イ・ミンホ寄付プラットホーム'プロミズ'、社会福祉博覧会で分け前実践

俳優イ・ミンホの寄付プラットホーム‘プロミズ’が社会福祉博覧会に参加して意味深い分かち合いを実践した。

‘プロミズ(PROMIZ)’は去る16日ソウル コエックス同窓広場で開かれた‘2017江南区(カンナムグ)社会福祉博覧会’に参加した。 ‘希望で人生をデザインする’というスローガンの下開かれた今回の社会福祉博覧会は40個余り社会福祉機関および関連団体が参加して社会福祉に対する認識を向上するのに先に立った。

プロミズは直接ブースを運営、子供交通安全教育プログラムと関連イベントを実施した。 これは2015年から進めているプロミズ透明傘キャンペーンの一環だ。 子供たちが雨の道にも安全になれるように特別製作された傘を配布する透明傘プロジェクトを始めたし、2016年には教育部と協業して全国小学校でその領域を拡大した。 この日行事ではクイズとイベント体験を通じて交通安全と透明傘の必要性を知らせた。

ブース参加で認識在庫に先に立つイベントを実施したところで一歩進んでプロミズは博覧会運営スタッフにプロミズ ティシャツ約900余枚を後援したし、現場で販売したプロミズ製品収益金全額は寄付する予定だ。 

プロミズはワールドワイド ブランドで位置づけたイ・ミンホが全世界的に受けている愛を一緒にする分け前に戻そうと2014年直接考案してスタートさせた新概念社会貢献・寄付プラットホームだ。 プロミズ スタート以後水、子供たち、動物など関連キーワードを選定多彩なプロジェクトをリリースしていて、各種救護団体と協約を締結して分け前と愛を実践している。

これに対しイ・ミンホは‘2016年第1回幸せ分かち合い印象(引き上げ、人相)’授賞式で大衆文化芸術分野アーティストで唯一受賞者に選ばれたし、プロミズやはり2年連続‘優しいブランド対象’寄付プラットホーム部門を受賞した。

プロミズ関係者は“意味深い行事に参加して分け前も実践できてうれしいと考える。 今後も子供交通安全と関連したイベントとキャンペーン、多様な分け前活動を持続的に広げていく予定だ。 安全に対してもう一度考えることができる契機になるように願う”と伝えた。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

パク・ヘジン、中貧困児童ためにひっそりと寄付..やはり善行天使

0003616449_001_20170911080342980.jpg
俳優パク・ヘジンが中国で児童貧困退治のための募金運動に参加して温かさをかもし出している。

パク・ヘジンは最近中国で'99公益に日'を迎えて無料昼食基金管理委員会とキューキュー公益ポータルサイトが共に進める‘無料昼食’(難しい子供たちに提供される昼食)募金公益行事にひっそりと1000万ウォンを寄付した事実がファンたちによって知らされて話題になった。

このキャンペーンは中国児童が飢えを免じて元気に成長することができるようにして農村地域子供たちの栄養状態を改善させるのに寄与してきた。

これに対しパク・ヘジンの中国ファンクラブである'海風'が7日から9日まで開かれた'無料昼食’募金行事に出席を申し込むとすぐにこれを知ることになったパク・ヘジンがファンたちの意に参加しようとひっそりと1000万ウォンを共に寄付したこと。

しかし隠れた先行は無料昼食基金管理委員会で寄付に対する電子証書を発行して公開された。 無料昼食基金管理委員会はパク・ヘジンに"無料昼食基金に参加して支持してくださって感謝する。 寄付した金額は公開的に公正で透明な原則下に寄付意志(医師)を実現させるために努力すること"という内容の証書を発行した。

同時にブログに "パク・ヘジンは公益事業に積極的に参加する心暖かいナムシンだ。2018年上半期パク・ヘジンの新しいドラマ'使者(ライオン)'がまもなく放映される。今回の99公益日を迎えて中国児童が飢えを免じて元気に成長することができるように私たち皆力使おう"と明らかにした。

これに対してファンたちは"寄付事実は広く知らしめることが寄付文化拡散に良いと見る" "パク・ヘジンの中国ファンたちもパク・ヘジンに似て寄付に積極的に参加する姿が素晴らしく感じられる"等の意見を伝えて応援した。

国内はもちろん海外でも寄付と奉仕活動に惜しむない関心を傾けているパク・ヘジンは去る4月にも中国ファンクラブ‘海風’が中国西部砂漠化地域改善のために中国録画財団に木520株を寄付するとすぐにファンたちの歩みに参加、木6,000株を追加で寄付するなどファンたちと一緒にする模範的な寄付活動を広げて注目された。

また、去る2011年から7年目傷害児童福祉センターを通じてファン後援活動をして昨年にはパク・ヘジンの寄付金で肝移植手術に成功したファンの便りが伝えられることもした。 この他にも井戸破棄奉仕活動、福祉財団を通した子供たちの学用品および各種物品後援などパク・ヘジンが今年まで中国に寄付した金額は7億ウォンに達する。

先立ってパク・ヘジンは社会福祉分野に貢献することを高く評価受けてソウル特別市長上ボランティアメンバー部門受賞者に選ばれるなど休むない寄付と奉仕活動を広げている。

一方パク・ヘジンは映画'チズインドトゥレプ'撮影を終えて次期作ドラマ‘使者(ライオン)’を準備中だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

コンユ、バザー会収益金7600万ウォン ファンために'寄付'



俳優共コンユがバザー会収益金7600万ウォン余りを寄付した。 

共有所属会社マネジメントの森は4日公式SNSに"実物寄付証書が到着しました。 バザー会に参加された方々、グッズ購入されたすべての方もう一度感謝申し上げます"という文と共に寄付証書写真を掲載した。

写真の中にはマネジメントの森がハングクペキョルビョンオリニジェダンとカトリック大学校病院にそれぞれ4824万620ウォン、2848万6000ウォンを寄付した証書が入れられた。 寄付項目はそれぞれ小児癌子供事業と火憂患右外来診療支援費だ。 

コンユは去る5月ファンたちと一緒にする者ではバザー会を二度進めた。 当時所属会社側は"後援が円滑でなくて適時に治療を受けることができないファンが多いという。 少しでもより多くの患者が適時に正しい治療を受けられるように論議の末に'外来診療費'後援で決めた","重症ファン右のために助けた方が良いと思うという判断の下小児癌治療中である子供の造血幹細胞移植(利殖)費で支援される"と後援意思を明らかにしたことがある。

Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

キム・ジョンファ"亡くなって角膜寄贈したお母さん、人生の価値教えて" 


]俳優キム・ジョンファ歌手遺恩性が先行に先に立っている。

(財)愛儀仗旗寄贈運動本部(以下本部、理事長パク・ジンタク)は去る8月17日水曜日漢南洞(ハンナムドン)のスタジオで俳優キム・ジョンファとCCM作曲家兼歌手であるユ・ウンソン夫婦の‘先限隣’表紙画報撮影を進めた。 今回の撮影はキム・ジョンファ-ユ・ウンソン夫婦の才能寄付に進行された。

愛儀仗旗寄贈運動本部25周年記念コンサートで初めて縁を結ぶことになったキム・ジョンファ-ユ・ウンソン夫婦は2015年本部を通じて共に臓器提供希望登録をした。 遺恩性は“ご両親が臓器提供希望登録をしたので臓器提供に対する関心が自然になった。 何年か前7個の臓器移植が必要な12才叡智の理由に接した後臓器提供に対する考えが深くなった”と話した。

遺恩性は臓器提供希望登録をしながら“妻が一つの心同じ意向で生命を生かす美しい約束である臓器提供希望登録に参加することができるようになってより一層特別で大切だ”と所感を明らかにした。 また、キム・ジョンファさんは亡くなって角膜寄贈を実践したお母さんの姿を思い出させて“お母さんが亡くなって私に大切な遺産を残した。 人生の真の価値が何か、今後生きていく方向を提示して下さったようだ”として“角膜寄贈をなさったお母さんの最後の姿がとても美しかった”と所感を伝えた。 また、最近ユ・ウンソンさんの知人が造血幹細胞を通じて生命を生かした理由を話して生命分け前という大事な価値を再び感じる機会があったと伝えた。

今回の撮影現場ではおしどり夫婦で有名な夫婦らしく愛がいっぱいにじみ出る姿を見せた。 多様な善行を続けている美しい心ぐらい夫婦は暖かい話らと美しい姿を見せて撮影会場を温かくさせたと。

キム・ジョンファ-ユ・ウンソン夫婦が画報撮影した‘先限隣’は本部で発行する臓器提供広報情報誌で臓器提供が必要な患者らと移植(利殖)である、遺族の感動的な理由と希望的なメッセージを含んでいる。 キム・ジョンファ-ユ・ウンソン夫婦の愛情がにじみ出る画報とインタビューは9月に製作される‘先限隣’に公開される。

20170829112939aec.jpg
20170829112939237.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

SUPER JUNIOR シウォン、ベトナムでのボランティア活動の様子を公開“これからも寄り添っていきたい”



SUPER JUNIOR シウォンのベトナム才能寄付(公共の利益のために自身の才能や知識などを無料で提供すること) の様子がキャッチされた。

ユニセフ韓国委員会は8月21日から25日まで、ユニセフの特別代表シウォンと共に訪問したベトナム・ダナンとコントゥムのユニセフ教育現場を公開した。

今回の訪問は、シウォンが除隊後に参加する初めての公式活動で、SMエンターテインメントとユニセフ韓国委員会が共に繰り広げる子ども音楽教育支援プログラム「SMile for U」キャンペーンの一環として行われた。シウォンは訪問期間の間、ダナンとコントゥムの文化芸術学校、幼稚園、中学校および障害のある子供たちのための統合教育支援センターなど、様々な教育現場を訪れ子供たちに会い、音楽を通して希望のメッセージを伝えた。

また、現地でユニセフの教育支援プログラムである「Schools for Asia」映像撮影にも才能寄付として参加した。

少数民族ならびにベトナム疎外地域の子供たちが経験する差別と障害、貧困などの問題にフォーカスを合わせたこの映像は、今後アジアの子供たちの教育支援のための基金募金キャンペーンに多様に使われる予定だ。

ベトナムフィールドトリップボランティア活動を終えたシウォンは「今回の旅を通じて、音楽は世界を一つにすること。私たち皆を笑顔にするということを改めて感じた。SMとユニセフが一緒に努力し、より多くの子供たちがより良い環境で幸せな生活をしてほしいと願い、これからも寄り添っていきたい」と気持ちを伝えた。

シウォンは、2010年からユニセフのキャンペーンを通じて、才能寄付を続けてきたことはもちろん、2015年11月にはユニセフ韓国委員会の特別代表にも任命された。

シウォンの所属事務所であるSMエンターテインメントは、子ども音楽教育支援プログラム「SMile for U」キャンペーンを通じて、ユニセフ韓国委員会と共に2016年からベトナムのハノイ、ダナン、コントゥム地域の5歳~14歳の子供たちに音楽教育を支援しており、3年間で5000人の子供がサポートを受ける予定だ。

20170828131924742.jpg
20170828131924a1b.jpg
20170828131924b36.jpg
20170828131924d4c.jpg
20170828131924a81.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR