FC2ブログ

イ·ジュン·テギョン·スロンVI...週末ドラマの男性アイドル激突

999159.jpg
イム·スロン、テギョン、VI、イ·ジュン(左上から時計回り)

男アイドルたちがステージではなく、お茶の間で激突した。

tvN 'ガプドンが」のイ·ジュン、KBS 2'本当に良い時代」のテギョン、MBC「ホテルキング」のイムスロン、SBS「エンジェル·アイズ」のVIまで週末テレビ劇場はチャンネルを回すごとに演技の石欠かさず登場する。 これらはそれぞれ異なる個性と魅力に舞台とはまた別の光を放っている。

#イ·ジュン、破格の演技重ね、独自の歩み

エムブラックイ·ジュンは破格的な悪役演技で演技の中でも独歩的な歩みを見せている。 去る2009年映画 '忍者アサシン'でスクリーンにデビューし、去る2013年映画 '学ぶ学ぶ」主演を務め、演技力を認められたイ·ジュン。 彼が今度tvNグムトドラマ「ガプドンが 'でサイコパス類テオに分解善と悪を行き来している。

イ·ジュンが演じるユダヤ来る一見円普通のバリスタが、殺人犯ガプドンがを模倣するコピーキャットという正体を隠している。 善良な顔をして後頭部を打つ卑劣な彼の姿は初登場から視聴者たちを驚かせた。

特に類テオの役割は、単に「悪の枢軸」だけで終わらない。 彼はすべての主要な人物と様々な事情に絡んでいながら、ドラマの流れにあって恐ろしい影響力を示している。

ガプドンがを追う刑事し無塩(ユン·サンヒョン)は、類テオと必然的な運命を結んでいる。 17年前の9番目ガプドンこの事件の生存者であり、目撃者であるオ·マリア(キム·ミンジョン)と、患者と医師の身分で縁を結んでおり、出所後も着実にああマリアの周りを回っている。 ガプドンこの事件をモチーフにしたウェブトゥーンを連載するマ消去(キム·ジウォン)は、偶然出会った類テオと登場人物のモデルになってもらい提案して緊張感を形成した。

人が好きに見える虫で不気味な冷笑まで、天使と悪魔の二重面貌をすべておさめ類テオの役割イ·ジュンのキャスティングは資格があった評価だ。

#テギョン、獣石で感性演技で変身

KBS 2「シンデレラのお姉さん 'と'ドリームハイ '、tvN'フーアーユー」などで演技力をみじん切り2PMテギョンは週末ドラマ「本当に良い時代」からさらに深まったキャラクター消化力を示している。

テギョンは劇中カン·ドンソク(イ·ソジン)の弟カン·ドンヒ役を引き受けて、家の中のいたずらっ子であり、双子のパパと容易ではないキャラクターを演じている。 ドンヒは中学校の時、自分が母の実の息子ではないことを知っていただけではなく、家族に対する格別の愛情を抱いている。 高校の時産んだ二卵性双生児を、自分の弟に戸籍に載せ型と兄に生きて来た。

先立って19日放送された「本当に良い時代」17回では、ドンヒは双子たちに勇気を出して自分が父親であることを言う姿が登場してジーンとした感動をもたらした。 また、27日放送分では、過去の姉ガンドンオク(キム·ジホ)をヘコジした人の家に火を放ったときに、自分自身を告発した型カン·ドンソク(イ·ソジン)の心を理解しながら成長した姿を見せてくれたりした。

このように、テギョンは表面上の鉄ないように見え裏面に痛みをおさめたドンヒを繊細な感性で表現している。 醜い子アヒルのようなドンヒの人生を共感店描き出して俳優として一層成長した姿を見せている。

#イム·スロン、じわじわ模範演技

グループ2PMのイム·スロンは去る2010年MBCドラマ「個人の趣向」以来、着実に演技に挑戦している。 去年は、KBS 2ドラマ​​「千」で時代劇にも初出演して良い演技を見せてくれた。 ミニシリーズや時代劇に続いて、今度は「ホテルキング」に週末劇に出師表を投げたイム·スロンは、舞台だけでなく、俳優としても確固たる地位を築いている。

現在のイム·スロンは、MBC週末ドラマ「ホテルキング」で真心を尽くしてお客様に接する経営者ソンオヒョンを演じている。 相続人ああモネ(イ·ダヘ)を担当しているシエルホテルのスタッフに、気難しい行動にも笑いを失わない温かい性格の持ち主だ。

イム·スロンは多情多感な男ソンオヒョンを自分だけの魅力で消化している。 普段は限りなく優しくて柔らかいながらも危機に瀕しているああモネのためなら何事も厭わない上の人の容貌まで兼ね備えている。 ソンオヒョンは劇中でどこに飛ぶかも知れないああモネと相反した雰囲気で安定した呼吸をもたらすと同時に、視聴者たちの耳目を集中させるロマンスの一軸を担当している。

去る27日放送された「ホテルキング」6回では、アーマー君ソンオヒョンに対する信頼感を現わして、両者の間の関係の変化を予告した。 ソンオヒョンは火が私のキッチンに一番最初に飛び込んでああモネを保護したが、これはチャジェワン(イ·ドンウク)が決定的な瞬間に助けをくれたからだ。 ああモネは、これらの事実を知らないままソンオヒョンに心から感謝の気持ちを表し、ソンオヒョンまたチャジェワンにああモネへの想いを告白した状態。 以来、三人の関係がどのように流れるのか視線を集めている。

#VI、煙も光放つ個性

ビッグバンのVIにも週末ドラマを通じて演技石に合流した。 昨年、日本のモバイルドラマ「ユビキタスコ - 君へのメッセージ」と、2012年MBCドラマ「光と影」などに出演して演技者としての可能性を見せてくれたVIはSBS週末ドラマ「エンジェル·アイズ」を使って正極の演技に初挑戦した。

劇中のVIは、119救助隊員になりたい韓国に帰ってきた同胞出身の青年テディ書の役割で出演している。 人命救助のための特別な使命感を持った人物として描かれるだけでなく、以降の花屋の女性と運命的な恋に落ち、甘いロマンス演技も広げる予定だ。

テディ立つ同胞出身だが、香ばしい忠清道なまりを使う新入消防隊員で、今回のドラマで甘草のような役割を果たしている。 スイマーイラヌンヌン設定らしく緊迫した状況が開かれたりするが、これは彼のコミカルな役割が、より大きな活力源として作用するものである。

去る26日放送された「エンジェル·アイズ」5話では、活発な(コン·ヒョンジン)がテディ書(VI)の行動を見て変態と誤解する場面が登場して笑いをかもし出した。 初めての給料を受けたテディ立つ亡くなった祖母を思い、赤い下着を買って、一人で宿に残ってマネキンに下着を着せて「おばあちゃんが給料乗ると下着買うだろうし、私の下着買ってきた」と述べた。 下着を着たマネキンをたどるテディでの行動は疑いを買うのに十分しており、たまたまこれを見た活発なこの「近く来ていない」と仰天して笑いをプレゼントした。

VIは比重を計算するよりは、個性的なキャラクターを選択し、自分だけの個性で消化することにより、好評を得ている。VIはコミカルな演技だけでなく、特別な使命感と救助隊員としての葛藤も真剣に描き出して劇の流れに自然に溶け込んで挙げている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/12676-a654c2c5

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR