FC2ブログ

ゴハン行こうよ 3.4話

弁護士事務所のみんなと、デヨンと一緒に美味しくしゃぶしゃぶを食べて帰ったスギョンは、夜中に激しい腹痛に襲われる。
食べすぎたかな?と思うスギョンだったけど、痛みはますます強くなり、悲鳴に近いうめき声をあげる。
バラシもご主人様の異変にキャンキャン鳴きだす。
薄い壁で隣人の声が聞こえるマンション。隣のデヨンがスギョンの危機を悟り、助けに入り、病院に担ぎ込む。
スギョンは盲腸炎だった。親友ギョンミや隣人のジニが面倒を見てくれる。

キム弁護士は実は大学時代、スギョンに恋していたらしい。離婚して一人暮らし、今では食べることだけが生きがいのようなスギョンだが、大学時代は新村のチョンジヒョンと呼ばれ、モテモテだった。キム弁護士はそのころさえない地味な学生。遠くからスギョンを憧れの目で見ていた。
ある日勇気を出してスギョンにプレゼントを手渡すと走って逃げていったキム弁護士。ところがスギョンはそのプレゼント、髪飾りをギョンミに与えたらしく、ギョンミがつけていて、キム弁護士はがっかり。失恋を悟る。
その後見違えるようにあかぬけたキム弁護士が事務所を構えると、事務員に応募してきたのがスギョンだった。
立場が変わって過去のしかえしができるとばかり、張り切って面接をするキム弁護士だったが、スギョンは全く彼を覚えていなかった。またも屈辱を味わうことになるキム弁護士。

ギョンミ夫で事務長のギュシクがスギョンとキム弁護士が同じ大学であると気づき、有名だったから知ってるでしょうとふるが、知らないととぼけるキム弁護士。
でもスギョンを常に意識していて、スギョンが一心不乱に美味しそうに食事を楽しんでいる姿を、思わずうっとりと見つめてしまう。
今でもひそかに好きなのかな?

一方のミステリー部分。不審な連続暴行魔の影がちらちら。ジニが怖がったインターホンの故障は、どうやら誰かが故意に壊したらしい。
犯人の影がスギョン達に迫っているのか。
スギョンが心配でマンションまでそっと後を追い、無事を見届けるキム弁護士。

食のうんちくがすごく、まだ謎めいている保険屋のデヨン。ジニはすっかり恋している。自分の思いを隠さず、デヨンに告白。デヨンはあきらかなつくり話。昔放浪中にイタリアで知り合った人と、10年後、気持ちが変わらなければ、再び会おうと約束していると、やんわりと断るが、純粋なジニはその話をすっかり信じ、「じゃあ、もしその人が待っていなかったら、私にチャンスがあるということですね!?」と明るく尋ねる。
も、もちろん、と答えるしかないデヨン。

ジニが無邪気でとっても可愛いわ。
いつも前向きなの。建設会社社長だった父が汚職で今は刑務所にいる。そのせいで初めてのひとり暮らし。お嬢様気分のままカードで買い物をしようとするんだけど、あれもこれもカードは使用停止。
それでもめげないジニは「ちょうどよかったわ。節約生活ができるもん」とにこにこ。

デヨンには不信感を抱き、懐いてくるジニを少しうっとうしいと思いながらも、生活するうち少しずつ距離が縮まってくるスギョン。
美味しいものが相変わらずたくさん登場。小豆ククスって知らなかったわ。日本料理ほど、どれも見た目がきれいじゃないんだjけど、スギョンちゃんが美味しそうに、しかも品よく綺麗に食べるので、韓国に出掛けて同じように食べたくなってくる。
ドゥジュン君も豪快な食べっぷりだけど、ちっとも汚くないのよ。男らしくて微笑ましい。
韓国料理もなかなか奥が深そう。
そして今までになかった新鮮で不思議なドラマだわ。





スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :ゴハン行こうよ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/14301-2310dac4

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR