FC2ブログ

防弾少年団、米「子供ハートラジオ・ミュージック・アワード」2冠王。 "「❤︎アミ」なければ不可能" [公式]



グループ防弾少年団が「子供ハートラジオ・ミュージック・アワード2021(iHeartRadio Music Award 2021)」で2冠王を占めた。

防弾少年団は27日(現地時間)、米国LAドルビー・シアター(Dolby Theatre)で行われた「アイハートラジオ・ミュージック・アワード2021」で、デジタルシングル「Dynamite」で「ベストミュージックビデオ(Best Music Video)」を受賞しており、最高のファン層に与えられる「ベストファンアミ(Best Fan Army)」部門の栄光も抱いた。

防弾少年団がこの授賞式で「ベストミュージックビデオ賞を受けたのは、2020年の「小さなもののための時(Boy With Luv)(Feat。Halsey)」に続き二番目であり、「ベストファンアミ」は2018年から4年連続受賞した。

防弾少年団は、映像を通じて「「ベストミュージックビデオ」と「ベストファンアミ」賞を受けるなんて信じられない。ファンの方々がなければ成し遂げることができなかっただろう」と受賞の感想を述べた。

今回の授賞式では、「Dynamite」の振り付けをしたビッグヒットミュージックのソンソンドゥクパフォーマンスディレクターも「フェイバリットミュージックビデオの振り付け(Favorite Music Video Choreography)」部門を受賞した。防弾少年団は、自分たちの受賞の感想を明らかにしソンソンドゥクパフォーマンスディレクターを向けてもお祝いの挨拶をした。

過去2014年に始まった「アイハートラジオ・ミュージック・アワード」は、米国のオンラインラジオ放送局子供のハートのラジオが主催する授賞式では、防弾少年団は、そうそうたるミュージシャンたちと肩を並べて、グローバルパワーを誇示している。昨年には、毎年、各ジャンルの代表アーティストを招待して「子供のハートラジオ・ミュージック・フェスティバル2020(iHeartRadio Music Festival 2020)」に、アジアの歌手としては唯一参加したことがある。

一方、防弾少年団は21日、全世界同時に発表した新曲「Butter」で各種新記録を立て熱い人気を続けている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2021   0 comments   0 trackback
Category :受賞

今回もユ・アインの口違った




「第57回百想芸術大賞」で映画部門男最優秀演技賞を受けたユ・アインが所感を述べている。主催側提供

「準備俳優'ユ・アインは今回も「準備受賞所感」を出した。

ユ・アインは13日、京畿道高陽市一山KINTEXで開かれた「第57回百想芸術大賞」映画部門男最優秀演技賞を受けた。映画「音もなく」でテイン逆に濃度の濃い演技力を広げた対価だ。

ユ・アインの口にも視線が集められた。ユ・アインは毎授賞式に、落ち着きながら密度の所感で大衆の共感を買ってきた。

壇上に上がったユ・アインは「常に子供の頃から有名になってたくて呼称されてたくて拍手頂きたく、また俳優がされ、誰かの心を動かしたい多くの人物を演じながら自分自身に、自分の名前の前に堂々するが本当に難しい」とと述べた。

続いて「それでも、私を呼んでくださって感動していただく観客の皆さんにすべての栄光と喜びを回し心から感謝申し上げ伝えたい」とし「コロナ19時期を過ぎて個人的に劇場を最も多く訪れた一年でもあった」とした。

それとともにユ・アインは「客席、観客席、一ヶ所、一ヶ所大切さを劇場の中でより大きく感じ、また劇場で繰り広げられる1時間ほど、二時間余り、映画という媒体の力と魔法のような瞬間に再び魅了されてはいた」とした。

「映画が本当に多く難しい時期だ」と言ったユ・アインは「より良い俳優になるために努力する」と感想を仕上げました。

■以下ユ・アインの遡上所感専門

常に子供の頃から有名になってたくて呼称されてたくて拍手頂きたく、また俳優がされは誰かの心を動かしたい

、多くの人物を演じながら、自分自身に自分の名前の前に堂々するが、真難しいだろと思います。

それにもかかわらず、私を呼んでくださって拍手していただいて(常に混乱答えがない瞬間よぎりていくが)、その瞬間を介して心を開いていただいて感動してくださる観客の皆さんにすべての栄光と喜びを回し心から感謝申し上げ伝えたいと思います。

本当にありがとうございました申し上げ。コロナ時期を過ぎて、実際には個人的には、劇場を最も多く訪れた一年であったと思います。それとともに、観客一人一人の大切さを客席観客席一堂一堂の大切さを劇場の中でより大きく感じ、また劇場で繰り広げられる一時間余り二時間余り映画という媒体の力と魔法のような瞬間に再び魅了されてはしてい

映画が真多く大変な時期なんです。それでも席で熱心にしてくださるすべてのスタッフの方々 、俳優仲間の方々と先輩たちに感謝である申し上げたいんです。皆さん待っていただければと力を加えていただければ、映画が皆さんに、より多くのものをドリルことができると思います。

より良い俳優になるために努力します。ありがとうございます。
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2021   0 comments   0 trackback
Category :受賞

ユ・ジェソク・イ・ジュンイク、百想芸術大賞の栄誉... 「怪物」の3冠[総合]



「第57回百想芸術大賞」ユ・ジェソク・イ・ジュンイク大賞
ユアイン、前縦書き・シン・ハギュン・ソヨン最優秀賞

今年30周年を迎えた放送ユ・ジェソク、映画「ジャサンオボ」のイ・ジュンイク監督が第57回百想芸術大賞のトロフィーを持ち上げた。

去る13日放送シン・ドンヨプ、歌手兼俳優スジの進行に京畿道高陽市一山KINTEXで開かれた第57回百想芸術大賞授賞式でユ・ジェソクがTV部門、イ・ジュンイク監督が映画部門大賞を受けた。JTBCドラマ「怪物」が3冠王、tvN「サイコでもいい」は、2冠王に上がった。

ユ・ジェソクは表彰台に上がって「昨年大きな賞を受け、7年後にお会いしましょとしたが、1年ぶりに推定せずに受けるなって何に感謝の挨拶を伝えなければならないか分からない」と感激した。

続いて「最近私を司会者、MCと多く話すのに私の公開採用コメディアンである。今後は、より喜劇人として多くの笑い上げるように努力する"と所感を明らかにした。

イ・ジュンイク監督は「時代劇をするには、お金がかかります。「ジャサンオボ」のシナリオが出てきたとき、商業的でなく興行に自分なかった。映画にするために製作費を減らさなければなら、その過程で多くの分野の人々が献身を惜しまなかった」と述べた。

彼は「少なくない分量にも友情出演してくれた多くの俳優たちに感謝する」とし「たとえ興行に成功はなかったが、この賞を受けて認められたようだ」と喜びを表した。去る11日死去した「韓国映画界の一番上の兄」イチュンヨンシネ2000の代表を追悼した。

202105140831267b8.jpeg

映画部門作品賞は「三振グループの英語、TOEICの半分」がTV部門作品賞はJTBC '怪物'が占めた。監督賞は「音もなく「ホン議定監督、演出賞は「悪の華」ギムチョルグPDが受賞した。

最優秀演技賞は「星の戦争」だった。最優秀男女演技賞に「音もなく「アイン、「コール」前縦書き、TV部門最優秀演技賞'怪物'シン・ハギュン、「ペントハウス」キム・ソヨンがトロフィーを手にした。

ユ・アインは、故イチュンヨンシネ2000の代表の死亡のニュースを言及して"受賞自体を存分に喜んですることは難しい捺印ような表現が少し難しい」と述べた。

彼は「いつも子供の頃から有名になってたくて、呼名れたい、拍手頂きたく、俳優がされは誰かの心を動かしたかった、そう私を呼んでくださって拍手していただきて感謝する。常に混乱答えがない瞬間がよぎり出たが、その瞬間を介して心を開いていただき、感動してくださる観客の皆さんにすべての栄光を回したい」とあいさつした。

また、「映画が本当に多く難しい時期だ。それでも一生懸命くださるすべてのスタッフ、俳優仲間の方々 、先輩たちに感謝という言葉たい。待っていただければ、多くの力を加えていただければ、映画が皆さんに、より多くのものを与えることだろうと考えている。より良い俳優になるために努力する」と述べた。

前縦書きは2018年の映画「バーニング」でデビューして4年ぶりに映画「コール」で最優秀演技賞の栄誉を抱くた。彼は「大きな賞を与えて感謝している。「コール」の撮影時にしたいこともしてくださったイチュンヒョン監督に感謝します。いつかこんな桁立つと、必ずしたかった言葉がある。何もなかった私を映画することができドアを開けてくれたイ・チャンドン監督に感謝を伝えたい」と話した。

「ペントハウス」悪女千西進で、昨年から視聴者の愛を受けたキム・ソヨンは「この賞を受けてもなるか分からない」とし「シーズン3一生懸命撮っている。(夫)イ・サンウさんと家族に栄光を帰したい」と目頭を赤くした。

シン・ハギュンは一緒に「怪物」を撮影した俳優、制作陣に向かって「最高だったありがたかった」と述べた。彼は「福が多い感じ。まだ延期することができ、多くの愛の中にこのような位置に立つことができて嬉しく幸せである。常に恐ろしく恐ろしく万勇気を持って、より多くの悩みの作品を作ること」と所感を明らかにした。

オジョンセは昨年KBS 2TV「椿咲く頃」に続き、今年tvN「サイコだけど大丈夫」とTV部門賞を相次いで獲得した。キム・ソニョンも昨年tvN「愛の不時着」にTV部門賞を受けたのに続き、今年、映画「三姉妹」で映画部門賞を受けた。

オジョンセは「貴重な賞また受けることになっ」と「カメラの前俳優、カメラの外の人もたくさん下手不足の人なのにそのような部分を満たしてくれる家族に感謝する」とした。

続いて「助演は主演を助ける役割と助ける条を書くその反対だ。主演は分かってよくする助演は主演が助けてくれない、何もできない」と打ち明けた。

オジョンセは「サイコでもいい」に一緒に出演したキム・スヒョン、ソイェジを言及して"ドアガンテ目を見ても胸が困難で笑顔を見ても胸が熱くなる感情で演技した。良い作品、良い人物演技してくれてありがとう。ゴムンヨウン作家もありがたい。 「ストーブリーグ」と、コロナが開始された。終わってんだろうしましたここまできた。我々は、すべて長い「ストーブリーグ」を歩いているところだ。

塩ヘランは「本当にすばらしい。最も感謝する方は、視聴者」と「作品がアクションファンタジーと私一人ですることができない作品だった。私の代わりしたアクション俳優がなかったら...驚異スタッフに本当に感謝している」と挨拶した。

202105140831260e3.jpeg

TV芸能賞イ・スンギとジャンドヨンが並んで受賞した。

イ・スンギは「ユ・ジェソク、シン・ドンヨプ先輩たちと候補となったことだけで嬉しかった」とし「ふと頭が上回るときがあり、胸が上回ることができるよう、常に学ぶ気持ちで熱心にする"と述べた。

ジャンドヨンはユン・ヨジョンのオスカー所感を借りて「私は他の候補者よりも少し運があったようだ」と冗談を言った。

この日セクハラ論議で大衆の雑音に上がったバクナレが授賞者として登場した。シン・ドンヨプは「肉がたくさん落ちた」とし「気持ち苦労ダイエットしたのか」と冗談をした。バクナレはこれ"発汗出る」と述べた。

TV・映画部門新人賞には俳優イドヒョン、パク・ジュヒョン、ホンギョン、チェジョンウンこの栄誉に輝いた。

私生活論議に包まれた書道れるファンの投票で受賞が決定されるティクトク人気賞を受賞したが、この日の授賞式に姿を現さなかった。
以下は、百想芸術大賞受賞者名簿。
▲対象ユ・ジェソク・イ・ジュンイク(映画「ジャサンオボ」)
▲映画部門作品賞「三振グループの英語、TOEICクラス」
▲映画最優秀演技賞アイン(音もなく)前縦書き(コール)
▲映画監督ホン議定(音もなく)
▲映画賞パク・ジョンミン(ただし、悪から旧てください)キム・ソニョン(三姉妹)
▲脚本賞バクジワン(私死んだ日)
▲映画芸術賞チョン・ソンジン・ジョンチョルミン(勝利号、VFX)
▲映画新人監督賞ユン恵みの雨(兄妹の夏の夜)
▲映画新人賞ホンギョン(無実)チェジョンウン(兄妹の夏の夜)
▲TV部門ドラマ作品賞「怪物」(JTBC)
▲TV最優秀演技賞シン・ハギュン(モンスター)キム・ソヨン(ペントハウス)
▲TV演出賞キム・チョルギュ(悪の華)
▲TV教養作品賞」のアーカイブプロジェクト-モダンコリア2」(KBS)
▲TV芸能作品賞「遊ぶ何してるの?」(MBC)
▲TV芸能賞イ・スンギジャンドヨン
▲TV賞オジョンセ(サイコがいい)塩ヘラン(驚異的な噂)
▲TV脚本賞キム・スジン(モンスター)
▲TV芸術上ジョサンギョン(サイコがいい、衣装)
▲TV新人賞イドヒョン(18アゲイン)パク・ジュヒョン(人間の授業)
▲演劇部門百想演劇賞、我々は冗談では(ない)よ(極端ここ当然、劇場・作品)
▲TV演技上チェスンジン(私たちは冗談では(ない)よ)移封連(ハムレット)
▲TV若い演劇賞捧げ新しい(2021大学修学能力試験の統合社会探求領域、作・演出)
▲ティクトク人気賞ギムソンホソイェジ
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2021   0 comments   0 trackback
Category :受賞

ソイェジ、ギムソンホと百想人気賞1位。操縦説∙ガプジル∙学歴偽造疑惑→授賞式に出席するか、[総合]



俳優ソイェジがキム・ジョンヒョン操縦説、学校暴力、学歴偽造疑惑などの議論にもかかわらず57回百想芸術大賞ティクトク人気賞首位を走っている。

先に今日(3日)午前百想芸術大賞事務局は、「5月3日午前11時(韓国時間)から10日午後11時59分までの8日間ティクトク人気賞投票を進行する」と述べた。

57回百想芸術大賞側によると、ティクトク人気賞は、TV・映画部門に上がった候補者の男性35人、女性34人のうち最多得票した男女それぞれ1人が受ける。投票は、グローバルショートフォームモバイル・ビデオ・アプリケーションティクトク(TikTok)アプリで、全世界のユーザーを対象とし、一日に三回無料投票をすることができる。

グローバルファンを対象にした投票であるだけに、競争の候補も少なくない。俳優の候補は旧交換、キム・トユン、ギムソンホ、キム・スヒョン、ギムヨウンデ、キム・ジフン、ナイン場合、ナムユンス、リュ・スヨン、ムンセユン、バクスンジュン、パク・ジョンミン、変ジョン、ソル・ギョング、松江、ソン・ジュンギ、シン・ドンヨプ、シンジョングン、シン・ハギュン、オム・ギジュン、オジョンセ、乳幼児人、ユジェミョン、ユ・ジェソク、イドヒョン、イボングン、イ・スンギ、イ・ジョンジェ、イ・ジュンギ、イフイジュン、ジョセホ、チョ・ジヌン、チェデフン、ホ・ジュノ、ホンギョンある。女優候補はコ・アソン、キム・ソニョン、キム・ソヨン、キム・ソヒョン、キム・スク、キム・ヒョンス、キム・ヘス、ムン・ソリ、バクギュヨウン、バクソイ、パク・ジュヒョン、パク・ハソン、ペ・ジョンオク、ソイェジ、ソン・ウニ、シン・ウンギョン、シンヒェソン、オム・ジウォン、塩ヘランは、例えば修正、トイレ、イソム、イジョン、イ・ジュヨン、ジャンドヨン、チャン・ヨンナム、チャン・ユンジュ、制裁、前縦書き、ジョンスジョン、茶清華、チェソンウン、チェジョンウン、ホンヒョンフイだ。

現在(3日午後19時基準)男1位はギムソンホ5万3千560票、2位はキム・スヒョン2万8千570票、3位はソン・ジュンギ2万5千300ピョダ。女性候補はソイェジが圧倒的である。現在書道れる3万2千820票1位を走っている。この状態であれば、ティクトク人気賞のトロフィーはソイェジが獲得する可能性が高い。ソイェジ続いて2位はシンヒェソン、3位にはキム・ソヒョンが定着した。

その結果を残して、いくつかのインターネットユーザーは果たしてソイェジが57回百想芸術大賞に参加するかどうかの疑問を表わしている。先に書道れる前のボーイフレンドであるキム・ジョンヒョンがMBC「時間」に出演した当時の台本の修正を要求して、相手の女性俳優の少女時代ソヒョンとスキンシップはもちろん、会話も割らないよう強要した事実がばれたから。以後書道れる「ガスライティング論議」に包まれ、彼は出演していた多くの広告会社から損切りをされた。

だけでなく、書道れるスペインの大学の学歴偽造疑惑とガプジル議論なども提起され、俳優のイメージに大きな打撃を受けた。当時の所属事務所ゴールドメダリスト側は「事実無根」という公式立場を発表したが、大衆の怒りと信じられないという反応は、まだ現在進行中の状況である。

57回百想芸術大賞の開催を10日後に控えティクトク人気賞1位の座を維持しているソイェジ。彼の今後の歩みに関心が熱い。

一方、57回百想芸術大賞は、5月13日午後9時からJTBC・JTBC2・JTBC4で同時に中継され、ティクトクもグローバル生中継される。MCはシン・ドンヨプと樹脂が引き受けた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2021   0 comments   0 trackback
Category :受賞

「ユンステイ」イ・ソジン→チェ・ウシク、ユン・ヨジョンアカデミー賞「おめでとうございます」[総合]



tvN「ユンステイ」一同がユン・ヨジョンのアカデミー賞の知らせにお祝いの挨拶をした。

まず、「副社長」イ・ソジンは26日、所属事務所のフックエンターテイメントを通じて「先生もおめでとうございます。既に何度も申し上げたよう私の先生がこの賞を必ずゲットだと思っていたので、前回のお会いしたとき、先生はキムチの汁飲むなんとましたがお祝いの挨拶も直接渡した。健康に帰国すると、会って、先生が楽しんは白ワインとモデルになられたビールを取るまでのように飲むことができるのを待っております。おめでとうございます」と祝った。

総括シェフチョン・ユミは、「先生のオスカー受賞をお祝い申し上げます。韓国俳優最初の先生が受賞いただき、さらに嬉しく誇りに思いました。これからも健康に多くの作品で活動していただきたいと思います。おめでとうございます」と喜びを一緒にした。

課長パク・ソジュンは「先生、受賞おめでとうございます!」ユンステイ」を一緒にする際にも、先生はいつも尊敬な方でした。「セリ」の撮影現場での先生も変わらないショトウルだろうという気がしますので、映画の中のスンジャ祖母が切なくことも、可愛いもしていたようです。今日オスカーを受賞し、心からお祝いしたい、これからも健康願います。もう一度おめでとうございます」と伝えた。

インターンチェ・ウシクは「先生のオスカー助演女優賞を受賞を心からお祝い申し上げます。放送で見守る中でも、誰もが最も望んでまた望ん日だったが、見てもかっとしました。いつも元気で、これからも良い作品で多くの活動をしていただきたいと思います。先生!もう一度受賞おめでとうございます」というメッセージを残した。

ユン・ヨジョンはこの日、「セリ(チョン穂監督)」に韓国俳優初のオスカーを獲得した。ユン・ヨジョンは、最初のハリウッド進出作で初ノミネートで受賞まで成功して韓国映画会社はもちろん、世界の映画会社に新しいマイルストーンを刻んだ。

1958年に開かれ、30回アカデミー賞で助演女優賞を受賞した「サヨナラ」の梅木三好以降63年ぶりに歴代第二アカデミー助演女優賞を受けたアジア俳優という記録も立てた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2021   0 comments   0 trackback
Category :受賞
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR