FC2ブログ

「江口物語」イ·ドンウク·ジュミ、年上年下カップルの切ないキス

999576.jpg

韓国の3Dドラマ、SBS「江口(カング)物語」が、サッドエンディングを予感させながらも視聴者の心を鷲掴みにした。

29日に韓国で放送が始まった「江口物語」は、初対面からお互いに好感を抱くキム・ギョンテ(イ・ドンウク)とヤン・ムンスク(パク・ジュミ)の話が描かれた。ギョンテの善意を受け、ムンスクの息子イ・ガンウ(シン・ドンウ)も心を開いてギョンテを受け入れ始めた。しかし、ムンスクが不治の病に侵され、チンピラのギョンテが危機に瀕しているという設定がサッドエンディングを予感させた。

視聴者の関心を集めた要因は、俳優たちの抜群の相性と斬新な設定だ。パク・ジュミの清純な姿と切ないイ・ドンウクの眼差しは、2人のロマンスへの期待を高めている。江口という島を舞台に展開されるストーリーは、美しい自然と相まってさらに切なさを増している。

それぞれのキャラクターの個性も見どころだ。ムンスクは1人で息子を育てる母親として、気の強い一面を見せた。優柔不断でか弱い母親ではないのである。ギョンテの場合も、単なるチンピラではなく、趣味でピアノを弾いたり、真っ当な人生を歩むために頑張る人である。どん底の人生ではなく、好青年に近い印象だ。

「江口物語」は全2話で構成されている。ダラダラせずにテンポのある展開が特徴だ。出会いから「恋人になりたい」と言うギョンテの告白までスピーディーに描かれた。また、江口の開発を巡ってギョンテを脅かすヤクザとの対峙も登場し、緊張感を高めている。

「江口物語」は、盈徳(ヨンドク)郡江口港を舞台に、運命的で切ない恋を繰り広げる2人の男女の話を盛り込んだ全2話の特集ドラマ。「美男<イケメン>ですね」や「ドラマの帝王」を演出したホン・ソンチャン監督が演出を担当し、2013年SBS脚本公募展で大賞となったペク・ミギョンが執筆した作品である。
999577.jpg
'江口物語物語」のイ·ドンウクとパク·チュミが切ないキスを交わした。

30日午後放送されたSBS 3Dドラマ「江口物語」は、恋人に発展したギョンテ(イ·ドンウク)とムンスク(パク·ジュミ分)が幸せな時間を過ごす姿が描かれた。

劇中ムンスクは、体が痛くて、自分の死ぬ日を待っていた状況。 ギョンテは、自分を脅かす暴力団の脅威の中でも、大きな事業を準備していた。 このように、お互いに不安で危険な状況にも二人は止められない恋に落ちてしまった。

そう、死んだ友人の姉を愛するようになっ景太とそのギョンテに陥ってしまったムンスクは通常の恋人のように幸せな日々を送った。 これと共にムンスクの息子講じ(シン·ドンウ分)の声で「ママの人生で最も幸せだった瞬間」というナレーションが流れ、このような雰囲気をより一層切なくさせた。

結局二人は、将来のことは思わないままキスを交わした。 クラシック音楽と交わった二人のキスは、まるで一幅の絵のようだった。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/12161-55a90e17

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR