FC2ブログ

「鄭道傳  チョン・ドジョン」演技の神が示して本物の煙

997310.jpg
"正統史劇演技とはこういうものだ」を如実に見せてくれたKBS 1TV大河ドラマ「鄭道傳  チョン・ドジョン」(脚本ジョンヒョンミン演出カン·ビョンテクイ·ジェフン)。 タイトルロールの俳優チョ·ジェヒョンを筆頭に、ユ·ドングン、パク·ヨンギュソ·インソクなどの「鄭道傳  チョン・ドジョン」には、いわゆる「演技の神(神)」と呼ばれる人々が大挙出演して演技の饗宴を繰り広げたと言っても過言ではなかった。 これら見せてくれた史劇演技は、「教科書」に近かった、視聴者たちにとって節感心をかもし出すように作ることもした。

最近の地上波はもちろん、ケーブルと総合編成チャンネルのドラマには、いわゆる「演技」と呼ばれるアイドルグループ出身演技者たちが続々と作品に姿を現わしている。 すでに大衆に確実に顔の塗装を撮っていたアイドルであるだけに序盤関心モールと今後の固定視聴者層の確保にも効果があるので、多くの作品では、これらにラブコールを送っている。 しかし、このように猫も杓子もアイドル出身演技者らを優先してみると演技の準備が完全に行われていない状態で、ドラマに出演している場合も少なくない。 結局、これは「演技力論議 'を呼んできてドラマの人気に打撃を与えるのはもちろん、演技者本人にも少なからぬ傷を抱かせることもある。

このような状況で「程前」は、自分の演技が足りないと感じる人に教科書のような作品に挙げることができる。 特に史劇出演を念頭しているなら必ず見なければなら作品として推薦するのに十分である。 程前駅のチョ·ジェヒョンは、セリフはもちろん、目つきまでを静かに程前に憑依したような完璧な没入で人目を引いたし、李成桂役のユ·ドングンは、長い間、時代劇の主演で活躍して培ってきた深い内面を遺憾なく発揮した。 その他チェヨン将軍役のソ·インソクと魅力的な悪役で登場したイインイム役のパク·ヨンギュなどのほか、長年の演技のキャリアを誇る彼らの登場は、終始一貫して「演技とはこういうものだ」と叫ぶように絶頂の演技力で自然にドラマにはまるようにした。

実際に空のような先輩演技者たちが並ぶ「鄭道傳  チョン・ドジョン」の撮影現場はいつも緊張感がいっぱいだったと伝えられた。 ある関係者は「みんなお互いのシナリオで手を離さない。撮影直前に戦雲が漂うという言葉がぴったり似合いそう」とし「お互いのキャラクターに没頭した姿を見ていると自然に尊敬の念が生じるほどだ」と話した。 我々は、多分演技の神々が示す実際の演技に魅了され、「程前」にさらに沈んでたのかもしれない。 ドラマが放映終了し、このような素晴らしい組み合わせを再度見ることができているかの切なさ混じりのため息があちこちから聞こえてくる理由でもある。

チョ·ジェヒョンは、先の大河ドラマ出演を躊躇する後輩たちに、心からのアドバイスを伝えている。 チョ·ジェヒョンは、「時代劇といえば時代劇的な言い方をしなければならないことに軽く抵抗感を持っていた。それにもかかわらず、典型的なその枠組みの中で明らかに見つけるべき部分があり、これを拒否するとセンツン迎えていたよ "と"特に "ぐらい前」は正統史劇だから責任感も生じ、あった話なので、これを適切に表現しなければなったよ。このような点は、演技を開始する俳優たちには良い経験になるようだ」と出演を督励した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/13837-2b19b3fa

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR