FC2ブログ

オレのことスキでしょ 14話

ギュウォンの影の歌声で舞台は大成功。身内の観客が多い小規模公演ながら、出演した学生たちは口パクヒロインのヒジュを含め、皆気分がいい。
ここにくるまでのいろんな思いが押し寄せて涙があふれてしまうギュウォンを抱きしめ慰めいたわるシン。

ヒジュもやっと素直になって、みなとも雪溶けムード。そこに理事長であるヒジュ母がマスコミをひきつれてヒジュに取材を受けさせるつもりだけど、ヒジュは正直に「歌ったのはギュウォンです」と告白。
スポットのあたるギュウォン。

ソッキョンの知り合いの音楽関係者も、ソッキョンをアメリカに誘い、ついでにシンのバンドとギュウォンの仲間のセッション、ギュウォンのボーカルにも関心を示す。
アルバム発売に向けテスト演奏することになり、大喜びで練習を重ねるシンとギュウォンたちなんだけど、どーしてもギュウォンのハラボジを説得することができない。

ギュウォン父もギュウォンを自由にしてやるようにハラボジにかけあうけど、いい子のギュウォンはハラボジの言うことを聞いて国学の練習に励むことにするの。

大切なデモ演奏の日と、国学のコンクールの日が重なってしまうけど、ギュウォンはハラボジの期待に応えるためコンクールに。
そこへシンが迎えに来て、ギュウォンに決めさせると言いながら、シンの顔見たら、そりゃ、シンに就いて行くでしょ!?
急ぐ途中でギュウォンが衣装の裾を踏んでシンを巻き添えに転んで、シンは手首を痛めてしまう。

結局音楽事務所の社長に演奏を聴いて貰えることになり、アルバム発売に向けて選ばれたのは、ギュウォンの歌声だけ。
一生懸命練習してきたのに、それでも皆、仲間はギュウォンを祝福

いいなぁー。こういうの、ライバルと競いながら成長して、お互いに認め合って、いつも応援してくれるかけがえのない仲間がいて。学生時代にもどりたくなっちゃうわ。

コンクール会場を抜け出してハラボジは怒り心頭。ハラボジの怒りが収まるまでギュウォンは家を出ることにする。
でもね、出た先はお隣のシンの家。
ラブラブできるって2人っきりのシンの部屋でもうちょっとでキス

ってところで妹の邪魔がはいっちゃう。

シンの手首は痛みがひかない。心配するギュウォンには平気なふりをして笑顔を見せるけど、症状は深刻らしい。
バイトの演奏中に、無理をして倒れてしまうシン。

あと残すところ一話で気になる予告。
ギュウォンの未来のためにシンが身を引こうとするような展開。当初予定より短縮したこのドラマ。あと一話でどうまとめてくれるのかしら。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・オレのことスキでしょ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/114-6040de3b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR