FC2ブログ

愛よ、愛 81,82話

81話
テボムはスンヒから帳簿を受け取ると、議員を呼び出して脅迫する。業を煮やした議員はノギョンに接触し、捜査協力を申し出た。息子が犯罪者と信じたくないマルニョンは、スンヒのせいだと責め立てる。
サムチュはテボムの病のことをマルニョンに告げ、スンヒを責めるなと頼む。夫とミョンジュの間に子供がいたことを知ったヤンジャは、偶然ミョンジュが刺繍した産着を見て、胸騒ぎを覚える。

82話
コプタンから赤ん坊の特徴を聞いたヤンジャは、スンヒらに黙ってタミウルに戻った。元気のないヤンジャを気遣いながらも、子供は死んだと言い続けるユンシクらに、ヤンジャは怒りを爆発させる。
ヤンジャは20年間騙されていたことの憤りと悲しみから、マンボク堂を出るとユンシクに告げる。ついに指名手配されたテボムは、スンアの手引きでスンヒに再会すると「一緒に逃げよう」と言う。

・・・・どうせ逮捕されてしまうしかないテボムがどうなるのかより、ヤンジャの身の振り方が、気になるわ。
22年間、ユンシクに騙され、ミョンジュの子、スンヒを育てさせられたと知ったヤンジャは悔しさが爆発。
ユンシクの顔色ばかり見て生きてきたヤンジャだけど、さすがに心の底から怒ったわ。あたりまえ、あれですんでおとなしいくらい。ユンシクがしまった、くらいの感覚でさほど罪悪感もなく「話をしよう」と言ったとき、「おしゃべりなら、可愛いスンヒとミョンジュさんと親子三人でどうぞ」と皮肉を言ったのが、せめてもの捨て台詞。

だって「血のつながらないスンヒをわが子以上に可愛がるあなたを見ていて、感心していた。私もさすがに子供たちが幼い頃は実子の方が可愛かったけど、あなたを見習って、ああ、これじゃいけない、私が間違ってるといいきかせ、そしてここまで育てわが子にした。でも今はもうわからない、どんな顔してスンヒに会えばいいのか」。
って、苦労して愛情を込めて育ててみれば、夫が可愛がるのも当然、愛した人の子ですもの。
ないがしろにされてきたヤンジャ。夫はずっとスンヒにミョンジュの面影を見てミョンジュを思いながら暮らしてきたのだと思うと、ヤンジャの人生そのものを否定されたにひとしい虚しさ、悔しさ、寂しさは尋常ではないはず。

ユンシクとのマンボウ堂での生活に絶望したヤンジャが出した答えは、「結婚して22年、その半分を台所で過ごしてきました。でもいま台所に立つと見慣れない感じがして。もう元のようには戻れない。マンボク堂を出ていきます」宣言。
そうよ、出ていくしかないわ。ユンシクが不潔で一緒にはいられないわよね。
でもね、まだ高校生の可愛いスングがいるじゃない?スングが悲しむわ。そこだけよね、後ろ髪ひかれるのは。

愛情深い聖母ヤンジャに比べて、ぐっと人格の劣るミョンジュはいまだにスンヒに喧嘩腰の態度。
スンヒがテボムに会うためにコンペをすっぽかしたことを、言い訳せず、失礼しましたとわざわざ謝りに来てあげてるのに、侮辱的態度しかとれない。娘のスンヒの方がよほど大人だわ。

テボムは改心する気配なく、今度はスンヒと一緒に逃げようと言いだす。本当にテボムを愛しているなら、無茶とわかっていても最後まで傍にいると思うけど、スンヒは行かないでしょうね。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2014   0 comments   0 trackback
Category :愛よ、愛

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/13936-27f8cb55

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR