FC2ブログ

"映画俳優、存在理由"黄金撮影賞「対象」チョン・ウソンの価値



俳優チョン・ウソンが第39回黄金撮影上映話題の授賞式で演技大賞を受賞した。受賞の感想に込められた彼の価値観が多くの人々の心を動かした。

映画「証人」のチョン・ウソンは去る25日、金撮影上映話題賞のステージに上がって大賞受賞者に感想を述べた。「俳優の最初の演技の目撃者はどのように見れば、撮影監督たちですることができる。物静か配慮深い呼吸と視線で俳優たちの真正性あふれるキャラクター駆使のために努力してくださる監督たちに感謝申し上げる」と述べた。

続いて「どのような授賞式でも「スタッフと喜びを共有だろう」とするが、今日は特に金撮影賞といって、現場で一緒に働いて撮影監督を満たすことができるという期待をしながらきた。しかし、多くの方が見えなくて残念だ。受ける人より上を与える撮影監督の祭りになってほしい」と話した。そのダウン骨の感想だった。

そして「チョン・ウソンを一言で表現しようと?」というMCの質問に"映画俳優"と答えた。「映画俳優あのという人の存在理由であり、価値」と「映画という職業を通じて俳優になること、世界の人々と交感し始め、映画の中で私の価値は何であるか悩んで成長してきた」と付け加えた。
201907260826338ec.jpeg

自ら映画俳優だからこそ、自分が存在することができると言う。映画の中で悩んで交感し、また成長すると言う。チョン・ウソンだから頭がうなずくなる、心のこもった感想だ。

所感のようにチョン・ウソンは、映画の中で成長している。対象を抱かせた「証人」でチョン・ウソンは成長する。「証人」という映画が持つメッセージと価値を観客に誰よりもよく伝達した。今まで大衆が知っていた姿を脱いで、いつも新しいことをしようとする彼の努力が「証人」によく入れられた。

先に第55回百想芸術大賞で映画部門大賞を受賞し、「穏当でないことが起こった」と言ったことがあるチョン・ウソン。「映画は時代を映す鏡だと思っている。時代の影に明るい日差しが照らして今後映画という鏡が日常の美しさを保持できる時代がくるように願う"は、彼の風が実現されるほど、この「穏当ではないこと」が相次いで行われている。

チョン・ウソンに対象を抱かせた映画「証人」は、有力な殺人容疑者の無罪を立証しなければなら弁護士スンホが事件現場の唯一の目撃者である自閉症の少女クリアに会いながら広がる話を描いた作品である。チョン・ウソンは劇中の殺人容疑者の弁護士スンホ役を演じ華麗なチョン・ウソンはなく、人間的でありながら気さくなチョン・ウソンの姿を見せた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

チュ・ジフン、椿事映画祭主演男優賞受賞の幸せ "みんなアルラプ"



俳優チュ・ジフンが椿事映画祭主演男優賞受賞の認証ショットを公開した。

チュ・ジフンは18日、自身のインスタグラムに「#椿事映画祭韓国映画100周年記念おりありがとうございますみんなアルラプ」という文と一緒に複数の写真を掲載した。

公開された写真には、チュ・ジフンが椿事映画祭で受信した主演男優賞のトロフィーと一緒に認証ショットを残している姿が収められている。

チュ・ジフンが椿事映画祭主演男優賞受賞の感想を述べた。写真=チュ・ジフンインスタグラム
、特に彼遊び心いっぱいのポーズと幸せな笑顔を浮かべて受賞の喜びを満喫した。

この日、ソウル三成洞コエックスオーディトリアムでは、第24回椿事映画祭が開かれた。

チュ・ジフンは映画「雌雄殺人」で主演男優賞を受賞の栄誉に輝いた。jinaaa@mkculture.com ▶第2回
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

バクジフン・ハン・チェヨン・ジョンホヨン、アジアスター賞を受賞の栄誉[2019アジアモデルアワード総合]



「2019アジアモデルアワード」バクジフンハン・チェヨンジョンホヨンアジアスター賞を受賞写真

「2019アジアモデルアワード」歌手バクジフンと俳優ハン・チェヨン、モデルジョンホヨンが最高のアジアスターに贈られるアジアスター賞を受賞した。

9日午後、ソウル松坡区オリンピック公園オリンピックホールで「2019アジアモデルアワード」が開催された中で進行はソンヘや、ステファニー、ギムイルジュンが引き受けた。

この日の「2019アジアモデルアワード」は、全世界の人気を享受し、モデルとスターらが各国から集まっ授賞式を輝かせた。だけでなく、グループストレイキッズ、(女性)子供、ラブリーズなどのアーティストたちの華やかな公演も多彩な楽しみをプレゼントした。

アジアスター賞歌手部門トロフィーはバクジフンに帰った。舞台に上がったバクジフンは「「2019アジアモデルアワード」招待だけ栄光なのに賞までいただきありがとうございある。会社家族と私たちの家族に心からありがとう」と受賞の感想を述べた。

201906100140532e6.jpeg

「2019アジアモデルアワード」バクジフン祝賀公演写真= MKスポーツチョンジョンファン記者

続いて「私たちのファンに感謝」と「ワーナー員のメンバーは本当に見たいという言葉を必ずしたい」と語った。

アジアスター賞演技者部門のトロフィーは、ハン・チェヨンが胸に抱いた。ハン・チェヨンは「「アジアモデルアワード」第二出席する。二回栄光賞をいただき感謝する。今後も様々な作品で、役割に良い姿お見せする"と受賞所感を伝えた。

ジョンホヨンはアジアスター賞モデル部門のトロフィーを獲得した。彼は「こんなに良い賞をいただき、感謝します。どうやら海外での活動をしてみるとK-文化の体感が格別だ。私ももっと責任感を持って熱心に、成熟した姿で活動する」と約束した。

2019061001405350a.jpeg

「2019アジアモデルアワード」キム・ミョンスとイグァンリン受賞写真= MKスポーツチョンジョンファン記者

人気スター賞演技者部門は、それぞれキム・ミョンス(エル)とハン・スンヨンが、歌手部門は、グループペンタゴンとラブリーズが受賞した。

キム・ミョンスは「「2019アジアモデルアワード」の舞台に立つことができて光栄だ。関係者の方々とのスピリット(ファン層名)に感謝する。現在KBS2ドラマ「ただ、一つの愛」を撮影中なのに、これからもより一層良い姿お見せする"と受賞所感を明らかにした。

続いて「インフィニット9周年おめでとう!」と叫んで、自分が属しているインフィニットのデビュー9周年を祝った。

人気スター賞演技者女性部門を受賞したハン・スンヨンは「俳優というタイトルがまだ重い。演技者としての賞をいただき感謝する。一生懸命努力すれば、少しでも良い俳優になることができるという希望を持って上を受ける。19歳の時から私を見てくれた会社家族と家族に感謝する」と述べた。

アジア特別賞(中国)の栄誉は、とイグァンリンに帰った。とイグァンリンは「こんなに良い賞をいただき、感謝します。この賞は私だけ熱心にして受ける像ではないようだ。私のために懸命に働いてくださったすべての方々に感謝する」と控えめな受賞所感を伝えた。

2019061001405396c.jpeg

「2019アジアモデルアワード」の栄誉の受賞者の写真= MKスポーツヒスイ映画記者

一方、アジアモデルに関連最大のイベントである「2019アジアモデルフェスティバル・イン・ソウル」は、7日からこの日まで総3日間華やかに繰り広げられた。(社)アジアモデルフェスティバル組織委員会(以下「アーマーペ組織委員会」会長量意識)の主催で14回目を迎える「Asia Model Festival in seoul」は、2006年に開始した、アジアの代表的フェスティバルとしてモデル・ファッション・ビューティー・メイクなどの関連産業、アジアの有名モデルスター、韓流スターを含むアジアのスター、K-popと連携したコンセプトで大衆の大きな呼応の中行われた。

今年開催された「2019アジアモデルフェスティバル」は、文化体育観光部、ソウル観光財団、(社)韓国大衆文化芸術産業総連合の後援で行われた。

以下「2019アジアモデルアワード」受賞者のリスト。

▲ファッショニスタ賞-サムオチュウィリ、呉
▲キッズモデル賞- AHANGYAOLONG、WANG XIN YING、有利な、キム・ドンギュ
▲新人賞-ジュオジェ、ギムソヒェ、ストレイキッズ、(女性)子供
▲人気スター賞-キム・ミョンス、ハン・スンヨン、ペンタゴン、ラブリーズ
▲ライジングスター賞-音解析の、劉、ジクランチ、イスンユン、ギムヒェユン
▲Asia EDM Artist -アーヴィン
▲韓国モデルスター賞-イム・ジュファン、イムジヨン
▲アジア特別賞-とイグァンリン、Wutt Hmone Shweyi、Aidana Medenova
▲アジアスター賞歌手部門-バクジフン
▲アジアスター賞演技者部門-ハン・チェヨン
▲アジアスター賞モデル部門-ジョンホヨン
▲国際文化交流功労賞-人流石デザイナー
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   3 comments   0 trackback
Category :受賞

パルム・ドール受賞ポン・ジュノXソン・ガンホ、今日(27日)錦衣還郷



ポン・ジュノ監督(左)、俳優ソン・ガンホ/ AFPBBNews =ニュース1

第72回カンヌ国際映画祭で映画「寄生虫」でパルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督とソン・ガンホが錦衣還郷する。

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホは27日午後、仁川(インチョン)国際空港を通じて帰国する。

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホは14日から25日までフランスのカンヌで開催された第72回カンヌ国際映画祭に出席した。映画「寄生虫」(監督ポン・ジュノ)が競争部門に公式招請されたため。

ポン・ジュノ監督とソン・ガンホを含む「寄生虫」チームはカンヌ映画祭開幕後5日後にカンヌ現地に飛んでスケジュールを消化した。

「寄生虫」は、カンヌで公開されるやいなや賛辞を受けた。上映後、約8分の間起立拍手が続いた。外信評価も賞賛一色だった。

だけでなく、フランス、ドイツ、英国、米国、中国、タイ、ロシアなど10カ国のメディア評論家の評価を公開するカンヌ国際映画祭レタースクリーンデイリー集計で「寄生虫」は、4点満点で3.4点の最高点を記録した。これは今年のカンヌ競争部門の招待作の評価の中で最も高い。

ソン・ガンホは、一定の変更ポン・ジュノ監督と閉幕式までにした。25日の閉幕式でポン・ジュノ監督は「寄生虫」でパルム・ドールを受賞した。韓国映画100周年に韓国映画史上初めてパルム・ドールを受賞して意味を加えた。

一方、「寄生虫」はギテク(ソン・ガンホの方)はい長男杞憂(チェ・ウシク分)が高額課外面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家に足を踏み入れながら始まった二家族の出会いが抑えられない事件でひろがる話を描いた作品である。韓国では来る30日封切りする。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

韓映画初#満場一致... 「寄生虫」ポン・ジュノ、カンヌ映画祭パルムドール受賞



ポン・ジュノ監督の「寄生虫」が25日午後7時15分(現地時間)、フランスカンヌで開かれた第72回カンヌ国際映画祭(以下カンヌ映画祭)閉幕式で大韓民国映画の歴史で初めてパルム・ドールを受賞する栄光を手にした。

全世界のメディアが見守る中、行われたこの日の閉幕式では、ポン・ジュノ監督は最後に舞台に上がって授賞者の俳優カトリーヌ・ドヌーヴと審査委員長であるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が渡すパルム・ドールを受賞した。審査員満場一致でパルム・ドールを胸に抱いたポン・ジュノ監督は「このような状況を想像してもできなかったので、フランス語の準備をできなかった。フランス語の練習はまともにできないしたが、いつも、フランス映画を見インスピレーションを受けている。子供の頃から私に大きなインスピレーションを与えたアンリ兆ルージュクルー条、クロード・シャブロル二方に感謝申し上げる"と受賞所感を開始した。

続いてボン監督は「「寄生虫」という映画はされるように、大きな映画的な冒険だった。ユニークで新しい映画を作りたかった。その作業を可能にしてくれたのは、私共に数多くのアーティストたちがいるので可能だった、ホンギョンピョ撮影監督、イハジュン、チェセヨン、キム・ソヨン、すべてのアーティストたちに感謝します。そして、多くのアーティストたちが実力発揮することができるようにしてくれた正しい手とCJも感謝する」と述べた。続いて「何よりも「寄生虫」は、偉大な俳優たちがいなかったら出てくることができなかった映画と、この桁に一緒にしてくれた最も偉大な俳優であり、私の仲間である私達ソン・ガンホのコメントをぜひこの場で聴きたい」とソン・ガンホ俳優にマイクを渡した。

この日の閉幕式を一緒に訪れたソン・ガンホは「忍耐と知恵さと情熱を教えてくれた、尊敬する大韓民国すべての俳優の方々が栄光を捧げる」という言葉で、俳優たちに感謝の意を向けた。ソン・ガンホ俳優からマイクを再伝達されたポン・ジュノ監督は「家族に感謝し、私はちょうど12歳で映画監督になることを決心した小心し愚かな映画ファンであった。このトロフィーをそう手に触れることの日が来るとは想像もできなかった。感謝する」と受賞の感想をまとめた。また、続く記者会見でポン・ジュノ監督は「韓国初のパルム・ドールですが、ちょうど今年は韓国映画100周年になるヘヨて、カンヌ映画祭が韓国映画に意味が大きい贈り物を与えたではないかと思われる」と上の意味を刻んだ。

一方、審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は記者会見で「寄生虫」の全会一致パルムドール決定について「「寄生虫」は、非常にユニークな経験だった。私たちの審査員のすべての心を捕らえた。この映画は、予測できない方法で、他のいくつかのジャンルの中で観客を連れて行く。そして韓国を描いた映画が同時に全地球的にも緊急し、私たちのすべての生活の中で関連付けられている、その何を、効率的に楽しく笑わせる話ならない」と伝えた。

「寄生虫」のパルムドール受賞は映画祭期間中、有力な予想された。映画「寄生虫」がフランスの時間に、過去21日午後10時、カンヌ映画祭のメイン上映館であるリュミエール劇場で世界初公開された後、国内外のメディアと評論家と映画関係者たちの好評があふれた。ポン・ジュノ監督特有のジャンルを自由に行き来する演出力と予測不可能の状況の設定、ウィットのある台詞、俳優たちのケミストリーが観客を魅了させたもの。実際、映画の上映直後国内外のメディアは「ポン・ジュノ監督の作品の中で最高の作品」、「現代社会の鋭い洞察を込めた傑作」と賛辞を送っ"ポン・ジュノは、最終的に一つのジャンルになった」と敬意を表した。

実際「寄生虫」は公開直後に、各国のメディアが発表するの評価集計で競争部門進出作の中で最高点を受け受賞期待感を高めた。カンヌ国際映画祭公式デイリー誌「スクリーン・インターナショナル」は、競争作21編のうち、最高点である3.5点(4点満点)を付与した。20カ国の記者と評論家に構成されたアイオンシネマも最高点である4.1点(5点満点)を与えるなど、多数のメディアでトップレベルの評価を記録した。このような熱い反応にヒープられて'寄生虫」は、全世界192カ国に先行販売され、歴代韓国映画最多販売記録を樹立したりした。

ポン・ジュノ監督は、世界最高権威のカンヌ映画祭パルムドール受賞に大韓民国映画の歴史に足跡を残すことになった。その間韓国映画は、2000年イム・グォンテク監督の「春香伝」をはじめとして「寄生虫」を含む全17編の作品がカンヌ映画祭競争部門に招請ドェトオトたが、このうち5本の作品が受賞の栄光を手にした。2002年イム・グォンテク監督の「酔画仙」が監督賞を受けたのを皮切りに、2004年「オールド・ボーイ」(パク・チャヌク監督)が審査員大賞、2007年「密陽」(イ・チャンドン監督)が主演女優賞(チョン・ドヨン)、2009年の映画「コウモリ'(パク・チャヌク監督)が審査員賞、2010年イ・チャンドン監督の「詩」が脚本賞を獲得した。そして映画「寄生虫」がついにパルム・ドールを受賞したのだ。

ポン・ジュノ監督の今回のパルムドール受賞に再び世界が注目する巨匠監督としての面目が証明された。今年のカンヌ映画祭競争部門に招請された作品は、21編。パルム・ドールを一回以上受賞した監督(ジャン・ピエール・ダルデン&リュックダルデン、ケン・ローチ、タランティーノ、テレンスメルリク、アブデルラティフキャシー時)の作品がなんと5編、ここにカーンの寵児慈悲にドルラン、巨匠マルコベルロチオまで。そのそうそうたる名前の中からカーンの選択は、ポン・ジュノだった。ポン・ジュノ監督の受賞は、このような熾烈な競争の中で得た結果と、より貴重だという評価だ。

ポン・ジュノ監督は、2006年の映画「怪物」が監督週間に招待され、カンヌ映画祭と初めての縁を結んだ。オムニバス映画「東京!」(2008年)が「ある視点」に招待されたのに続いてキム・ヘジャ、ウォンビン主演の映画「マザー」(2009)が「ある視点」に戻って招待された。続いて、過去2017年には映画「オクジャ」で初めて競争部門に上がったし、2年目の今年、映画「寄生虫」に相次いで競争部門に進出し、ついに受賞の栄誉を抱くた。

カーンの選択によって、世界の映画界の熱い話題作に浮上した「寄生虫」は、30日に公開されて、国内の観客と会う予定だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR