FC2ブログ


※'王家四家族'イ・ユンジが放映終了の物足りな さに涙を流した。 17日イ・ユンジは自身のトゥウィトルッ通じ て"夜遅くまで眠れなかったんです。 放送一時 間ずっと泣いて、終わって考えて泣いて。泣い て泣いて。'王家四家族'台本50冊と共に皆に監 査(感謝)を伝えます。光パクがアンニョン、 しくしく。"という文と共に写真一枚を掲載し た。

公開された写真にはイ・ユンジがKBS 2TV週末 ドラマ'王家四家族'(脚本ムン・ヨンナム・演出 チン・ヒョンウク・製作トゥリミエネム)台本 を前に置いてカメラを見つめている姿が入れら れている。

写真の中イ・ユンジは泣いたせいなのか両手で げんこつを握ったまま顔を半分以上分けている 姿で目を引いた。

先立ってイ・ユンジは最後の撮影を控えて複雑 微妙な感情を伝えてドラマ'王家四家族'に対す る格別な愛着を見せたことがある。

イ・ユンジ放映終了認証ショットに接したネチ ズンは"とてもさびしくてやめます","光博雅さ ようなら。惜しいですね","イ・ユンジ本当に 愛着が多いドラマだったようで","他のドラマで 会います","光博雅泣くな"等の多様な反応を見 せた。

一方、イ・ユンジが'王狂パク'駅に熱演を広げ たドラマ'王家四家族'はどん詰まり憂慮とは 違ってハッピーエンドで幕を下ろした。
20140217104232d10.jpg
※]週末 劇最強者‘王家四家族’の航海が終わった。

非常識キャラクターの饗宴、放映ずっとどん詰 まり論議から自由でなかったが‘王家四家 族’はゴウゴウ飛んだ。夢の視聴率である40% を軽く越えて前作‘最高だイ・スンシン’の物 足りなさを挽回した。国民的な人気と平海 (ピョンヘ)も過言ではなかった。それならこ のドラマの成功秘訣は何か。誰がなんと言って もどん詰まりコードだ。生活型どん詰まりの代 価ムン・ヨンナム作家の作品らしくこのドラマ が取った方式は過激だった。母娘の長い間の沈 殿物を解いた契機が遺産であったから話つくし た。

しかし視聴率40%の快挙はどん詰まりコードだ けで成し遂げたのではない。家庭内善悪構図を 浮上させてそれ(彼)による葛藤を入れてきた ドラマがこの争いにだけぶらさがったとすれば まあまあである膜贓物、以上の評価を受けるこ とができなかっただろう。ドラマは誇張された 人間群像を表わしたが結局私たちの周辺である ようなことを混ぜ合わせて出しただけ、それな りの線は守った。窮極的にこのドラマが描き出 したのは濃いペーソスがある私たちの話であっ た。

ここに一つさらに。この誇張された脚本に説得 力を付与したのは俳優の好演と彼らが完成した キャラクターであった。‘王家四家族’は50 回放映ずっと一度の演技力論議もなしで巡航し た。新旧俳優の卓越した演技力は数えた展開、 無理に押しつけた流行語も可能にした。‘王家 四家族’は数字で栄えたドラマだ。視聴率ま た、かんしゃく上昇の一番の貢献者を数字と付 けてみるならばどんな結果が出るだろうか。

◆キム・ヘスク、王家四家族を支配した者

詐欺師と不倫男女が大手を振るうドラマの中沈 殿物女史はいつも想像異常を見せた。スイカ (オ・ヒョンギョン)と3ヶ月(オ・マンソク)の牙 城にも沈殿物(キム・ヘスク)が最強ファイター で登板したのは彼女があたかもタコのようにす べてのエピソードに足を伸ばしているため。劇 序盤沈殿物は姉妹スイカとカボチャ(イ・テラ ン)を過度に差別することで怨まれた。 沈殿物 は毎度‘そのこと’を口にして自身の行動を弁 護したがその理由というのが全くでたらめだっ た。年子で娘を産んで戒心(ナ・ムニ)に厳しい 婚家暮らしにあったのとカボチャのためにスイ カがミスコリア本戦に出ることができなかった というのが憎しみの理由. これは3ヶ月の浮気に まで影響を与えてかんしゃく誘発者としての役 割をした。中後半部スイカの役割が拡大した後 には民衆(チョ・ソンハ)と純情(キム・ヒジョン) の葛藤を引き起こすのに一助となってそれこそ 真相キャラクターの歴史を再び書いた。

◆オ・ヒョンギョン、このような女見たことい ません

‘噂になった7公州(王女)’で‘格好よく生 きるのだ’に至るまで文作家はキャラクターの 人生を入れた名づけセンスと克明な善悪構図を 表わして数えた話を展開してきた。そのような 文作家ワールドでもスイカは手に挙げられる程 ものすごい性格の人物で厚かましい(の)では 沈殿物劣らず描写された。毎状況ごとに“私ミ スコリア出てきた女子夜”を叫ぶことで服装を さく烈させるのは基本. カボチャの未来を奪っ ても男と同居するのに全く罪悪感を感じなかっ たし浮気をしても堂々としていた。ここに虚勢 と虚栄に染まって贅沢まで日常行うとかなりの 悪女がある二個ずつ持った面々を皆みな装着し た。より物足りなさが残るのは最後までスイカ の反省がなかったということ。どん詰まりドラ マの魅力は最後のカタルシスで五や視聴者はス イカに限ってはこの感情を感じることができな かった。

◆オ・マンソク、あらかじめ狂ってしまうとこ ろだったよ

名前のように虚勢で染まった3ヶ月(オ・マンソ ク)は‘王家四家族’中盤部の支配者であっ た。劇序盤3ヶ月は鉄はないが沈殿物の非常識 な差別に涙で対抗する暖かい面を持った年下夫 だった。ところで財閥女性ミラン(キム・ユン ギョン)と編集されながら3ヶ月は本性を表わし た。ミランの富を借りながらカボチャとの達し た結婚で自身の人生が変わったと誤認するに 至ったこと。カボチャの呼び掛けにも3ヶ月は 毒舌で一貫した。このような3ヶ月の厚顔無恥 だということと苦しさすら感じたカボチャの対 処はかんしゃく指数を上昇させるのに充分だっ た。しかし3ヶ月はスイカと違った。 ある冬に 下着一枚に捨てられたのに続き野宿生活を転々 とする姿で描写、以後にはないカタルシスをプ レゼントした。

視聴率面白味も報告人気キャラクターもぞろぞ ろ誕生させた‘王家四家族’だが幾度も説明し たようにどん詰まり論議を避けられなかった。 批判と叱責はこのドラマを執拗に追いついた。 今は清浄ドラマが誕生する時だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2014   0 comments   0 trackback
Category :王(ワン)家の家族たち

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11373-15db021a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR