえ奪ってやると捨て台詞をはいたつもりのミソだけど、ナヨンにはそんな軟な脅しは通用しない。

へレム殺害の犯人はナヨンだと推理したジェヒョクは何も言わないミソにかわり、ジョンヒを通じて真相を知る。
かっとなったジェヒョクはストレートにナヨンを責めたもんだから怒ったナヨンは、ミソに「誰にも言わないっていったのに。あんたは一生へラムに会えなくなった」と吐き捨てる。
ジェヒョク、今回は失敗だったわねー。ミソもジェヒョクに何もかも打ち明けて協力を頼み、用意周到にナヨンを追い詰める計画を立てれば良かったのに。
なんでもかんでも黙り込むからよくないのよ。敵の思うつぼ。

ナヨンと怒鳴り合い、その憎々しい態度に思わずミソがナヨンを平手打ちした場面にミソ実母ユジョンが登場。
実の子だと信じているナヨンをかばって、ミソを罵倒する。
ナヨンがとっさについた「私を会社から追い出そうとしてる」っていうウソの方を信じるのよ。「本当なの?」ってユジョンに聞かれたとき、ヘラムのことを言えばよかったのに、黙って下を向くから、ユジョンはそのまま誤解。
こういうヒロインの態度がもどかしいわ。

それこそユジョンにもナヨンの悪事をばらして、味方につければいいのに、根っからのお人よしだから、復讐を誓ったとはいえ、消極的なのよね、相変わらず。攻撃しきれない。

でもなんとかユジョンの怒りを収めようと、ナヨン、ユジョン、ヘリョンが会食する場に駆けつけると、ナヨンとユジョンの会話を聞いてしまう。
「ミソが本当のユジョンの娘」。
ミソには寝耳に水の話。
いいところで次回へ続くだわ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2014   0 comments   0 trackback
Category :狂気の愛

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/15219-45b6168a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR