FC2ブログ

放映終了「星君」キム·スヒョン、チョン·ジヒョン見つけ地球に戻って.. 'ハッピーエンド'

82
SBS水木ドラマ「星から来た君」(以下、星君)でキム·スヒョンがチョン·ジヒョンを見つけて再び地球に戻ってきた。 しかし、永遠に地球にとどまるものではない。

27日放送された「星から来た君」の最終回では、ドミンジュン(キム·スヒョン)とチョンソンイ(チョン·ジヒョン分)が再び会う姿が盛られた。 2014年、自分で帰って行ったミンジュンは集りに会うために地球に戻ってきた。 最初の5秒に過ぎなかったミンジュンの滞留時間はますます長くなり、3年後には1年2ヶ月目の集りのそばモムルスようになった。

自分のあまり離れていたミンジュンが集りの前に現れ声を掛けたのは、映画祭であった。 ミンジュンは時間を止め輪の前に現れた。

彼は映画祭参加のために白のドレスを着ていた集りにジャケットを着せてくれて "私はこれだ掘ら​​れた巨大着のこぎり通ってそう迫り来る"と小言をした。 続いて驚いたように、自分自身を見て集りに、「それは私、私と。ごめんなさい。手遅れか」と口を合わせた。

恋人との甘いキスを感じる間もなしミンジュンは再び自分で帰った。 そしてどの位時間が経たないうちに再び集りを訪れた。 二人の生活にはミンジュンがいつ自分で帰るかしれない不安があるが、同時に、いつ再び尋ねて来るかもしれないという幸せな待つが共存している。

この日の放送序盤ミンジュンは "去る時は何も持って行くことができないので、物でも人でも所有することも愛もしやめようと思った。そして、その原則をよく守ってきた。しかし、最後の3ヶ月、すべてが崩れた」とやや低い声で詠唱れた。 このように永遠の別れを迎えるようだった二人は、ミンジュンの努力のおかげで再び会った幸せな愛を維持した。

去る26日の放送でミンジュンは集り、ジャンヨウンモク(キム·チャンワン)と別れのあいさつをしての結末を暗示した。 実際ミンジュンは400年ぶりに自分の別に戻って松茸と別れをした。 しかし、ミンジュンは集りを忘れられず再び地球に戻って再会した。

ミンジュン、松茸のほか、すべてのことが幸せに終わった。 たとえイフィギョン(パク·ヘジン)は最後まで松茸の良い友達に残らした言葉だ。 徽慶は最善を尽くして自分の愛する集りが幸せになれる方法を探した。 残酷な悪行をはばからなかったジェギョン(シン·ソンロク分)は、刑務所に行った。 息子の犯行を知ったイボムジュン(イ·ジョンギル)は、「あなたの名前にされたすべての財産は社会に還元することにした」とし、「私はあなたのために、その何もしてくれる心がない。お前が寒い刑務所で一生を送ることになるだろう」と断固たる立場を見せた。

一方、「星君」に続き、来る3月5日からはSBS新しい水木ドラマ 'スリーデイズ」が電波に乗る。 「スリーデイズ」は、専用の別荘で休暇を残して大統領が行方不明になって消えた大統領を見つけて事件を追跡する警護員と社長の緊迫した内容を描いた作品で、ソン·ヒョンジュ、パク·ユチョン、ソ·イヒョン、チャン·ヒョンソン、ユン·ジェムンなどが出演する。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11579-e89d4ca2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR