チョ·インソン日本ファン2000人余りとファンミーティング 'その夏も風が吹いた "

3
"あの夏でも風が吹く。"

俳優チョ·インソン(32)が、季節が変わっても変わらない人気で日本を魅了した。

先月28日、ドラマ "その冬、風が吹く>(脚本ノ·ヒギョン、演出キム·ギュテ)の広報のために日本を訪れたチョ·インソンは、現在のファンの呼応の中に盛況裏に広報活動を行った。28日、日本のホテルで開かれたインタビューでは、朝日新聞、京都新聞、京都新聞など現地の有力メディアを含めて約100ヶ所のメディアが殺到して7時間のインタビューを行った。

続いて次の日の29日、東京渋谷共和党で開かれたドラマプレミアムプロモーションに参加したチョ·インソンは2000人余りのファンたちとの出会いの時間を持った。 この席にはバクジンソン役で出演した俳優キム·ボムとキム·ギュテPDが一緒にして意味を加えた。

彼は劇中キャラクター汚水のファンに説明し、汚水のファッションにも裏話を伝えた。 また、キム·ボムとの裏話、キム·ギュテPDとの縁も明らかにした。

ファンと一緒にギフトイベントでは、ドラマの名場面だった "綿菓子のキス"が再演された。 チョ·インソンは、ファンを後ろから抱きしめてネックレスもかけてくれるなど、忘れられない時間をプレゼントした。

プロモーション関係者は "現地メディアの反応が非常に熱かった。 チョ·インソンは、長い時間のインタビューでも大変な気配なしのスケジュールを消化した "とし、"今回の活動を通じて、韓国代表韓流スターの姿を確認することができた "と雰囲気を伝えた。

ドラマ<その冬、風が吹く "は現在、日本のケーブルチャンネルで放送されており、8月に地上波放送も控えている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く

その冬、風が吹く 3話

「今私の背中を押せば財産は簡単にあなたのものになる」とホームから電車に飛び込む真似をするヨンをとっさに抱きとめた瞬間。
「死にたい女と生きたい男。あまりにも違いすぎる二人なのに、なぜだろう、俺がヨンと同じに思えた。俺がヨンを意識し始めた一瞬だった」と思うオス。

自分なら押してたのになぜ助けたのか尋ねるヨンに、「死にたくても生きなきゃ」と言うと「死にたいと思ったことある?」と聞かれ、元カノの死を思い出すス。
「たった一人の妹に死にたいと言われ、今死にたい気持ちになったよ。目のことを気にかけなかった自分が悪かった」とヨンに謝る。

食事を強要するワン秘書と食べなくていいというス。ワン秘書は「あなたはただの客。私は長年仕えた法定代理人」と立場の違いを強調するが、ヨンはその場で弁護士に電話をして「確認です。私が言えば法定代理人は変えられるのね」とあてつける。ただの使用人だとワン秘書を見下すヨンにジンソンは「きつい女だ」とあきれるが、悪人から巻き上げる方がいいと言うス。

スはヨンから課題を与えられる。信じてほしければ自分たちが別れるときに、今度会ったら持ってきてあげると約束してくれたものを持ってきてと言う。
声からスが一年前に会った、兄とは別の人物だと感づいたらしい。
「信じてもらうためならなんでもする」とスは答える。

ヨン婚約者がスを偽物と疑いDNA検査をすると察知したジンソン。住んでいた部屋にとってあったヨン実兄の遺品の中から苦労して歯ブラシやひげそりを探しだし、なんとか婚約者の持つオスのそれと取り換えようと苦戦。
果たしてうまくいったのか。

ヨンは遺言状を書き換えるとチャン弁護士を呼ぶ。
自分が死んだら全財産を兄にというヨンに恨み言を言うワン秘書。「母親がわりのつもりで、めんどうみてきたのに、ただの父親の愛人でしかなかった?」
ヨンはだんだん怒りがこみ上げ「あなたが有能なのは知ってる。あなたなしでは何もできない私は無能。私を無能にしたのはあなただということも知ってる。」と言い始める。
「パパが自然死ですって?私は脳腫瘍で目が見えないですって?そんなことを信じるとでも思ってるの?」と大きな声になるヨンの言葉を聞きつけるス。
「ヨンが脳腫瘍・・・・?」
初めて知って驚くス。

ジンソンは夜、灯りがつていることを察知して電気を消して回るヨンを見つけ、目が見えているとスに告げる。
信じないスだが、夜な夜な屋敷のどこかへ向かうヨンを怪しみ、あとをつけると温室の中に消えていくヨン。
ヨンが出て行ったあともぐりこむとその奥に部屋があり、ヨンたちが幼い日のフィルムが残されていた。
それを映して子供のころのあどけないヨンの姿に思わず笑みがこぼれるス。

ところが風鈴を忘れてきたと気づいたヨンが温室に戻ってくる。あわてて隠れるスだがヨンは気配を察し、「そこにいるのは誰?」と声をかける。

・・・・・周りにいるのはみんなお金目当ての連中。ワン秘書はその最たる人物。誰も信用できない中で育ったヨンはひねくれて当然だわ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く

その冬、風が吹く 2話

巨額な借金の取り立てに苦しみ、残虐な取り立てやムチョルに命まで奪われそうになり、死の恐怖を味わったオスは、ヨン兄を探して訪ねてきたチャン弁護士に思わず「覚えていますよ」と答えていた。
オスの偽りの人生の始まり。

弟分のジンソンはオスが生き抜くためと理解し、すぐさま賛成するが、オス元カノの妹で今ではオスを慕って身の回りの世話をしているヒソンは初めは反対する。オスが偽物だと暴露すると抗議。
だが一日中ムチョルに見張られている生活から逃れるためなのだと協力するようになる。
みなでオスの生い立ちを調べ、家族構成、親戚などの略歴を頭に叩き込む。

問題はオスが生前火傷をした傷跡。
案の定、ヨン屋敷でヨンの婚約者ミョンホがオスを胡散臭く眺め、にわかに本物のヨン兄だとは認めず、証拠に火傷の跡を見せろと迫る。
断るオス。そこへジンソンがわざとらしく水をかけ、オスはこれみよがしに上着を脱ぎ、シャツをめくり、自然に皆の目に火傷を見せるように芝居。
痛みにうなりながら自ら熱湯をかけたのだ。

ワン秘書とミョンホは驚き、チャン弁護士は満足そうな表情を浮かべる。
そんなやりとりを遮る冷たい声。
「探しているときには現れず、今頃くるなんて」。ヨンの登場。
「お金がほしいのでしょう」と侮辱するヨン。

オスはヨンが気になるのでイタリアに料理修行に行くのを3か月伸ばすという。
あくる日からヨン家に堂々とやってくるオス。ミョンホが調べてもオスという人物は確かにレストランで働いていた。

オスはヨンがみなと同じ食卓にもつかず、勝手気ままな生活をしていることをとがめる。
プールで泳いでいるヨンに説教をしようとやってくる。「わがままは許されない。」
ところがヨンは「言うことはお金のこと?兄なら別れるときには目が見えていた妹がどうして見えなくなったのか気にならないの?まず一番にそのことを聞いていたわるべきじゃない?」と抗議。
言葉を失うオス。

ヨンは視覚障碍者のサッカーを支援しているらしい。サッカーの試合を見物に行き、一人の選手を呼んで「どうしてみなに頼らないの?サッカーはみんなで協力してするスポーツでしょう」と言う。
その様子を見ているオス。

次にショッピングセンターで子供とぶつかり、コーヒーを子供にかけてしまい、母親からひどく怒られるヨン。
突き飛ばされ転び、杖を手探りで探す。親切な女性が助けに入り、杖を渡そうとするが、奪うようにとってその場から逃げようとするヨン。
転びそうになりその都度手を貸そうとする女性を振り払うヨンは忠告にも関わらず人工池に落ちてしまう。
頑ななヨンに近づけず遠巻きに見ている人の群れをかきわけ「俺の妹です」とオスが助けに来る。
そしてヨンの耳元で「さっき子供には素直に助けを求めろと言っておいて、自分はこのざまか」とささやく。

電車のホームに並んで立っている二人。ヨンは「簡単にお金を手に入れる方法を教えましょうか。このホームから電車に私を突き落とすだけでいい。」
そして走ってくる電車。「ほら今、私を落とせばいいのよ」と自らホームの先に歩いて行く。

・・・・「愛の贈り物」で実に自分勝手で卑怯な不倫夫として、憎たらしいキャラを見事に演じたパクチョンドこと、キムテウさんの存在感がのっけから半端ない。
強烈な印象。このドラマでブレイクしたのがうなずけます。背筋が凍るほどぞっとして怖いです。
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く

その冬、風が吹く 1話

ギャンブラーのオ・スの住む広いマンションには、弟分のジンソンや元恋人の妹、同姓同名のオ・スが出入りしていた。
オ・スは自分は実は財閥の息子だといい、今はイタリアンのシェフをめざし、一流になったときに両親の離婚で生き別れになった父と妹に会いに行くつもり。

目の不自由なヨンは豪壮な屋敷に大企業の総帥である父とワン秘書とともに暮らしていた。父は意識が無くねたきりで酸素マスクにつながれて眠っていた。

会社のために政略結婚をさせられる運命のヨン。
ある日、幼い日に別れ連絡を絶っていた兄が自分あてに手紙を出し続けてきたことを知る。
それを隠していたワン秘書を信じられないヨン。両親の離婚の原因もワン秘書だと思っていた。

一人で兄のくれた手紙の住所にでかけるヨン。応答したオ・スは兄は自分の方ではなくもう一人のオ・スだと言う。
兄が帰るまでマンションの入り口で待ち続けることにしたヨン。
出かけるオスが見つけ、声をかける。ヨンは目が見えないので兄からの手紙を読んでほしいと頼む。
「どんなふうに成長したかな」兄の文章に涙を見せる美しいヨンにひきつけられるように見つめるオス。

オスの恋人ソラはクラブの金を横領。その罪をオスに着せる。そのせいで警察に追われるオス。
ヨンに「兄さんは帰ってくるから」と教えその場から逃げるが、途中でオスを見かけたヨン実兄が何事かとオスを追う。
その途中、車にはねられてしまう。

ヨンの携帯に父が危篤との知らせが入り、道端でタクシーを必死に呼ぶヨンだが、目の前の同じ道路に実の兄オスが転がっているのがわからない。

オスは逮捕されソラの差し金で70億もの横領の罪に問われ1年の刑に服することになる。

一年後出所したオスだが、借金とりたてのムチョルに追われる身。
そのオスの前にヨン父会社の弁護士が現れ、ヨン実兄のオスを探していると言う。
間違われたのをいいことに、今の濡れ衣借金生活から逃れるために、ヨン実兄の身代わりになろうと決意したオス。
「覚えていますか?」と問う弁護士に「覚えています」と答えるのだった。

浮世離れして現実味のない画面。とにかくソンヘギョちゃんが綺麗。
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く

「その冬、風が吹く」ソン・ヘギョ“チョ・インソンとは元々友達だった”

s
MBLAQのメンバーチョンドゥンが優れたビジュアルをアピールした。

先月25日、MBC Dramanet「ネイルサロンパリス」の公式Twitterには「童話の中の王子様」という書き込みと共に1枚の写真が掲載された。

完璧なビジュアルだった。チョンドゥンは王子様を連想させる衣装を着て、磨きのかかった男の魅力をアピールした。微笑ましいルックスと広い肩幅は女心をくすぐるに十分だ。

スタイルの変身も視線を引き付けた。チョンドゥンはアシンメトリーの前髪にゆるいウェーブを入れた。さらに金髪にカラーリングし、色白の肌をさらに引き立たせた。

これを見たネットユーザーは「チョンドゥン、すごくハンサム」「最高」「本当に王子様みたい」「チョンドゥンがネイルの手入れをしてくれたら倒れそう」「前の姿が気になります」「ドラマ、楽しみ」などの反応を示した。

韓国で5月から放送される「ネイルサロンパリス」(脚本:ソン・ミンジ、演出:パク・スチョル)は、有名ネイルサロンを背景にしたネイルアーティストたちの物語を描くラブコメディだ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2013   0 comments   0 trackback
Category :その冬、風が吹く
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR