FC2ブログ

結婚の女神 27、28話

用意周到に婚家のシニョングループを破滅に追い込む証拠を集めていたヘジョン。今回はヘジョン劇場だったわ。
テジンから受けたDVの診断書を用意し、義父が解雇した優秀な弁護士を味方につけ、テジン隠し子三人のDNA鑑定も済ませ、姑とテジンの絵画マネーロンダリングの証拠を握り、長年カン家に仕えてきた家政婦も引き抜く。外側からだけでなく家の内側からも崩壊をたくらむヘジョン。
やりてのヘジョンに、今や離婚訴訟で敵対している舅も舌を巻き、その手腕を絶賛。
有能なヘジョンをなんとか傍にとどめようとするが、そのかわりにヘジョンが提示した条件は、会社のナンバー2、グループの副会長の座を用意することだった。
さすがに驚愕、激怒する舅。
スキャンダルまみれになったテジンが怒鳴り込んでくるが、ボクシングで鍛えた腕っぷしでなぐる場面も痛快だったわ。
このドラマのヒロインジヘの影が薄くなるくらい、悪女ともいえるヘジョンの活躍が目立ったわね。

スンスとはジョンウのために絶対に離婚はしないと決めていたウニだったけど、浮気を認めつつ、それもお前の責任だと言い放つスンスに絶望、何も変わっていないことについにスンスをあきらめ離婚に踏み切る決意を固めた。
今回は年下のボーイフレンド、ピルホ君の登場場面がなくて寂しかったわ。

テウクがヒョヌを呼び出し、ジヘとの関係を問いただす。過去のことを蒸し返すつもりはない、ただ昔関わった人間として応援しているだけだと言うヒョヌだが、テウクは敗北感を覚える。
ヒョヌはテウクに嫉妬されたことで、セギョンの気持ちを考える。セギョンも同じようにやきもきしているかもしれないと思い、セギョンを訪れ不安にさせたことを謝って抱きしめる。
ヒョヌはセギョンと伴ってジヘとの思い出の地に行き、ジヘとの出来事を正直に話す。
婚約していると知り、自分から手を放した。そのことを後悔して今も、心に石ころのように残っている。そのころがる音は自分の胸だけに隠しておくつもりだったけど、君にも聞こえたようだ、悪かったと言うが、セギョンはその石が消えるのはいつ?いつまで待てばいいの?と追い立てるように問い詰める。
答えられずに黙り込むヒョヌ。

実家で静養し、落ち着きを取り戻したジヘだが、突然の姑からの電話で叱責侮辱のかぎりをつくされ、罵倒され、傷つき、恐怖がよみがえりおびえる。
来週返ってくるようにと告げに来たテウクに帰りたくないと告げるが、両親との別居をテウクは許さない。
テウクの言いざまが気に入らないジヘは「私の望みがなにかも知らないでしょう」と怒るが、テウクには通じない。

私もジヘが何をしたいのか、どうしたいのかがわからないわよ。
ジヘはいつも人を責めるばかり。自分がこうしたいってはっきり意思表示せず、人が汲み取ってくれるのを待つ姿勢。
そして思い通りにならないと癇癪を起こして、責め立てる。
テウクに対してもヒョヌに対しても。
登場人物中、実は一番わがままなのはジヘなんじゃないの?




スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2014   0 comments   0 trackback
Category :結婚の女神

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/13330-543f1e39

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR