俳優アン・ジェウク、西日本豪雨の被災者に寄付



俳優アン・ジェウクが17日、西日本を襲った記録的な豪雨による被災者支援のため、大韓赤十字社に寄付金を寄託したことが分かった。

アン・ジェウクは大韓赤十字社の広報大使を務めている。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2018   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

崔康煕(チェ・ガンヒ)→、チョン・ウソン、'難民の日'明らかにした★の先行と心[総合]



崔康煕(チェ・ガンヒ)から丁宇声(チョン・ウソン)まで、'難民の日'を迎え、スターたちが、再度善良な影響力を発揮して和やかさを醸し出している。 

崔康煕(チェ・ガンヒ)は20日、世界難民の日を迎え、'ハッピーエンディンソン'という音源を公開した。これは崔康煕(チェ・ガンヒ)の実の兄であるチェラクギュ氏が作詞、作曲に参加してより大きな意味を加えた。 

これとともに崔康煕(チェ・ガンヒ)は自分のSNSに"難民の日の今日音源が公開された。収益金は全額難民よを助けることに使われる。共感できない痛みのようだ。戦争と孤児、住む所を失った悲しみと恐怖。近くに見ると、いずれも見えるが…。韓国もまた、誰かの助けで立ち上がった。ワールドビジョン。感謝している。私もいい思い出になった"と伝えた。崔康煕(チェ・ガンヒ)は2016年からワールドビジョン広報大使として活動してきた。 

2UN難民機構の親善大使として活動中のチョン・ウソンも同日、自分のSNSに難民村の写真と制球、イエメン、難民申請者関連UN難民機関文書を掲載した。これとともに、彼は"このところは私が昨年末訪問したバングラデシュクトゥパルロン難民村だ。世界最大規模の難民村であるこの場所には依然として数十万人の難民たちが無期限の帰還を待ちながら生きている"と話した。

さらに、"今日は世界難民の日だ。全世界で6850万人の人たちが家を失ったという。このうち1620万人は2017年一年間、家を失った。今日#難民とともにしてほしい。これらに対する理解と連帯で、彼らに希望になってほしい"と付け加えた。 

チョン・ウソンは2014年5月、国連難民機構である韓国代表部の名誉使節に任命され、機構の大衆やメディア広報、募金の活動に積極的に参加している。2015年には、国連難民機構である韓国代表部の親善大使として世界平和のために努力している。 

20180620222319d41.jpg

彼は難民に対するたゆまぬ関心を促している。"七歳になったシリア子供たちは戦争がない世界を知りません"とし、シリア難民の子供たちに対するファンの助けを要請するなど、国際平和に対する所信を明らかにして鑑になったりした。 

もちろん、丁宇声(チョン・ウソン)のこのような発言は、ネチズンたちに極と極の反応を得ている状況だ。現在、済州(チェジュ)にイエメン難民500人余りが入っていて難民収容賛否両論が繰り広げられているため。このうち、丁宇声(チョン・ウソン)の難民関連発言は、時期的に不適切だという反応が少なくない。しかし、チョン・ウソンが今まで見せた先行と心は賞賛して支持する価値があると言う彼らも相当数を占め、甲論乙駁は続くものと見られる。/parkjy@osen.co.kr

Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2018   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

チャン・グンソク、誕生日記念分かち合い写真展を開催…合計約1200万円を寄付へ



俳優チャン・グンソクが、ファンとともに意味の深い誕生日記念式を終えた。

16日、17日の2日間、チャン・グンソクの母校である漢陽(ハニャン)大学オリンピック体育館で、チャン・グンソクの公式ファンクラブが主催した「2018 チャン・グンソク 誕生日記念分かち合い写真展」が開かれた。今年で6年目を迎えた今回の分かち合い展では、合計1億2,652万253ウォン(約1260万円)の心温まる寄付が集まり、約1億2000万ウォンが伝達された。

分かち合い写真展は、過去1年間のチャン・グンソクの活躍を撮影し展示する公式ファンクラブのイベントで、彼に意味のある誕生日プレゼントをしようとするファンたちが募金を集め、写真展の入場料まで加えて寄付に使われる。

イベント初日にはチャン・グンソクがサプライズ訪問し、2000人のファンが殺到した。チャン・グンソクも1000万ウォン(約100万円)を寄付してさらに心温かいムードにし、愛蔵品4点をファンに抽選でプレゼントしたりと、感謝の気持ちを伝えた。それだけでなく、ファンがチャン・グンソクのために準備したサプライズ誕生日パーティーにより、お祭りのような雰囲気がさらに盛り上がり、お祝いの心と寄付への温かい気持ちを集めるものとなった。

募金額のすべては俳優チャン・グンソクの名前で寄付され、援助が必要な場所で大切に使われる予定だ。分かち合い写真展の収益金は、児童の保育施設・南山院、愛のカタツムリ(聴覚障害児の手術支援)、タムウ会(胆道閉鎖症の患者の手術)、愛新園(捨て犬飼料サポート)に寄付される。

チャン・グンソクのファンたちは、2012年にチャン・グンソクの誕生日を記念した「926イベント」を通じて、ファンとチャン・グンソクがそれぞれ926万ウォン(約92万円)ずつ南山院に寄付したことが出発点となり、2013年にもチャン・グンソクとファンがそれぞれ1000万ウォンの合計2000万ウォン(約200万円)を、2014年も、写真展の収益金全額の1620万ウォン(約160万円)を寄付した。続いて2015年に3400万ウォン(約340万円)、2016年に5000万ウォン(約500万円)、2017年にはなんと7500万ウォン(約750万円)が集まって、困窮している人たちを助けるなど、善行を率先して行っている。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2018   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

BTS・ウォノウォン。。事前投票からアイスバケットチャレンジまで'★のフンフン行動'(総合)



アイスバケットチャレンジから事前投票督励までスターたちの温かい行動が目を引く。

先月29日、歌手のシャンが開始したアイスバケットチャレンジに数多くのスターが参加していることをはじめ、前8日と9日の両日間行われた6.13全国地方同時選挙の事前投票でもスターたちが投票を督励する印章の認証ショットを公開した。

このように芸能界でスターたちの積極的な参加は、スターたちが大衆に及ぼす影響力部分で肯定的な役割をしているという評価だ。

アイスバケットチャレンジはルー・ゲーリッグ病(筋萎縮性側索硬化症・ALS)患者たちに対する関心を呼んで寄付金を集めるために、進行されるイベントで、2014年、米国を皮切りに、世界に広がったキャンペーンだ。

ションは、国内初のルー・ゲーリッグ療養病院の建立を目指し多くの関心を督励した。ションがパクボゴムとダニエル・ヘニー、水泳を名指しし、その後、バトンを、それらがバトンを受け継いでいる。以降もアイスバケットチャレンジが活発に行われている。

201806092142296cb.jpg

俳優たちをはじめ、アイドル、お笑い芸人など多様な分野の芸能人がアイスバケットに参加している。

アイスバケットチャレンジ12日目を迎えた今日(9日)もスターたちの参加が続いた。グループB1A4陣営、ムンビョルは、ガールズグループ松ディエナの地目を受けてママムメンバーソーラーとムンビョルがアイスバケットチャレンジに乗り出した。

グループウォノウォンのメンバーたちもアイスバケットチャレンジに参加して話題を集めている。最も先にユンジソンがニュイストゥWレンの地目を受け、アイスバケットチャレンジ参加映像を掲載し、イデフィも一緒にした。

アイスバケットチャレンジだけでなく、事前投票を促す証拠写真も殺到した。多くのスターの率先の行動が多いこれらに、大切な一票を行使することに作る、'善良な影響力'を発揮した。

201806092142299ef.jpg

この8日に続き、9まで、アイユ、防弾少年団RMとジェイホプ、ジミン、シュガー、ウイナーカンスンユン、スーパージュニアのキム・ヒチョル、ジョン・ヒョソン、クォン・ヒョクス、ペク・アヨン、ヨ・ジング、ベクジョンウォンとソ・ユジン夫婦などなど数多くのスターが事前投票を促す証拠写真を公開した。

先立って、イ・ダヒ、イ・スンファン、ハムウンチョン、ソンジェヒチ・ソヨン夫婦、清河、モモランド、ダイヤ、チョン・ウソン、雨、イハヌィ、神宮、スーパージュニアのチェ・シウォン、SBSベソンジェアナウンサー、ジャンイェウォンアナウンサーなどが事前投票督励として話題になった。

また、カン・ホドン、金グラ、金功榛、キム・ジュンヒョン、金台鎬(キム・テホ)PD、ナムヒソク、パク・キョンリム、パクナレ。パクスホン、朴フィスン、シン・ドンヨプ、ヤン・セヒョン、ユセユン、ユ・ジェソク、イ・スグン、李ヒジェ、イム・ハリョン、ジャンドヨン、チョン・ジュンハなどが参加した'613投票して笑うと'プロジェクトが行われている。これらは、投票参加の意味を込めて全員ノーギャランティーで参加したという意味を加えている。/kangsj@osen.co.kr

Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2018   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

"チョン・ウソンからオ・ジホまで"…アイスバケットチャレンジ10日目、熱気はずっと[



写真=オ・ジホインスタ
俳優チョン・ウソンから、呉之湖(オ・ジホ)まで、バケットチャレンジ10日、チャは熱い。

7日湖(オ・ジホ)は自分のインスタグラムを通じて"こんにちは。俳優、呉之湖(オ・ジホ)です。私はバスケットボール選手キムスンヒョンニム名指しでアイスバケットチャレンジに参加するようになりました"とし、動画を掲載した。

公開された動画には氷水をかぶってアイスバケットチャレンジに参加するようになった感想を伝えるオ・ジホの姿が描かれている。多くのネチズンは"とても格好いい"は反応を示し、彼の善行を応援した。最後に、呉之湖(オ・ジホ)は野球選手、朴賛浩(パク・チャンホ)、俳優の金ソンア、俳優の金ミンジェを名指しし、アイスバケット・チャレンジの熱気を継いでいくのだが力を加えた。

アイスバケットチャレンジ10日目を迎えた今日(7日)。依然としてアイスバケットチャレンジは熱かった。 

20180607232952605.jpg

写真=チョン・ウソンインスタ

俳優チョン・ウソンは"地目を受けた際、海外にいたため、すぐ応じなかった"、"24時間以内にアイスバケットチャレンジに参加しなかったために寄付を実行してメッセージを残すことになった"と明らかにして涼やかに水をかぶる、キムスクウン氷、水の代わりに定期後援を約束し、"氷水シャワーの代わりに弱小するが、定期後援を始めようとすること。私と志を共にする方が多くなってやまない"と明らかにして、コメディアンのイ・ヨンジャ、モデルムンカビ、コメディアンユン・ジョンスを名指しした。


Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2018   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR