FC2ブログ

映画「人間の中毒 'ソン·スンホンの虚心坦懐な告白(インタビュー)

999163.jpg
演技経歴18年目のソン·スンホン、まだ挑戦したいことが多い。 特に映画の喉の渇きが特別なだけ自分を「破る」たかった。 だから、映画「人間の中毒>をためらうことなく選択した。 その映画の話と変わった自分の話を虚心坦懐に打ち明けた。

<人間の中毒>は、ベトナム戦争終盤に駆け上がって行った1969年には、厳格な位階秩序と上下関係で結ばれた軍官舎の中で繰り広げられる男女の破格的な愛の物語を描いた19禁恋愛映画だ。 19金で十分ソン·スンホンは、生まれて初めてのベッドシーンに挑戦した。 全裸ベッドシーンだけでなく、不倫ストーリーと自分が持っていた固定観念を一気に壊れてしまうことがあった。 そのためか、撮影を終えた今、挑戦という宿題を解いたようで、誰よりも身軽で幸せだった。

Q.制服がよく似合うことは知っていたが、<人間の中毒>で着た軍服は特に素敵だったよ。 特別に製作した軍服か?

A.キム·テウ監督の意見と私の意見、衣装室長の意見を全て接木して製作した衣装です。 実際のキム·テウ監督父が軍人イショソ<人間の中毒>は、監督のお父さんと監督が直接軍の官舎に住んで感じた経験を基にした作品である。 そのためか、兵士、軍官舎の感情とそれによく合うクリエイティブな制服が誕生したようだ。 制服衣装カットオープン以来、制服の話をたくさんしてくださった。 周辺の方々が制服が本当に素晴らしいといったよ。

Q.開封がいくらも残っていなかった。 所感がどうなのか?

A.どんな作品でも開封前は多似たような感じだが、今回の<人間の中毒>ギムジンピョンは、これまで見せなかった新しい姿とあまりにも震えたりして、一方に負担もある。 特にティーザーポスターとティーザー映像が公開された後、周辺であんまり良い言葉をたくさんいただき、私も期待している。 撮影を終えた後、私の新たな挑戦が間違っていなかった自分自身に確信していただけに、今回の作品を通じて観客もソン·スンホンという俳優を新たに発見していただきたい。 もちろん興行までうまくいけば、より良く。

Q.キム·テウ監督との出会いもそうだったし、ギムジンピョンへの新たな変身が新鮮だった。

A.今回の課題は、キム·テウ監督に感じた信頼と信頼のために可能だった。 監督の前作はほとんど古風でありながらクラシックな感性の作品が多かった。 脚本を書きくださった<恋愛>、<スキャンダル - 朝鮮男女上熱支社>もそうだった演出した<淫乱書生」、「房子伝」も同じだ。 だから、私に<人間の中毒>シナリオが来たとき​​にキム·テウ監督を信じ​​てみたかった。

Q.今回の映画を通じて「ソン·スンホン」と女優が得たものは何ですか?

A.ジャンプしたかった。 そのいくつかの誰よりも映画の喉の渇きが大きかった心の片隅には後ろめたい気持ちがあったようだ。 そのような枠組みを監督が壊れてくださるだろうと信じて、新しい自分の姿を発見してくれるだろうと信じていた。 その信仰の結果を得た感じだ。 <人間の中毒>は、俳優としての自信を持つことができるようにしてくれた作品で '俳優のにおい」を匂わせるようにした作品である。 そして何よりも映画という作業について魅力を感じさせてくれた作品である。

Q.今回の映画では、新たな課題が多い。 露出、ベッドシーン、そして不倫という素材。 恐怖はなかった。

A.誰もが最初にすることには不安がないか? 以前から「いつかは私もベッドシーンと言うことになっていないか?」という考えがあった。 元々は監督もベッドシーンで水着を着てしようとましたが、現場では、多脱いでするのがどうかと提案したよ。 それでちょっと慌てたことのなら、本当のしっかり見ようという気がしてそれだけでも脱いで撮影した。 しかし、むしろそうしてこそあらゆる枠組みが壊れた感じがしたし、これまで持っていた強迫観念を投げてしまうので、より身軽になった。 そして今回の作品を通じて、少し発展した私を発見したようだ。 興行的な面ではなく、作品を通じて '俳優ソン·スンホン」の変身、アップグレード、または演技的に見ても、肯定的な評価を得たい渇望が大きい。 新鮮で良かった。

Q.率直に言って、これまでの出演作を見て、ドラマに比べて映画の興行成績が良くなかった。

A.それはおそらく私の性格的な面がドラマ、システムに合っあることもあり、ドラマ「秋の童話>で、韓国だけでなく、多くの国で大きな愛を受けているため、ドラマの方にもう少し比重を置いたようだ。 しかし、後悔していない。 もちろん、映画の方に、より比重を置いたらどうだっただろうかという気もしますが、今はシナリオだけ良ければ、いつでも挑戦する心の準備ができている。

Q.ナイスバディの中のナイスバディだ。 それでも、これまでの露出シーンを極めて好まないことで分かる。

A.基本的には運動が好きである。 子供の頃の夢が運動選手であった。 しかし、ナイスバディと作品の中での露出は別に、そうだ。 例えば、ドラマで運動をしたりシャワーを浴びたりするような場面で目に見える露出は負担がない。 しかし、ベッドシーンは、その重みが違った。 私が持っている固定観念、どのような枠組みのようなものを壊すことができなかったようだ。 今回の作品で、その固定観念から脱したようだ。

Q.生涯初めてベッドシーンを新人女優イムジヨンさんとした。 話を聞いてみるとイムジヨンさんよりソン·スンホンさんが緊張したと言っていた。

A.実際にそうだった。 イムジヨン氏はむしろ初めてだったのでこのような状況を演技的に学びながら、スポンジのように吸収するようだった。 しかし、私はベッドシーン撮影に先立って、これまで多くの方々が私の持っているイメージがあって見たら傲慢な考えがある聞いた。 さらに、多くのスタッフの前で男優より女優の方が難しいだろうという考えのために撮影の準備をする終始本当に多い気がした。 しかし、むしろ先輩である私の後輩であるイムジヨンさんにもっと頼りながら撮影したものだ(笑)。

Q.一番大変だった部分は何か?

A.生まれて初めて多くの人の前でベッドシーン撮影ということを試みた。 その時の印象はやってみないと絶対に分からないことだ。 しかし、監督をはじめとする俳優、スタッフたちが集中力を発揮したためかぎこち​​なさが長くて行かなかった。 ベッドシーンは女優さんに「こんにちは。 ソン·スンホンです。 よろしくお願いします」という挨拶をしてすぐに撮影して、お互いの感情と共鳴を演技的に表現することが難しかった。 でも露出シーンとベッドシーンも演技の領域であり、その部分を学んだようだ。

Q.チョ·ヨジョン、イムジヨンさんとの作業はどうだったか。

A.チョ·ヨジョンさんと作業を始める前に彼女に感じた漠然としたイメージは、「守銭奴」だった。 しかし、作品をしながら私が感じた人間チョ·ヨジョンは「トクスンイ」「賢明で礼儀正しい演技者 'であった。 漠然と抱いていた女優たちと連想されるイメージの連結器感(?)とは距離が遠い大ざっぱな性格が印象的だった。 イムジヨンさんは、本当に多くのことを学び、吸収しようと努力する演技者とは感じがした。 演技に対する情熱も強く、今後期待される俳優だ。

Q.もっと挑戦してみたいことがありますか?

一度<パイラン>のチェ·ミンシク先輩が演技した下積み人生のキャラクターとか、<トワイライト>、<吸血鬼とのインタビュー>のような致命的な魅力のあるキャラクターをしてみたい。 また、完全に不謹慎な役割たち、要するに<レオン>のゲイリー·オールドマンのような役割もしてみたい<トレーニングデイ>の腐敗して世の中にやつれたデンジョルワシントンのようなキャラもやってみたい。 私が持っている固定されたイメージを続けて破ることができるような作品は、そのようなキャラクターに挑戦してみたいという気持ちが大きい。

Q.ギギェチで知られたが、最近SNSをすると聞いた。

A.実際に機械値だ。(笑)ところでいただく恋に比べて私のファンにして上げるものがなく、私のささやかな日常や近況などをお知らせ触れるだろう望んで始めることになった。 意外にもファンが好きくださって遠くのファンとも親密な関係ができ、むしろ最近では、私より幸せである。

Q.話ができないようだ。 性格はどうなのか?

A.少し無愛想だが代わりに率直である。 たとえば、芸能番組は、性質上、面白い話を休む暇もなく、また、それに対する大きなリアクションが楽しみを与えてくれるのがポイントなのに私の無愛想な性格は、人を笑わせて楽しい話をする能力がない芸能プログラムとは合わない。 面白くないと思うものを面白いようにリアクションしない。 誰聞くいいと、お世辞にも絶対できない。 だから性格上、女性と小麦の糖度ができない。

Q. <スーパーマンが帰ってきた>秋の愛のファンとして知られている。 そんな娘がいたらといった、理想のタイプはどのような女性ですか?

A.私だけでなく、大韓民国の叔父がすべて秋の愛を好きではないかと思う。 結婚と和解した家庭を設けることは、私の人生において最も大きな目標が努力しても、簡単にできることでもないようだ。 しかし、恋愛すると配偶者を選ぶことは実際に他の問題のようだ。 理想のタイプは、基本的に明るい性格を持った、話が通じる女性であったことだろう。 もちろん、そのような女性が現れたダミョンヤすぐにでも結婚したいと思う。

Q.最後に、出演俳優として<人間の中毒>観覧ポイントを紹介しよう。

A.いくつかの見どころが多い。 ギムジンピョンが女性に陥り、致命的な愛に中毒され、変更された感情の流れを追っていくと、なぜこの映画のタイトルは「人間中毒」なのか分かると信じる。 また、作品に見られる美術的な部分もそうで色味がきれいで衣装もクラシックにも出てきた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2014   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/12672-e8c68c65

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR