FC2ブログ

狂気の愛 36~39話

36話
転んだはずみに靴のヒールを折ってしまったミソ。するとギョンスが、スニーカーをミソに貸してくれた。
その後、ミソはスニーカーを借りたお礼に、手作りのいなりずしをギョンスに届けに行く。しかし、ミソはギョンスとヘリョンが口論しているところを目撃してしまい…。

37話
ギョンスはミソに、ソブ島でのことは本気だったと正直な気持ちを伝える。
ミソのおかげで自分と向き合えたギョンスは、ドンウビルの入居者に補償金が支払われていないことを知ると、テサンに詰め寄り、訴訟を起こすと宣戦布告した。

38話
ミソがCKグループ在職中に発案した「濃縮した牛骨スープ」を見た友人のジョンヒは、料理コンテストに応募することを提案する。
そんな中、露店販売をしていたミソは、実母との思い出のブレスレットが入ったカバンを盗まれ、途方に暮れる。

39話
テサンを相手取った訴訟準備に入るため、ギョンスは家を出て事務所で泊まり込む日々を送る。
一方、開発部が廃止となり窮地に追い込まれたCKグループ副社長のユジョンは、ミソが在職中に作成した企画書を偶然目にし…。

・・・・・これまでもミソに自分の気持ちを伝えていたギョンス。島に二人取り残され気持ちが高まって思わずキスしたのも、なかったことにしようというミソに「あれは単なる衝動的な行動ではない。本心からだ」と熱く語る。
ミソ弟に「姉に好きな人ができたみたいだ。この間もその人のために作ったきつねずしを結局渡せずに帰ってきた」と聞き、ミソが自分の貸してあげたスニーカーを履いて返しに来た姿を見たギョンスは、ミソも自分を好きなのだと確信。ミソにそう伝える。
否定できないミソ。
ギョンスは一方で、恩のある妻の父だが、強引で悪徳な仕事の仕方で犠牲者を出すことに耐えられなくなり、義父会社を相手に闘う決心をする。
婿が舅を訴える。と新聞記事にも大々的に報じられたギョンスの立場を知ったミソは、純粋な気持ちでギョンスを心配して、メールを送る。
ギョンスは対決する以上、義父家にはいられず、ヒステリー妻が止めるのも聞かず、荷物をまとめて家を出ていく。
そんなギョンスからようやく返信がきて飛んで会いに行くミソ。
ミソの前で自分たちのせいで亡くなった人がいたと自責の念にかられる本心を打ち明け、弱音を吐くギョンスにミソは優しく「あなたが正直でいい人なのは、私が知ってます」と慰めの言葉をかけ、ギョンスをそっと抱いて背中をなでてあげる。
されるがままにミソの胸で安心したように涙ぐむギョンス。壮絶な闘いの前にミソに勇気と力を与えられたギョンス。

ギョンス妻の母はなぜかミソに愛着を感じ、彼女の動向を気にして秘書に探らせる。
ミソ実母なのでしょうね。今はまだお互いに気づかない。
そして、施設で共に育ち、ずっとミソのことを心に秘め愛し続けてきた取り立て屋のジェヒョクは、やっと、ミソがそのときの女の子だと気づく。
でもミソが街頭で海苔巻を売っている姿を見ても、すぐに声をかけられずそっと陰から見守るだけ。
ミソ父の借金のことで家にまで押しかけて、ミソを困らせ泣かせた事実があるからだ。
名乗り出るのはいつになるのか、そしてたとえ再会してミソもジェヒョクのことを思いだしたとしても、ミソがギョンスを愛している今、思いも遂げられないし、ジェヒョクも哀れよね。

ギョンスとミソが見つめ合うシーンを見るだけでどきどきしちゃうわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2014   0 comments   0 trackback
Category :狂気の愛

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/13175-9392f1d8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR