FC2ブログ

'90ライン」パク·シネ·パク·ポヨン·コ·アラ·カン·ソラ...

83_201401300839350f9.jpg
2014年チョンマては明るかった。 1990年生まれの20代前半の女性演技者の活動が目立っている中で、今年最も活発な活躍を見せると予想される1990年生まれのスター、パク·シネ、パク·ボヨンコ·アラカン·ソラの歩みを探ってみた。 美貌と演技力、将来の発展の可能性を見たより「午スター」4人の成績はどうだろうか。

82_20140130084117d55.jpg
国内だけでなく、中国、日本などアジア地域で高い人気を集めているパク·シネは、次世代の「韓流女神」を挙げられる。 /ソルトエンターテイメント提供

◆次世代韓流女神」狙うパク·シネ

清純+セクシーだされている広告の女神、「上の円」で時代劇を狙う

昨年SBS '相続人 - 王冠を使おうとする者、その重さに耐えなさい」で清純美を存分に誇ったパク·シネは、今年最も期待されるスターだ。 美貌と演技力、人気まで備えた次世代スターに数えられる。 安定した演技力でお茶の間を占領したパク·シネは子役のイメージを捨てて、大人の俳優に背伸びする準備を終えた。

彼は次期作で決めたのは、映画「上ワン」。 朝鮮時代を背景に、王の服を作っていた機関である上の円を中心に行われることを描いた。 ハン·ソッキュ固守ユ·ヨンソクなどが出演する「上の円」でパク·シネは王妃に扮する。 昨年'7回お部屋のプレゼント」にカメオで出演したのに続いて、最初の画面の挑戦であるわけだ。 映画関係者は「パク·シネが主演を狙わずに、安全な作品を選択した。東洋的な美貌を備えたパク·シネの演技力が期待される作品だ」と、彼の可能性を占った。

81_20140130084116b1b.jpg
映画「血沸く青春」でイメージ変身を試みたパク·ボヨン。 女性日進に変身した彼の姿が目立つ。/映画ポスター

◆「血沸く」パク·ポヨン、変身が必要なときに!

子供っぽいイメージが毒者の薬、多作で活動半径広げる

映画「血沸く青春」で果敢な演技変身を試みたパク·ポヨンは演技力はしますが、子供っぽいイメージが「毒者約」である。 キャラクターがあっていればシナジー効果を出すことができるが、変身いう曖昧な部分である。 「血沸く青春」もパク·ポヨンの出演を置いて映画関係者たちの間では半信半疑でしたが、結果は悪くなかったという評価だ。 パク·ポヨンは、今年の多作を通じて活動半径を広げる計画だ。

パク·ポヨンは、これまでしてた作品ずつ、着実に作品活動をしたが、悪材料も多かった。 所属事務所紛争に加え、昨年はSBS「ジャングルの法則」の出演を置いて雑音が絶えなかった。 芸能プログラムを通じてイメージ変身を狙っうとした計画が水の泡になったわけだ。 パク·ポヨンは、パク·シネやコアラなどの同年代の俳優よりも関心が低下するスターだ。 視聴者の関心を引き上げることが最も必要である。 パク·ポヨンは今年ドラマと映画を同時攻略しながら活動を広げる計画だ。

パク·ポヨンは<スポーツソウルドットコム>と会った席で「昨年は良くないこともあっても反省もたくさんした。今年は上半期映画一方、下半期のドラマ一編に出演してファンに顔をよく見てもらいたい」と話した。

80.jpg
「応答せよ1994 'に出演したコ·アラは、押し寄せるシナリオを慎重に検討していることが分かった。 /ナムユンホ記者

◆コ·アラ、「擬似」ハロー振り払うノックアウト

独歩的な'女神美貌'、 '擬似'ハロー振り切る次回作に必要

子供の頃は「玉林が」と呼ばコ·アラ。 今名前を忘れてしまったままナジョンがと呼ばれている。 「玉林が」を捨てようと絶えず行われているコ·アラは、今ではtvN「応答せよ1994」のナジョこれを捨てて次期作を慎重に選ばなければならない時だ。 「女神美貌 'を捨てたナジョンが、成功したコ·アラは、むしろ独歩的な美貌を現わした作品を選ぶのもいいこと坪である。

「応答せよ1994」のおかげを見たコ·アラは、押し寄せる次回作のシナリオを検討していることが分かった。 作品と一緒に広告までオファーが殺到しますが、コ·アラ側いざ選択を後にしている。 次回作はこれまで以上に重要だからだ。 「玉林が「ハローを揚げて、打とうと努力したコ·アラは、「ナジョンが「ハローを振り切るの作品を選んでいる。

芸能界関係者は "'応答せよ1994」以来、ジョンウユ·ヨンソクだけでなく、コ·アラにも多くのシナリオが行ったが、慎重に選ぶ様子だ。広告も作品とキャラクターにふさわしいものにしよう検討している」と話した。

79_20140130084114ff7.jpg
カン·ソラがSBSの新しい月火ドラマ「ドクター異邦人」への出演を検討している。 /キムスルギインターン記者

◆カン·ソラ、認知度の重要性

多作が必要なカン·ソラ、代表作に重要である

映画「サニー」(2011年)に名前を知らせたカン·ソラは、着実に作品活動をした。 KBS1「我が家の女たち」(2011年)をはじめ、KBS2「ドリームハイ2」(2012年)映画「パパロチ」(2012年)と、昨年SBS連続ドラマ「ブス注意報」まで休むことなく活動したが、残念ながら記憶に残る作品はない。 もちろん、まだ活動領域を育てている演技者ではあるが、今は記憶に残る作品を残すべき時だ。

今年カン·ソラは、SBS「ドクター異邦人」で活動半径を広げる計画だ。 カン·ソラ側関係者は "出演を提案受けて肯定的に検討している」と明らかにした。 このドラマで引き受けた役割は、胸部外科医であり、理事長の娘である。 カン·ソラは、シックでありながら理知的な姿を見せる予定だ。

放送関係者は "カン·ソラは、同じ年頃の俳優ではなく、落ち着いたイメージのために、連続ドラマや週末ドラマの提案が多かった。しかし、ナイト台の魅力を発散することができる役割を務めることが必要である。ぜひ主演でなくてもイメージに合う配役を見つけて、視聴者の記憶に残る代表作を作る必要がある」と助言した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2014   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/11045-7ce2a544

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR