FC2ブログ

【2019 MAMA】防弾少年団・アップデート・ワイス、ベストダンスパフォーマンス男女グループ賞を受賞



グループ防弾少年団とアップデートワイスがベストダンスパフォーマンス男女グループ賞を受賞した。

4日、日本、名古屋ドームでは「2019 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード)が開催された。

この日防弾少年団とアップデートワイスは、それぞれベストダンスパフォーマンス男女グループ賞を獲得した。

まず、防弾少年団ジミンは「私達のパフォーマンスを責任を負ってくださる先生にも感謝します。現場で苦労してくださるダンサーの皆さんにも感謝申し上げる」とし「常に私たちの穿孔モンルル好きありがとう感謝します。今日、残りの他の方のパフォーマンス、私たちのパフォーマンスも期待たくさんしていただければ」と所感を明らかにした。

アップデートワイスナヨンは振付チームに感謝の気持ちを伝え「今後も、当社のパフォーマンスをたくさん好んで下さるファンの方々のために熱心に踊ったい」と語った。またモモは「今後ワンス皆さんにもっと良いダンスをお見せするようにする」と伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「2019AAA」、チャン・ドンゴン・ゴッドセブン・トゥワイス・レッドベルベット・セブンティーン対象栄光[総合]



2019 Asia Artist Awards in Vietnam(2019、アジアのアーティストアワードであるベトナム)

チャン・ドンゴン、たてセブン、ツリーワイス、赤ベルベット、セブンティーン/写真=スターニュース

俳優チャン・ドンゴン、GOT7(ゴッドセブン)、ツリーワイス、赤ベルベット、セブンティーンが「2019 Asia Artist Awards in Vietnam」で大賞の栄誉を獲得した。

26日午後7時(現地時間)、ベトナムハノイミディン国立競技場で世界初の歌手、俳優統合授賞式」2019 Asia Artist Awards in Vietnam」(組織委員長の朴ジュンチョル、以下「2019 AAA」)が開催された。イトゥク(スーパージュニア)、イムジヨン、アンヒョソプ、ナンシー(ももランド)がMCを引き受けて授賞式を進行した。

20191127083515eb7.jpeg

イトゥク、イムジヨン、ナンシー、アンヒョソプ/写真=ギボム記者


「2019 AAA」には、ベトナムで初めて開かれる大規模な韓流授賞式だ。ベトナム最大規模のスポーツ競技場であり、代表スポーツコンプレックス中核施設として数えられるハノイミディン国立競技場には3万人のファンが大挙集まっ競技場を埋め尽くした。歌手18チーム、俳優8人など超豪華ラインナップでグローバル授賞式「AAA」の威厳を誇った。

この日先にtvNドラマ「アス月クロニクル」で演技変身に成功して大衆に大きな反響を得たチャン・ドンゴンと韓国だけでなく、グローバルスターとしての地位を固めているたてセブン、ツリーワイス、赤のベルベット、セブンティーンが受賞した。

チャン・ドンゴンは、大賞受賞者に呼称された後、特有の品格ある魅力的舞台に立った。観客たちの熱い歓呼と拍手でお祝いを受けた彼は、「「アス月クロニクル」を愛してくださったすべての方々に感謝する」とし「この作品は、すべての容易ではない挑戦だったが、今日が異なる大きな慰めになりそうだ」と話した。

続いて「私たちはすべての良い姿がある反面、大変な点も抱えて生きることだ。挫折せずに乗り越えくださる応援していたい」とし「最後にこの場を作ってくださったスターニュース関係者の方々にも感謝する」と意味のある受賞の感想を伝えて現場にいた観客、Kポップスターと俳優たち皆を感動させた。

GOT7はこの席に立つ栄光をファンに向けた。GOT7は「恋人鳥に心から感謝します。いつの間にか10年車になったが赤ちゃんの鳥が作ってくれた上だと思う」とし「これから頑張って、常に変わらない」とファンに感謝の気持ちを伝えた。続いてメンバージニョンが「2019年の多く寒かったしてあったようだ。このように良い上受け、この力を後輩の皆さんとよく分け、2020年には、暖かい日がたら良いだろう」と言って後輩歌手たちに拍手を受けた。

アップデートワイスは、「この賞を受けると歌手を夢見てデビューした時間が過ぎ去るようだ。時間が経つにつれ、横にある人々の大切さを感じている。ワンス方々 、スタッフの方々に感謝申し上げる。時間が経つ収録健康になるアップデートワイスになる」と感謝する心を込めた所感を伝えた。また、モモは、「不足している私たちに大きな賞ありがとうございある。今日一緒にしていなかったミナ姉も心だけは一緒にしていると考えている。デビュー1500日迎えたが、今日のターゲットはワンス方差し上げる」と付け加えた。

レッドベルベットは「コンサートの時私達がファンにした言葉が「常に幸せだけ与える舞台をお見せ」であった。とても感謝し、良い関係を発展させていくレッドベルベットが良い。デビューして初めて受ける対象だこれから熱心にしてもいい歌と舞台で報いて差し上げる"としながら、今後も示す幸せな舞台をお待たせしました。

セブンティーンは「歌手としてとても重み深い賞をセブンティーンという名前で受けることができて光栄です。良い上与えられたAAAとスターニュースに感謝する」と受賞の感想を述べた。続いて「私達を大きく輝かせてくださったカラットの方々も感謝する。セブンティーンは、アルバムを直接作る歌手なのに、私たちにも素敵な賞をいただき、より嬉しい」と、グローバルファンに感謝の気持ちを伝えた。

大賞受賞者に加えて、各部門の受賞者は、登場するだけで、観客たちの熱い歓声を引き出した。

20191127083515261.jpeg

/写真=スターニュース


イムユンア、パク・ミニョン、イ・グァンス、イムジヨン、ジョンヘイン、チェ・シウォン、アンヒョソプ、イジョンなど俳優たちはKポップスターとは別の存在感を現わしながら、現地のファンをときめくようにした。品位と魅力、機知に加えて受賞所感リレーは印象深かった。

2019112708351551a.jpeg

スーパージュニア、今月の女の子、(女性)子供、ももランド/写真=スターニュース


グローバルKポップスターらの派手なパフォーマンスが込められた舞台は3万人の観客が一緒にする意味深い時間だった。誰一人見逃したくないファンはKポップスターたちの登場するたびに、ハノイが揺れること歓声を吐き出した。スーパージュニア、ジーコ、赤ベルベット、ニューイースト、河川ダニエル、清河、セブンティーン、ももランド、ストレイキッズ、今月の女の子、AB6IX、トゥモロー・バイ・トゥゲザー、ITZY、スヌポ、同キッズのヒット曲がミディン競技場に響き渡るたびに観客が「Kポップ」のファンで団結して一緒に歌を歌う珍しい風景が出ていた。

華やかなラインナップにいつもよりベトナムを熱くした「2019年AAA」。アジアを越えて世界的な賞の面貌をもう一度立証した。

一方、「2019 AAA」は、グローバルエンターテイメントメディアスターニュース(STARNEWS)が主催、ベトナムの南東メディア、FPTポリテクニック(FPT POLYTECHNIC)、およびAAA組織委員会が主管した。

◆「2019 AAA」部門の受賞者

▶対象=チャン・ドンゴン(俳優)、GOT7、ツリーワイス、赤ベルベット、セブンティーン(歌手)

▶ベストアーティスト=ジーコ(歌手)、イムユンア、パク・ミニョン(俳優)

▶トップ・オブ・K-POPレコード=スーパージュニア

▶ベストアクター=チ・チャンウク

▶ベストミュージシャン=ニューイースト

▶ベストケイカルチャー=ゴッドセブン(歌手)、イ・グァンス(俳優)

▶ベスト叔母な=川ダニエル(歌手)、イムジヨン(俳優)

▶ベストアイコン=求める、セブンティーン(歌手)、ジョンヘイン、チェ・シウォン(俳優)

▶チョイス=ももランド(歌手)、アンヒョソプ、イジョン(俳優)

▶スター15人気賞=カンダニエル(ソロ)、ストレイキッズ(男グループ)、今月の少女(女性グループ)

▶ベストソーシャルアーティスト=セブンティーン、ツリーワイス(歌手)、イムユンア(俳優)

▶ベストプロデューサー=ジーコ

▶ベスト、ベトナムアーティスト=ビッグプオン(歌手)、クオクチュオン、バオタイン(俳優)

▶アジアセレブ=レッドベルベット、ニューイースト(歌手)、チ・チャンウク、パク・ミニョン(俳優)

▶AAA X南東メディアFPTポリテクニック人気賞=スーパージュニア(歌手)、セフン、ソン・ジヒョ(俳優)

▶新・スティラー=イ・グァンス、イジョン

▶溝= (女性)子供、ストレイキッズ

▶新人= AB6IX、トゥモロー・バイ・トゥゲザー、ITZY(歌手)、翁声優(俳優)

▶ポテンシャル=川ダニエル、スヌポ(歌手)、ジョンヘイン(俳優)

▶フォーカス=同キッズ、今月の少女(歌手)、イ・ジョンウン(俳優)

ハノイ(ベトナム)= AAA特別とる ただし
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「グラミー」ノミネート不発... BTS、「AMA」線3冠王



グループ防弾少年団が米国の権威ある大衆音楽授賞式である「アメリカン・ミュージック・アワード」で3冠王を占めて韓国歌謡史にもう一つの快挙を記録した。

防弾少年団は24日(現地時間)、米国ロサンゼルスマイクロソフトシアターで行われた2019 AMAs授賞式で「フェイバリットデュオオアグループ-ポップ/ロック」と「ツアー・オブ・ザ・イヤー」「フェイバリットソーシャルアーティスト」の3つの部門の受賞者で呼称された。ビルボード・ミュージック・アワード、グラミーミュージックアワードと一緒に米国の3大音楽賞に選ばれるAMAsで昨年に続き2年連続で受賞した。

防弾少年団は、授賞式に出席していないが受賞所感映像を送信ファンに感謝を表した。

映像で政局は「感謝する。このように重要で意味のある賞を受けて本当に光栄だ」と語った。RMは「BTSが6年半の間、グループとして活動し、私たちの多くの夢が現実になされ、これはすべてを可能にしてくれたのは、アミ(防弾少年団ファン)の皆さん」と述べた。

先にグループ防弾少年団の米国グラミーアワードノミネートが今年も行われず議論が起こった。

グラミーアワードを主催する米国レコード芸術科学アカデミー(NARAS)は、来年1月26日(以下、現地時間)LAステイプルスセンターで開かれる第62回グラミーアワード(Grammy Awards)の84部門にノミネートリストを20日発表した。

防弾少年団は4月出した「マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ」(MAP OF THE SOUL:PERSONA)で「ベストポップデュオ/グループ・パフォーマンス」や「新人賞」(The Best new artist)などの部門の候補に上がる可能性が提起さされたが、過去の第61回グラミーアワードに続いて今回も候補リストに入れなかった。

防弾少年団は、去る2月開かれた第61回グラミーアワードで「ベストR&Bアルバム」部門授賞者に出たうえで、最近のレコード芸術科学アカデミーの会員に選ばれるなど、グラミーアワードの挨拶の実績を受けてきたことだし、今回のノミネート不発の物足りなさがさらに大きい。

一部では、グラミーが長い時間の批判受けてきた保守性を今回も克服できなかったという指摘が出た。その間グラミーアワードは、非英語圏の歌手とヒップホップ/ダンスミュージックに排他的であった。昨年、アフリカ系米国ミュージシャン日除けディッシュ感ビーノに主要部門のトロフィーを運転くれ変化の風を予告したが、防弾少年団のグラミーノミネート不発を置いてグラミーアワードの保水性がまた一度イプギルに上がった。

米国の著名な音楽メディア「ローリング・ストーン」は「グラミーが防弾少年団を排斥した「(BTS Are Shut Out of 2020 Grammy Nominations)というタイトルの記事で、「グラミー賞はまだ遅れている」と批判した。

ローリング・ストーンは「防弾少年団は、去る4月に「マップ・オブ・ザ・ソウル:ペルソナ」アルバムにライブアルバム「ホームカミング」を出したビヨンセよりも高いアルバム販売量を記録し、11ヶ月間ビルボードアルバムチャートで三回1位を占めした。このように多くの1位を占めたチームは、ビートルズ以来初めて」とし「しかし、グラミー候補で防弾少年団を発見することができなかった」と指摘した。

続いて「Kポップは、米国の競争相手よりも高い販売高を上げているが、米国の授賞式では、継続して無視されている」とし「米国の聴衆はこれまで以上に多様な音楽を聞く。韓国だけではなく、ナイジェリア、コロンビア、スペイン出身の歌手たちにも魅力的なされている」とし「歴史的に音楽業界は(このような変化を)遅れ受け止めてきたが、今はグローバルに考える視点」と批判した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

防弾少年団「フェイバリットグループ賞」を含む「AMA」3冠 "アミのおかげで可能」(総合)



グループ防弾少年団(RM、ジン、シュガー、ジェイホップ、ジミン、ヴィ、政局)が米国の音楽授賞式「2019アメリカンミュージックアワード(2019 American Music Awards、以下AMA)」で3冠王に上がった。

11月24日(以下韓国時間)、米国ロサンゼルスマイクロソフト劇場で「AMA」が開かれた。今年47回目を迎えた「AMA」は、米国ABCが主管する授賞式で、一年の間に人気を呼んだミュージシャンに賞を授与する行事だ。

防弾少年団は、今回の授賞式で、合計3つの部門の候補に選ばれた。ジョナス・ブラザーズ、パニックアットザディスクと一緒に「Favorite Duo or Group Pop / Rock(フェイバリットデュオ、グループポップ/ロック)」部門で競争したことを皮切りに、アリアナグランデ、ピンク、エドシロン、エルトン・ジョンと一緒に「Tour of the Year(ツアー・オブ・ザ・イヤー)」部門にノミネートされたもの。「Favorite Social Artist(フェイバリットソーシャルアーティスト)」部門の候補リストにもアリアナグランデ、ビリーアイルリ時、ショーン・メンデスなどと一緒に名前を上げた。

防弾少年団は、ノミネートされた3つの部門のトロフィーをすべて獲得した。防弾少年団は、最近発売されたアルバムで、全世界の音楽ファンをひきつけて、アメリカビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」で1位を占めるなど著しい成果を出したの最後に「Favorite Duo or Group Pop / Rock」賞を受賞しした。「Favorite Duo or Group Pop / Rock」は、これまでニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、スパイスガールズ、バックストリートボーイズ、イン・シンク、ブラック・アイド・ピーズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マルーンファイブ、ワンディレクション、イマジン・ドラゴンズ、未ゴスなどがトロフィーを持っていった主要部門である。

防弾少年団は、授賞式の前に撮影した映像を介して「Favorite Duo or Group Pop / Rock」受賞所感を伝えた。政局は「本当に感謝である。重要な意味のある賞を受賞することになって本当に光栄だ」と語った。ジンは、授賞式に直接参加していなかったことについて物足りなさを表わした。RMは、過去6年半の間の活動がアミ(防弾少年団ファン)の愛とサポートのおかげで可能したと「皆さんに受けた愛情に報いるために熱心に活動する」と明らかにした。

世界の各地で大規模なツアーを進行したハイウェー認められた。「Tour of the Year」のトロフィーを胸に抱いたもの。防弾少年団は、最近62回行われたスタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF(ラブ・ユアセルフ:スピークユアセルフ)」を使用して、合計206万人の観客を動員した。

オリジナル表示
2019 American Music Awards公式SNS


これにとどまらず、防弾少年団は、世界のファンたちの強力な支持に支えられ、「Favorite Social Artist」賞2年連続で受賞した。

これ防弾少年団は、2年連続で「AMA」受賞という快挙を成し遂げた。先に防弾少年団は、「2017 AMA」でデビュー4年ぶりにアメリカのTV舞台申告式を行ったし、「2018 AMA」から「Favorite Social Artist」賞を受賞した。

この日対象格」Artist of the Year(アーティスト・オブ・ザ・イヤー)」は、アメリカの歌手のテイラー・スウィフトに帰った。

授賞式不参加にもかかわらず、3つの部門をさらってもう一度強力なグローバルな人気を立証した防弾少年団は、23日と24日、千葉早朝マリンスタジアムで5番目の日本単独ファンミーティングの砲門を華やかに開いた。帰国後、11月30日、ソウル九老区ゴチョクスカイドームで開催される「MMA 2019(メロンミュージックアワード2019)」に参加する。

続いて12月4日、日本名古屋ドームで行われる「2019 Mnet Asian Music Awards(2019 MAMA)」、6日、米国カリフォルニア州イングルウッドよりフォーラムで開催される「子供ハートラジオジングルボール(iHeartRadio Jingle Ball)」、25日、ソウル九老区ゴチョクスカイドームで開かれる「2019 SBS歌謡大戦」、26日一山KINTEXで開催される「2019 KBS歌謡大祝祭」に出演する。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

チョン・ウソン、イ・ジョンジェと一緒に受賞の喜び... 「トロフィーのように輝いた友情」



俳優チョン・ウソンが「親しい」イ・ジョンジェと青龍映画賞主演男優賞受賞の喜びを分かち合った。

チョン・ウソンは23日、自身のインスタグラムにイ・ジョンジェと一緒に撮った写真を掲載した。

写真の中にチョン・ウソンとイ・ジョンジェが一つのトロフィーを持って明るい微笑を浮かべている姿が入れられた。二人は特別なビジュアルを誇ったのはもちろんのこと、変わらない友情を認証して温かさをかもし出した。

これら持っているトロフィーはチョン・ウソンが21日に開催された第40回青龍映画賞で、映画「証人」として主演男優賞を受賞したのだ。当時チョン・ウソンは受賞所感を言っ "一緒に喜んでくれるだろう」とイ・ジョンジェを言及して目を引いた。

チョン・ウソンとイ・ジョンジェは映画「太陽はない」と縁を結んだ後、芸能界の代表的な「親友」のスターになった。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR