FC2ブログ

ネタバレ注意!終映 '基皇后'、ハ·ジウォン一人残った「血の色の結末」

999151.jpg
MBC月火ドラマ '基皇后」(脚本チャン·ヨンチョル、演出ハン·ヒ)が血の色の結末に終わった。 皆が虎視眈々と狙っていた権力の座は儚くた。 元朝が滅ぼさようになった。 騎乗ニャン(ハ·ジウォン)は、このすべてのことを寂しく見守った。

29日放送された「基皇后」の最終回では、騎乗ニャンと他の環がすべての敵を退ける成功している姿が描かれた。 皇帝タファン(チ·チャンウク)は、自分自身を影のように慕っていた腹心ゴルタ(ゾゼユン)がメバク上部の受領という事実を知って、大きな衝撃を受けた。

この日の他のファンはゴール田川与える薬に毒が入っているということに気づいた。 ゴール乗る他の環が寝たと勘違いし、「新しい王が擁立されるまでは死ぬことはない。ただ弱々しく患いください」とささやいた。 他のファンはゴルタさえ、自分を裏切ったという考えに震えた。 さらに、彼はゴルタと皇太后(キム·ソヒョン)が結託して興味をそそられるという事実にも気づいた。 他のファンはこれらを一堂に呼びピバラムを起こした。 軟鉄(ジョングクファン)一家から最後の敵まですべて死を迎えたが、素晴らしい二人は幸せを見つけることができなかった。

他のファンはゴール田川た薬に既に完全に常習している状態だった。 長期まで毒広がった他のファンは、最終的に皇帝の座を降りておいたし、スンニャンの摂政を許した。 そう時間が経った、不幸はこれらを入れてくれなかった。 タルタル(ジン·イハン)が死亡し、元の国が起こした戦争は完全に負けていた。 他の環とスンニャンは宮を捨てて北へ逃げていくものになった。 健康が悪化した他のファンは死を直感した。 彼はスンニャンの手を握って「本気で愛した」と心を告白した。 スンニャンも「陛下を愛した」と気持ちを伝えた。 パプリになるまで生きよた二人の約束は結局守られなかった。

この日の「期皇后」はスンニャンが一人残る姿が描かれ、完璧な結末もなったすべての敵を排除することに成功したが、生き残った者たちの最後は悲惨だった。 スンニャンは初恋王乳(チュ·ジンモ)はもちろんタファンまで虚しく失い、皇后を超え摂政までにされたが、最終的に元の国は亡国の手順を踏んだ。 真の勝者はなかった。
999150.jpg
去る10月、「気皇后」の懸念から、出発したドラマだった。 期皇后という実在の人物の意見が分かれており、歴史歪曲はないかという意見も存在した。 蓋を開けると雰囲気は瞬く間に逆転を迎えた。 ほとんどの話をフィクションに大事にしながら、現実との距離を置いたからである。 しかし、このドラマがひたすらファンタジーのように感じられないのは、躍動感あふれる展開とハ·ジウォンのリアルで繊細な演技力である。

放送序盤ハ·ジウォンは男装をした近所の暴れ者として登場した。 腕白小僧のような彼女の顔に現在の皇后の姿は全く見られない。 しかし、公女に引っ張られて、子を失った母となり、すべてが変わった。 顔は憎悪と復讐心に満ちた、時には不気味なオーラが感じられるまでした。 6ヶ月の間に少しずつ冷静な皇后の姿へと変貌していったのだ。 暴れ者の権力を思いのままにする皇后まで八色鳥のような顔で視聴者の目と耳をひきつけた。 唯一のハ·ジウォンと可能な演技だった。

逆転の​​主役たちも花を咲かせた。 特にチ·チャンウク、ペク·ジンヒは「気皇后」を通じて再発見された俳優たちだ。 チ·チャンウクは、ハ·ジウォンに次ぐ八色鳥演技で視聴率牽引車の役割を正確にやり遂げた。 文章すら知らない世間知らずの王から愛する女性に向けた狂気じみた執着までヤヌスの顔に緊張感を造成した。 ハ·ジウォンのためなら、水、火を選ばないジチャンウクの姿は狂気若いですが、ロマンチックである。 彼の切ないロマンスは全てを切なくした。 一様スンニャンを守っていたチュ·ジンモも同じだ。

他の俳優たちより先に下車したが、ペク·ジンヒの活躍も注目に値する。 「気皇后」には、多数の敵が登場したハ·ジウォンとペク·ジンヒの対立の構図のようにエキサイティングな話はなかった。 鋭い二人の葛藤に視聴者は息を殺した。 女性の戦争は男たちの戦いよりも熾烈だった。 特に軟鉄一家の悪行が最高に達した時、ドラマもクライマックスに達した。 ペク·ジンヒは、温室の中の草花に育って、自分だけにしか分からない利己的なタナ実利を不正なに描き出しながら、既存の善良なイメージを完全に捨てるのに成功した。 第2の演技人生を開いたといっても過言ではない。

最高の悪役は断然ジョングクファンある。 相手を釘付けするカリスマで最後までドラマを掌握した。 タファンを狙うときに、視聴者も一緒にギガ死んだほどだ。 悪役の首長であるジョングクファンをはじめ、ペク·ジンヒ、キム·ジョンヒョン、チョン·ウンインなど軟鉄派の活躍はすごかった。 タファンを操縦して、最後まで権力欲に取ったキム·ソヒョンと、ゾゼユンの活躍も光った。 「気皇后」が輝くことができたのは、さまざまな悪役たちの熱演のおかげである。

一方、「基皇后」の後続にはイ·ボムス、キム·ジェジュン、ペク·ジンヒ主演の「トライアングル」が放映される。 両親を失い、20年以上にわたり、お互いの存在を知らずに散った三兄弟が大人になって、血筋の運命に縛られながら起る話を取り上げる。 5月5日に初放送。

999149.jpg
「気皇后」の主人公ハ·ジウォンが放映終了所感を伝えた。

29日MBC月火ドラマ '基皇后」の公式ホームページには、俳優たちの放映終了所感が含まれている撮影現場の映像が掲載された。

公開された映像で、ハ·ジウォンは "51回までアクセス中のドラマ一緒にしてくださって一緒に泣いてくださって幸せにしてくださって視聴していただき感謝している」と話し始めた。

続いて、 "基皇后という役割をすることができてとても幸せだったしたくさん学んだ作品だった」とし「いつも元気で、より良い作品であいさつする"と伝えた。

999148.jpg
誰も予想できなかった秘密兵器だった。 断言するが、チ·チャンウクは「気皇后」の中で最も輝いた神なおしゃべり。

MBC月火ドラマ '基皇后」が29日、51回目の放送を最後に6ヶ月の大長征にピリオドを打った。 劇中元朝皇帝タファン役を演じスンニャン(ハ·ジウォン)に向けて切なくても、壮絶な愛を見せてくれたチ·チャンウクは、悲しい最後を迎える場面で、最後まで存在感を輝かせた。

このころになる気になる。 チ·チャンウクがない場合は、可能な旅程だったのか。 「タファン」という服を着て、期待以上の活躍を見せたチ·チャンウクの熱演の前に、それ以上の疑問符は必要なかった。

出発直前の懸念の声が大きかった」基皇后」が、いざ蓋を開けるとしっかりとしたシナリオと広大なスケールと名品俳優らの好演が一団となって放映中の視聴率30%近い高空行進で月火ドラマの王座を守ってきた。 そして、このような成果の後には断然 'チ·チャンウク」という俳優の独歩的な存在感がしっかりと位置している。

過去6ヶ月は、チ·チャンウクも容易ではない旅だった。 言葉が6ヶ月で撮影期間まで合わせればまるまる9ヶ月の時間を注ぎ込んた作品である。 言い換えれば、「気皇后」は、俳優チ·チャンウクの成長ドラマでもあった。

劇中他のファンは歳月の流れに応じて、性格が極端に前後する立体的なキャラクターだ。 スンニャンへの愛と皇帝の苦味が複合的に内在したキャラクターなので、それほど繊細な演技力が必要である。 そんな中、他の環の服を着たチ·チャンウクのキャラクター消化力は十分に驚くほどだった。 そして、これと共に、俳優チ·チャンウクも「怪物」に成長した。

劇序盤、怖がって涙を浮かべたり、権臣に甘えを張って滑稽な顔さえ可愛さに昇華させたチ·チャンウクのしらじらしい演技は毎回熱い好評を引き出した。 何よりも屈辱的な状況の中でも時折冷たく固まる彼の表情は、元の時代の皇帝として生まれ変わる他の環の成長を期待するようにするのに十分だったという評価。


特に、スンニャンに心が傾き始め、彼女に向かって無謀なほど勇敢になった彼の変化は皇帝になり、本格的な権力の暗闘の中に濡れてあげて輝き始めた。 180度変わった堂々と態度と強烈な目つき、自分の話し方に威厳とカリスマあふれる皇帝としての姿は、ブラウン管を強烈にひきつけた。

以後、権力を握った他のファンは二極化された政治勢力の間で葛藤を経験しスンニャンへの愛憎までの複雑な心理を続けた。 卑屈さと薄気味悪さを行き来する狂気じみた彼の言動は、皇帝という役職に上がったにも追加曲げることができない寂しさと持つことができない愛の感情を繊細に解放出して劇的没入度を高めた。

俳優チ·チャンウクは、視聴者が「気皇后」と一緒にさせた立役者として欠かすことのできない主人公だ。 演技力に毎回フェイスオフを重ねたチ·チャンウク表乗って還ってお茶の間をがたつかせるのに十分しており、「タファン病 'その先ジチャンウクという俳優のどっしりとしたカリスマが存在していた。

ある関係者は「他の環がなかったら「気皇后」もなかっただろう。自分が引き受けたキャラクターに100%溶け込むために、着実に研究しているチ·チャンウクの努力は十分に他の追従を許さないほどであった」とし「(チ·チャンウク)は、今後がより一層期待される俳優だ。放送界と映画界、広告界で目をであり、彼を注目している」と伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/12687-977cdbb8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR