FC2ブログ

清潭洞アリス 16話

最終回。「不思議の国のアリス」のオマージュ。理屈と屁理屈の応酬は退屈で、つまらなかったな(+_+)

スンジョはユンジュから、成功のきっかけになった自分の絵画を高額で買い取ってくれたのが、父だと教えられ驚愕。
父の家に行き、その絵が飾られているのを確認。父の力を借りず成功して父に認められたかったスンジョは、結局セギョンの指摘通り、常に恵まれていたこと、運がよかったこと、父の手のひらの上で踊らされていただけで、実力でのしあがったのではなかったと思い知り、愕然となる。
「セギョンに、お前は私に近づきたいのだと言われた、私もお前に近づこうとしたのだ」という父の言葉も耳に入らない。
また現実から逃避し、殻にこもってしまうスンジョ。

セギョンは心を閉ざし眠り続けるスンジョの元に、改めて自分の気持ちを告げに行く。会長でも秘書でもどっちでもいい、ただスンジョという一人の男性を愛したのだ。だが誰も何も信じられないスンジョは、生きなおすためにもう一度、愛を信じさせてくれ、それを証明してくれと言う。
セギョンは照明なんかできない、と別れを告げる。

ユンジュは自分を利用して再びスンジョ親子会社との事業を契約させようとする夫に愛想をつかし、離婚を申し出る。
財産目当てで結婚したと思っていた夫と義妹はユンジュの決断に驚く。

セギョンは出直すため、新たに面接を受ける。スンジュは自身の会社で新入社員の面接を行っている。
女子志望者がセギョンと重なり、思い出を懐かしむスンジュ。

タミーホンはセギョンにアリスの本当の結末を教える。夢から覚めて終わりではなく、今度はもう一度アリス姉が夢を見る。ただし片目をつむって現実を見ながら居眠りをする。
セギョンは大人だからできること、私ももう夢見る純粋なキャンディとしては生きられないと告げる。

ユンジュと出会ったスンジョは、セギョンに逃げられたと言うが、セギョンは逃げるような子じゃないとユンジュに言われる。
スンジョはセギョンが書き綴ったノートを読んでセギョンの本心を知る。

セギョンの前に現れたスンジョは、「愛を証明する必要なんかない。本気と利用するだけの愛か区別はつかないでしょ。会長として愛したのか秘書として愛したのか、そんなのどっちでもいい。僕も以前のセギョンさんが好きだったのか、演技してた君が好きだったのか、関係ない、今目の前にいるセギョンさんを愛してるんだ」。
愛している、という想いはひとつだと悟った二人は、素直な気持ちで向き合い、抱き合う。
いとおしい気持ちを込めてキスを交わす二人。

余談。結婚を前にスンジョ父は記者会見があるから、用意した二号店店長の地位についてくれ、マンションに住んでくれとセギョン父を説得しようとするが、頑固に拒否するセギョン父。

ユンジュはショップ店員として一から再出発、タミーホンへのセレブ縁談の依頼は途絶え収入は減ったが、二人ともいきいきとした笑顔を見せる。

幸せそうなスンジョとセギョン。
セギョンは思う。
「アリスの本当の終わりは夢から覚めることじゃなかった。アリスは再び眠りにつく。半分目を閉じ、半分不思議の国にいることを信じて。私たちも半分不思議の国にいることを信じる。目が覚めれば現実にもどることを知りながら」。

パクシフしと、ムングニョンちゃんは、とてもよかったわ(#^.^#)
パクシフしのおちゃめにはじけた姿、新たな一面を発見できた作品。二人の競演は貴重。そういう点では意味のあるドラマでした。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2014   0 comments   0 trackback
Category :清潭洞アリス

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11365-08b6bdb5

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR