FC2ブログ

秘密 5,6話

ユジョンが刑期を終えて出所しても何もかも奪おうとする執念深いミニョク。
ユジョンは辛い服役中の心の支えだったわが子と会いたいと、迎えに来たドフンとわが子を預けた施設に向かうが、子供はユジョンの知らないうちに破傷風で命を落としていた。
事実を告げられなかったと謝るドフン。ユジョンは狂ったように泣き叫ぶ。
が、認知症が進んでいる父のためにも、その苦しみをなんとか乗り越えようとするユジョン。
ドフンは母に怒鳴られても、父に「一緒にいてもお互い傷つけあうだけだ」と説得されても、ユジョンを見捨てるつもりはいまのところなさそう。
だが、その一方で、ミニョクのところで何度も偶然遭遇する華やかなセヨンにも憧れのような気持ちを抱く。

ミニョクは今度はユジョンが父とひっそりと暮らす家も奪う。行く当てもなくなったユジョン。しかたなくミニョク家に身を寄せる。
被害者の家に謝りに行けば、頭から水をかぶせられる。

ミニョクはユジョンとドフンを引き離すため、ドフンを検察庁にいられなくするよう裏から手を回し、父の会社の顧問として契約させるよう画策。
ミニョクの汚い手口を「反吐が出るほど卑劣な奴め」と非難しながら、ミニョクの思惑どおりに進むしかないドフン。

セヨンもまたミニョクの異常な復讐に嫌気がさしていた。「あんたのは愛じゃなく、ただ駄々をこねてるだけ」と言い捨てるが、振り向いてもらえないミニョクへの愛をもてあましていた。

ユジョン父がある日、行方不明になる。懸命に探すユジョン。ドフンが遠く離れた地方で発見された父を迎えに行く。
ところが正気を取り戻したようなユジョン父の口から衝撃的な言葉を聞く。
「お前が殺してユジョンにかぶせたな。俺は見た。忘れないぞ」。なぜか事件の真相を言い当てたユジョン父に驚愕したドフン。

その夜から父は消え、遺体で発見される。
葬式でも気丈にふるまうユジョン。
ユジョンをしつようにつけねらうミニョク。葬式でのユジョンの様子も物陰から盗み見、痛ましい表情を浮かべる。
姿を消したと思われたユジョンは家の床で倒れていた。面倒を見て病院にかつぎこむ。

・・・相変わらずユジョンがあまりにも悲惨(;O;)次から次への不幸が襲うわ。もうこれで失うものがないくらい。
立ち直るのが難しいと思うけど、ユジョンはきっと強く生きていくわね。
ユジョン父はドフンが殺したってことかしら。ユジョン息子のサンは本当に亡くなったのかしら。偶然?
どこかに貰われて生きてるっていう可能性はないのかな。
これでもかっていうくらいユジョンを地獄に落とそうとするミニョクには、まだ嫌悪感しか抱けません。
ミニョクと恋人にどんなストーリーがあったのか、知らない以上、恋人にも同情できない。第一事故に遭ったのだって、ミニョクが指示した人間に追われて逃げてる途中でしょ?
飛び出した恋人にも非があると思うし、ひいてはミニョクが追ったせいともいえるじゃないの。

ユジョンが父の手術代を借りにミニョクの元を訪れたとき、「恥も外聞もないのか」と聞いたミニョクに「私が唯一申し訳ないのは被害者に対してだけです」と答えたのが、とても立派で潔くて、その言葉で胸をつかれたようなミニョクの表情に、胸がすく思いだったわ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2014   0 comments   0 trackback
Category :秘密

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11647-34e6be4a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR