FC2ブログ

ウンヒ 118話

今回は特に話が進まず(-_-)
ローラの目が開いたり、閉じたりして周りのみんなが一喜一憂、ソックがおびえ、の繰り返しに終始してたわ。

ソックはローラの見開かれた目におびえ、家にも帰れず旅館でお酒を飲んで、ミョンホに責められる悪夢にうなされ一夜を過ごす。
無断外泊したソックをめぐり大騒ぎする一家。警察に届けようと興奮するクムスンをなだめるソンジェ。
下手に警察沙汰になれば、いろいろ露見するかもしれずソンジェは警戒する。
ミョンホはウンヒにソックがローラの意識が戻ったのを気づいたのか尋ねる。が、気づいたら帰るはずがないとソックを信じ切っているウンヒ。

ソックの様子を探りに悪魔一家を訪れるミョンホ。報告がある、とローラの意識が戻り話ができるまでになった、とソックをゆさぶる。
あきらかに動揺するソックは、妻に逃亡資金として通帳を用意させ、数日間身を隠すつもり。

ウンヒ母もローラの容態の知らせを受け、病院にかけつける。ローラの枕元で、「姉さん、ごめんなさい」とひたすら謝り続けるジョンオク。
姐さんから預かった赤ん坊は死んだ、とウソをついたことで気が咎めていたジョンオクは、ウンヒこそが実の娘だと真実を打ち明けるときがきたと思う。

話せるはずだがなんら動きがないことに不審を抱いたソックは、自身でローラの病状を確かめようと再び病院を訪れる。病室の前には屈強なボディガードが2人立っており、ソックが家族同然だと言い張っても中に入れてくれない。
チェ室長を呼べと暴れんばかりになったときに、病室からジョンテが出てくる。私を入れろと主張するソックを「私も辛いんです。面会はできません」と申し訳なさそうに拒否するジョンテ。
あきらめてソックは引き下がる。
医師にローラの予後を訪ねるが、今までと違い、何も教えない医師にソックは焦りと不安を感じる。

ローラのそばについているウンヒは、ソックまで追い返したことに疑問を抱く。入ってきたミョンホに「私に隠してることがあるでしょう。話してくれないと、私も役に立てない」と訴えるが、別にないととぼけるミョンホ。

一人になるとミョンホは目を閉じたままのローラに「僕が平気そうに見えるから黙っているのか。お願いだから目を開けて本当のことをしゃべってくれ」と取り乱し叫ぶ。
そのときミョンホの思いが通じたかのようにローラはまた目を開くのだった。

・・・・・ローラは目覚めて、すぐにソックの真実の姿を暴くかしら。もう少し時間がかかるでしょうね。
ローラの意識が回復したと聞き、ひき逃げ犯がわかったかと気にするソンジェ。一体どうしたいのかしら。父のことが明るみになってほしいわけ?証拠の真珠を握っているから、絶対にわからないはずとタカをくくっているの?
どっちにしても卑怯な最低な人間に違いはないけど。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2014   0 comments   0 trackback
Category :ウンヒ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11573-8773fa2d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR