FC2ブログ

ゴハン行こうよ 15,16話(最終回)

あー、大好きなドラマが終わっちゃったー(;O;)
楽しみが減るわ。最後の最後まで悪人が出てこなくて、品があって、心温まる明るくてほっこりする美味しいいいドラマだったわ。
見てるだけでお腹がいっぱいになると同時に心も満たされる良い作品だったわ。
中だるみもなく、回が進むにつれてどんどん面白くなるのは、韓ドラではなかなか珍しい。
今年観た作品の中でも優秀な方、ベスト3に入るかも。

勢いも手伝ってスギョンヌナにキスしちゃったクデヨンだけど、されたスギョンもデヨンもそこからが大苦悶。
行動が先に出ちゃって、さあこれからどう気持ちを伝えればいいか、告白すればいいか悩んで困るデヨンと、キスしたことの釈明を何もしてこないデヨンにやきもきするスギョン。
2人がもたもたぐずぐずしてるうちに、キス現場に遭遇して大ショックを受けたジニが自分も、とばかりデヨンに奇襲キス。
スギョン部屋に入居希望者が見学に来たことで、てっきりキム弁護士に部屋を紹介してもらって引っ越すんだとばかりに誤解しちゃったデヨン。

そういう多少の誤解はあったものの、デヨンが喧嘩腰で「なんでもないことにしたいんだな。」ってつっかかったのがきっかけで、そっちこそ何も言ってこないでってすねるスギョンに、強く握った手を見せ「俺の答えはこれだ」って答えるデヨン。
姉さんこそどうなのさ、キム弁護士なのか?と聞かれたスギョンも握った手を差し出して「私も」と恥ずかしそうに答えるの。
「私も?一日中会いたかったの?恋しくて死にそうだった?」と聞くデヨン。また何も言わずに握った手を見せるスギョンに「もう絶対に離れないって?」と嬉しそうに確かめるデヨン。
2人微笑んで見つめ合い、ようやくお互いの気持ちを素直に確認。
晴れて両想いになってスギョンが一番に思いついたのは、デヨンに片思いしてるジニのこと。

可愛いジニが反乱。デヨンにキスしたことをスギョンに話し「デヨンさんにとってキスくらい何でもないの」って宣戦布告したのよ。妹のように大事なジニがこれ以上傷つくのはいやなスギョンは「交際のことを早く言おう」とデヨンに電話してもらうけど、そのころジニは、グァンソクに拉致されてた。

ジニの部屋に入り込み、何かを探っていたグァンソクは、恋の悩みを相談するジニをそそのかして「しばらく身を隠していたらどうだ?煙のように消えればいいさ」と車に乗せる。
着いた場所はジニ父が建てたというジニご自慢のビルの屋上。
ジニはグァンソクが自分を喜ばせようとそこに連れてきたと初めは勘違いするんだけど、実はグァンソクの正体は、刑務所に入っているジニ父によって自殺に追い込まれた工務店社長の息子だった。
不渡りを出されて追い詰められたグァンソク父は自分が建てたこのビルから飛び降りたのだった。
その憎き親の仇のジニ父が執行猶予で釈放されると知り、人生で一番苦しいのが恋の悩みと言う幸せなジニを見るうち、怒りがこみあげてきたグァンソクは、悔しい思いをジニに語り、屋上の端に追い詰める。

「パパは悪い人じゃない」と言い張るジニに「それが事実かどうか、天国で父さんに聞けばいい」と言うグァンソク。ジニ危機一髪。
ところが、そこに警備員が現れ、そのすきをついてジニが脱走。
でもそこから連絡が途絶えてしまう。

スギョンもデヨンも必死で探すけど、行方はわからず。キム弁護士の元にジニから「お世話になりました、ありがとうございました」という別れを告げるメールが入り、ジニ父からは「控訴取り下げ」の知らせがくる。
デヨンの名推理でグァンソクにたどりついたスギョン達はグァンソクを問い詰めジニの行方を確かめるが、真実をすべて話したグァンソクもジニの行方はわからない。
ただ、刑務所の父に面会したに違いないと思いつき、キム弁護士とスギョンはジニ父に会いに行く。

やはりジニは父を訪れ、泣きながら父に控訴断念を説得したらしい。しばらくしてジニは部屋に戻ってくる。すべての事情を知ったスギョンは泣いて落ち込むジニを姉のように優しく抱きしめて慰める。

キム弁護士はジニ騒動のさなか、スギョンとデヨンが手をしっかりと手をつないでいるのを目撃してしまい、スギョンの断りの言葉「私には好きな人がいます」の相手がデヨンだと知る。
ショックを受けるキム弁護士だけど、これが最後だからつきあって、とスギョンを夕食に誘い、「あなたとしたかったことが山ほどあったのに。一番したかったのは潔い別れです」と告白。
10年前の逆恨みのような別れ方じゃなく、今度はきっぱりと潔くあなたと別れたかったと言い、スギョンから身を引くことを宣言。そしてこれからも食事にはつきあって、同僚として、ビジネスパートナーとしてと微笑みながら涙ぐむキム弁護士。
キム弁護士のさわやかな申し出にスギョンも微笑んでうなずく。

デヨンの腕の怪我が回復。ギプス切断の日、デヨンは医師にお願いをする。スギョンが書いてくれた「あなたの生涯のパートナ、クデヨン」という文字の部分だけ綺麗に切り取ってもらったデヨンは、それをスギョンに差しだし、改めて気持ちを告白。
まるでプロポーズ。感激するスギョンと良いムードになったところに、スギョン親友ギョンミ登場。夫の愚痴を言いに来たのだけど、二人の雰囲気を察して、占い師よろしく、二人の前に座り、あれこれデヨンを質問攻め。
「女性客が多いけど、浮気しないでしょうね」とデヨンにくぎを刺すギョンミがスギョンには有難迷惑。
でも「あんたには味方がいるって思い知らせとかなくちゃ」と明かすギョンミは、デヨンが去ると、スギョンをうらやましがって祝福してあげる。

グァンソクは心から反省、釜山からソウルにでてきて一番最初にできた唯一の友人ジニに被害を及ぼしたことを大後悔している。
ジニはすっかり元気になるとまたグァンソクと友情復活したみたいで、デヨンの保険王授賞式の後デヨンとスギョンをグァンソク母のお店に連れて行く。

釜山から出てきたグァンソク母がお店を開いていて、グァンソクもそこで元気に働いていた。グァンソク母のお料理を幸せそうに食べる、デヨン、スギョン、ジニ、グァンソクたち。
お世辞じゃなく丁寧に作られたクッパは本当に美味しいらしい。デヨンおすみつきでブログにも紹介することにする。

デヨンはお店に飾られた額を写メる。
グァンソク母が一番好きだという詩がそこには書かれていた。「人生の苦しみをご飯のようにかみしめろ。しょせん人生は消化していくべきものだから」。

最後にこのドラマのテーマが掲げられて大団円の幸せな終わり方。
あー、面白かったわ。私にもみんなの穏やかな幸せな気持ちが伝わってきて、あったかい気持ちになれた。

一番心配してたグァンソクが悪い子じゃなくて本当によかった。ほっとしたわ。ジニをどうにかしようなんて考えてなかったのね。思わせぶりな演出だったけど、グァンソクはジニの命を狙ったんじゃなく、父も絡む裁判の進捗状況を知りたかっただけなの。
そしてグァンソクママがおなじみのイ・イルファさん。綺麗で優雅で温かい雰囲気の女優さん。少しの登場だけど、ラストをかざるにふさわしいカメオ出演、グァンソクママにぴったりだったわ。

カメオといえば、事務長が出かけてカフェでなんと「ブッとび!ヨンエさん」のヨンエさんと、上司のラミラン課長がご出演。
びっくりー!カフェのカウンターでもこのコンビぶっ飛びギャグを披露してくれました。爆笑!

キム弁護士の新たな恋の相手となりそうな子も出てきたわね。その食べっぷりがスギョンそっくり、っていう設定らしいけど、イスギョンちゃんが、いかに上品に美味しそうに食べるのかを思い知ったわ。
このドラマはまずヒロインがスギョンちゃんだったのが成功の勝因ね。

スギョンちゃんんって、モデル並みの容姿ながら、実際も食べるのが大好きな超健康的な女優さんらしい。
オドヨン弁護士じゃないけど、スタイルを気にしてダイエットに励む女優さんが多い中、スギョンちゃんは、常にバッグに大量のお菓子を入れて歩いているらしく、撮影現場でもみんなに勧めるそう。
幸せそうな顔でお菓子をぱくつくんですって、「嫁全盛時代」だったかの共演者がばらしてたわ。

オドヨン弁も最後まで笑わせてくれました。キム弁護士の代打で出演したテレビ番組で超人気が出たらしいの。でもその検索ワードが「「ふぐに似た弁護士」なの、気の毒っぽいけど、ウケルー。
でもドヨン弁はそんなこと知らないみたいで、話題になり人気が出たってとこだけに酔ってて、あくる日から成金マダムのようないでたちで済ましてるの。
おかしいし、とってもチャーミング。

愛すべき出演者たち、とても楽しい時間をありがとう♪って伝えたいわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2014   0 comments   0 trackback
Category :ゴハン行こうよ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/15094-442a543b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR