FC2ブログ


※]パク・チャ ンウク監督の‘親切なクンジャさん’(2005)とイ ム・サンス監督の‘下女’(2010)がアメリカ時 事週刊誌タイムによって女性複数劇を扱った最 高の映画に選ばれた。タイムオンライン版は 30日‘軽蔑受けた女性: 女性複数劇トップ(の こぎり)12’という題の記事でイ・ヨンエ主演 の‘親切なクンジャさん’とチョン・ドヨン主演 の‘下女’を12編(便)の目録に含ませた。最 高の女性複数劇12編(便)は韓国映画と米国映 画、フランス映画などで選ばれた。タイムのリ チャードコルリス記者が選定した挙げたリスト は韓国映画2編(便)の他にジョージ キュー大 きくて監督の‘女性’(1939)からフランソワ・ トリュフォーの‘悲恋の女性’(1968),ブライア ンデ・パルマの‘キャリー’(1976),コリン ヒ ギンスの‘ナインツーファイブ’(1980), エ ドゥリオンラインの‘危険な情事’(1987),リド レー、スコットの‘デルマとルイス’(1991), ヒュウィルソンの‘糟糠の妻クラブ’(1996), クエンティンタランティーノの‘キルビ ル’(2003),テイト テーラーの‘ヘル プ’(2011), ジェニファー、リとクリスバック の‘冬王国’(2013)等が時代順に選ばれた。

タイムは記事皆で“女性を定義のために飛行し て、私たちは応援する。女性は怒りの黒い振り 回して、私たちは縮こまる。‘女性’で‘ヘル プ’まで、‘キャリー’で‘親切なクンジャ 氏’まで、私たちは女性の怒りを爆発させる12 編(便)の作品を選んだ”とした。

タイムがオンライン版を通じて女性複数劇トッ プ(のこぎり)12を選んだことは北米地域で去 る25日封切りしてボックスオフィス1位に上 がって興行突風を起こしたニックカサベツ監督 の‘ティアさらにウーマン’が契機になった。 キャメロン・ディアス、レスリー万,ケイト アップねじったこの主演した‘ティアさらに ウーマン’は女性たちを俗人狡猾な企業家に復 讐しようと出た三余人の話を入れたコメディ映 画だ。タイムは“私たちはハリウッドとフラン ス、韓国で12編(便)の作品を選定したしこれ ら映画は女性複数劇という主題をコメディ、メ ロドラマ、残酷な悲劇などの形態で時には友好 的に時には恐ろしく描き出した”と伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/12693-c145090a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR