ソン・ユリ、愛の弁当キャンペーン進行…"難しい子供たちの話心痛くて"

0001152070_001_20170721081629038.jpg
ソン・ユリが‘愛の弁当’キャンペーンを進める。

ワールドビジョンは休み期間に給食を食べることができなくて食事を抜く脆弱階層児童のために7月13日から8月31日まで全国11個のワールドビジョン事業場内助けが必要な児童35万人に愛の弁当を伝達する。

今回のキャンペーンには俳優ソン・ユリが広報活動に参加してキャンペーンの成功的な進行のための応援のメッセージを伝達する。 ソン・ユリはキャンペーン広報映像出演、ネイバー寄付ポータルhappy beanを通した寄付文化拡散メッセージ伝達など多様なチャネルを通じて多くの人々が分け前活動に参加するのを促している。

俳優ソン・ユリは“忙しいご両親と難しい暮らし向きによりパンやラーメンで飢餓を満たす子供たちの話を聞いて心が痛かった”として“明日の食事を心配する子供たちに栄養いっぱいである一食をプレゼントできるように多くの方の応援と参加お願いする”と伝えた。

一方、俳優ソン・ユリは去る2015年進行されたスヌピ誕生65周年展示を通して作品を寄贈してワールドビジョンとの縁を始めた。 以後、シリア難民児童のための声才能寄付、国内児童病院費後援、海外児童定期後援などワールドビジョンを通した多様な分け前活動に参加している。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

チャ・テヒョン側"ソウル大子供病院に着実に寄付"



俳優チャ・テヒョンが温かい寄付歩みを継続している。 

チャ・テヒョン側関係者は19日日刊スポーツに"ソウル大子供病院に着実に寄付している。 本人が広く知られるのは願わなくて静かに進めた"と明らかにした。 

すでに10余年前からソウル大子供病院に寄付をしてきた。 累積寄付金額が1億ウォンを越えたと分かった。 

チャ・テヒョンは芸能界代表的先行スターだ。 俳優アン・ジェウク、ソ・ユジン、キム・ジョンウンなどと共にタサモ(暖かい人々の集い)を結成して奉仕活動に乗り出すこともした。 

Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

BIGBANGのG-DRAGONの善行が遅れて知られる…こども病院に1億ウォン寄付し話題



BIGBANGのG-DRAGONがソウル大学こども病院に1億ウォン(約1千万円) を寄付していることが分かった。

ソウル大学こども病院側の関係者は本日(11日)、OSENとの取材で「BIGBANGのG-DRAGONが2回に渡って1億ウォンを寄付したという報道はすべて事実だ」と明らかにした。

G-DRAGONは2011年と2012年それぞれ5千万ウォンずつ計1億ウォンを寄付したという。G-DRAGONは病院に寄付したことが知られることを望んでいなかったようだ。関係者も「寄付者が知られることを望まない場合、別途寄付について知らせないほうだ」と明らかにした。

G-DRAGONの寄付は今回が初めてではない。G-DRAGONは昨年自身の誕生日を迎えて、国連難民機関に8180万ウォン(約800万円) を寄付し、ルー・ゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症) 介護病院建設基金として8180万ウォンを寄付し、普段から寄付活動を続けてきた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

'予備新婦'ソン・ヘギョの先行…ソウル大子供病院に1億ウォン喜んで寄付 

来る10月ソン・チュンギとの結婚を発表したトップスターソン・ヘギョがソウル大子供病院に1億ウォンを喜んで寄付した。 

6日ソウル大病院側によればソン・ヘギョは去る5月子供の日をむかえて子供病院に1億ウォンを寄付した。 当時ソン・ヘギョは寄付事実を外部に知らせないことを要請したことが分かった。

ソン・ヘギョは昨年5月KBS 1TVが家庭の月特集で放送したドキュメンタリー'5月、子供たち'にナレーターで参加した縁で今回の寄付をした。 

'5月、子供たち'は生命を威嚇する疾患の前でも子供らしく育つ子供とソウル大子供病院小児緩和医療チームの同行を入れた。 ソン・ヘギョはこのプログラム ナレーションも出演料を受けないで才能寄付で参加した。 

ソン・ヘギョは昨年12月には美しい財団に1億5千万ウォンを寄付したし、海外独立運動遺跡と博物館にハングル案内書を製作して寄贈することを着実に進めるなど普段各種寄付を受け継いできている。 


'予備新婦'ソン・ヘギョの先行…ソウル大子供病院に1億ウォン喜んで寄付 
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

パク・チョルミン、低所得痴呆老人ために4千万ウォン寄付



俳優パク・チョルミンが低所得痴呆老人のための寄付をした。

26日美しい財団側は“パク・チョルミンが低所得痴呆老人のための補助器具支援などに使ってくれとしながら4千万ウォンを寄付した”と知らせた。 パク・チョルミンと美しい財団はこのような内容で‘美しい記憶基金’協約式を結んだ。

10年余り前から痴呆を体験しているお母さんを迎えているパク・チョルミンはその時から痴呆問題に関心を持ってきたと分かった。 昨年お母さんの理由が放送を通じて知らされた後痴呆学会広報大使にも選ばれたパク・チョルミン. 活動費を受けた彼はこれを痴呆老人たちのために使ってくれとしながら全額寄付するように決めた。

特に2006年から12年目美しい財団に定期寄付をしていることでも知らされたパク・チョルミンは“良くて支持している団体と寄付金を増額するたびに楽しくなって楽しい”として“お母さんのおかげで受けたお金だと当然に基金造成をした。 痴呆は個人の能力で克服できない。 私たちの社会と隣がこの問題に関心を持てるように今後も着実に役割をする”と明らかにした。

キム・ヒョン美しい財団分け前事業局長は“自身のお母さんだけでなくすべての痴呆老人たちのために寄付金を出して下さったパク・チョルミンは真の‘国民孝行息子’”として“今回の基金を契機に痴呆問題解決のためにより多くの社会的努力が成り立つのを期待する”と強調した。

Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR