FC2ブログ

ヨ·ジング

75_2014013108371392f.jpg
去年最も 'ホット'していた新人。 低音の太めなボイスが魅力的であり、本音は太平洋海より深く透明である。 上の人よりも整った姿をしながらも、明るい笑顔を炊くてっきり少年になってしまう。 お姉さんたちの心を、理由もなく罪犯させた怪物のような新人ヨ·ジング(17)だ。

去る2012年MBCドラマ「太陽を抱いた月 'で幼いイフォン(キム·スヒョン)に注目されたヨ·ジングの2013年は順調に行った。 MBCドラマ「会いたい」のハン·ジョンウ(パク·ユチョン)の子役で成人に劣らない豊かな感性演技をして子役全盛時代を開くところで、映画「ホワイト:モンスターを飲み込んだ子供」(以下「ファイア」、チャン·ジュンファン監督)でキム·ユンソク、チャン·ヒョンソン、チョ·ジヌン、キム·ソンギュンを超えるカリスマでスクリーンを飲み込んだ。 彼に「演技の天才」という修飾語は、ここで不慣れではない。

昨年10月に「ホワイト」のインタビューで会ったヨ·ジングとは確かに違っていた。 背も高くて声もより多くのグルジクなったヨ·ジングは、少年ティーを脱いで結構男性に思った。 このような感想を伝えると、最近よく聞く言葉だそうだ。 体だけでなく心も精神もたくさん育ったという。 ただでさえ成長したこの少年、尋常ではないように大きくなっている。 ヨ·ジングに「お兄さんの香り」がぷんぷん漂っていた。


「昨年のファンミーティングをしたが、その後、私のファンのお願いを聞いてくれるコーナーがありました。前のハグや握手、サインを考えていた、本当に思わぬお願いを受けました(笑)。名前を「ヨ·ジング兄さん」と改名してほしいというつもりでした。(笑)。当時は慌てて「努力してみる」と言いましたが、どうしても約束を守るが....(笑)。その時からニックネームが 'ヨ·ジング兄さん」になったと思います。まだそのような話を聞く時は恥ずかしいんですよ(笑)。 "

「ヨ·ジング兄さん 'はそうだった。 お姉さんたちがもたれたいドゥムジクハムさと男らしさが流れた。 特に「ホワイト」でヨ·ジングは格別だった。 制服を着ているが守られたくなる致命的な魅力が爆発したもの。 これからの大人の演技生活を期待させた立役者であった子役ではなく主演で126分を導くことができる底力を見せた作品である。 おかげで昨年の映画賞新人賞は間違いなくヨ·ジングのものになった。 誰も否定することはできない完璧な賞品だった。

「過去2013年には、私に大切な一年でした。「霜花店」(08、ユ·ハ監督)以来、久しぶりの映画を撮った初主演作でも大きな役割を引き受けたんですよ。幸いなことにきれいに見てくれて多くの方の賞賛を受けることができましたし。事実」ホワイト 'の興行はよく信じられないんですよ。ドラマはパーセントという数値で視聴率が出てくる映画は、数百、何人まで正確に出てくるじゃないですか。あまりにも正確で想像するのは難しかったです。本当に感謝しましょう​​。私には大きな経験になりました。 "

第34回青龍映画賞をはじめとする第21回大韓民国文化芸能大賞映画部門男新人賞、第33回韓国映画評論家協会賞男優新人賞など、昨年の新人賞を総なめにした新人ヨ·ジングは、いつものよう謙虚で、また謙虚だった。 子供心に陽気も一ケ所彼はじっくり上の重さに耐えていた。 最近ヤング企協(韓国映画記者協会)主催の第5回今年の映画賞に出席し、最後の新人賞をかき集めた。 それこそ2013年には、ヨ·ジングの年だった。


「プレッシャーはなく、責任感を強く感じしようとしています。負担もしますが、よくやってた苦労したいただいた賞じゃないですか。これからもっと頑張れと準賞だと思う。賞を受けてから多くの方が私に拍手を送ってくださった気持ちが妙ですよ。その時「嬉しい」という考えより、「私は、もう少し力を出さなければならないな」という気がするんですよ。この拍手の音を覚えて疲れる瞬間力を受けようとね(笑)。 "

残念ながら、ヨ·ジングは、自分の初主演作である「ホワイト」を見てい​​なかった。 青少年観覧不可に等級判定がついたから。 「率直に言って見ているようだ」という取材陣のいたずらに "本物はまだ見られなかった」とヘジュクヘジュク笑って見えるヨ·ジング。 もちろん、目にする機会は多かったが、「見たくない」だそうだ。

「「ホワイト」以降はtvN「じゃがいも星2013QR3」の撮影に入って、時間がなかった。目にする機会も提供されて方法もたくさんいた。しかし、少しずつ壊して表示嫌っていた。みんな「一人でこっそり見てください」と言われましたが、最初の映画でもあり、私には特別な作品だと最初から最後まで真剣にアクセスして見てみたい。現場で撮影してモニターもしてアフレコをして私がどんな姿で出てくるかは分かるように分割することによって見ることができる映画ではないと思います。映画館で直接見られなかった物足りなさがあったりするしかし、その後徐々に踏襲しますよ。(笑)」

今までした作品の中で最も難しかったという「ホワイト」。 自分自身に多くの質問を投げかけた作品だそうだ。 説明するのは難しい大人の世界では、豊富な経験が必要な複雑な感情線などの悩みが並大抵ではなかった。 考えれば考えるほど迷宮に陥りがちだったという裏話だ。


「私は読んでも難しかったが、両親もまた読みになるかゴン難しいほど」だったという彼は物足りなさがたくさん残るんだ。 観客は大変完璧だった場面も物足りなだらけだ。 用意したのが100%で表現がない部分もあり、表情もとても気に入らないヨ·ジングだ。 「1年が過ぎた今、よりよくすることができるのか?」という質問に「できなかったシーンは、もっと良いものができる」と目を輝かせた。 欲が普通ではない。

「初めて挑戦するジャンルだった映画の中でとても重要な役割だったじゃない。多くの先輩と監督を介して膨大な作業をしたのです。残念な部分が多いが、大きな挑戦をし、私自身はちょっと満たされます。膨大な経験になったん。一生忘れられない作品になるようです。 " 74_20140131083712b2d.jpg
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2014   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11062-7832bf9e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR