パク・ヘジン、5千万ウォン寄付および煉炭配達…8年目受け継いできた先行 



俳優パク・ヘジンが今年も間違いなく苦しい隣人のために出る。

パク・ヘジンは疎外階層煉炭支給と一人暮しの老人生活必需品補助のために 5000万ウォンを寄付するのに引き続き 11月 16日次期作であるドラマ '使者(ライオン)'のチャン・テユ監督およびスタッフらと共に直接煉炭配達奉仕活動を進める。

2010年から何と 8年目毎年着実に煉炭奉仕活動をしているパク・ヘジンはファンたちはもちろん自身に悪リプライを使った悪リプライヤーとも奉仕に出て大きい手本になったことがある. 昨年には JTBC 'マン ツー マン' 出演俳優およびスタッフらと約 2000枚の煉炭を配達した. 今年は 12月から撮影に突入する '使者(ライオン)' チームと意味深い活動に共にしようと奉仕に出る。

所属会社関係者は "パク・ヘジンさんがますます冷たくなる天気にドラマ撮影が始まる前に急いでほしい提案した. これに対しチャン・テユ監督様も快く賛成して一部寄付に加えて '使者(ライオン)'チームと温かいチームワークで奉仕活動を準備中だ"と伝えた。

煉炭奉仕をはじめとして国内と海外を行き来する各種寄付と奉仕活動で今年ソウル特別市長上ボランティア部門賞を受賞したパク・ヘジンは '先行と寄付のアイコン'と呼ばれる程その間ひっそりと粘り強い寄付と奉仕活動で良く知られている. 開浦洞(ケポドン)、九龍(クリョン)の村、 セウォル号、 子供リハビリ病院建設基金、 慶州(競走、傾注)地震被害復旧基金などで去る 2011年から 6年間合計 17億ウォンを寄付するなど休むない寄付活動を広げている。

特にパク・ヘジンの全世界ファンたちも各自の国でパク・ヘジンの名前で数多くの寄付と奉仕を継続しているペンドムで有名で、 俳優とファンたちの模範的な姿に選ばれている. パク・ヘジンは "私よりさらに熱心に忘れないで奉仕活動をするファンたちに心深く感謝申し上げる. ファンたちの支持が寒い冬を送る私たちの隣人たちに暖かい力になっている"と有り難みを伝えた。

一方、 パク・ヘジンは来る 12月から次期作ドラマ '使者(ライオン)' 撮影にまい進する予定だ。'星から来たあなた' チャン・テユ監督とパク・ヘジンの出会いで最近大きい話題になったこの作品は来年最高期待作に選ばれている。

'使者(ライオン)'でパク・ヘジンは 1人 4役に挑戦、 韓国ドラマ史上類例がなかったキャラクターで視聴者たちと会うことを準備している。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

パク・ヘジン、5千万ウォン寄付および煉炭配達…8年目受け継いできた先行 



俳優パク・ヘジンが今年も間違いなく苦しい隣人のために出る。

パク・ヘジンは疎外階層煉炭支給と一人暮しの老人生活必需品補助のために 5000万ウォンを寄付するのに引き続き 11月 16日次期作であるドラマ '使者(ライオン)'のチャン・テユ監督およびスタッフらと共に直接煉炭配達奉仕活動を進める。

2010年から何と 8年目毎年着実に煉炭奉仕活動をしているパク・ヘジンはファンたちはもちろん自身に悪リプライを使った悪リプライヤーとも奉仕に出て大きい手本になったことがある. 昨年には JTBC 'マン ツー マン' 出演俳優およびスタッフらと約 2000枚の煉炭を配達した. 今年は 12月から撮影に突入する '使者(ライオン)' チームと意味深い活動に共にしようと奉仕に出る。

所属会社関係者は "パク・ヘジンさんがますます冷たくなる天気にドラマ撮影が始まる前に急いでほしい提案した. これに対しチャン・テユ監督様も快く賛成して一部寄付に加えて '使者(ライオン)'チームと温かいチームワークで奉仕活動を準備中だ"と伝えた。

煉炭奉仕をはじめとして国内と海外を行き来する各種寄付と奉仕活動で今年ソウル特別市長上ボランティア部門賞を受賞したパク・ヘジンは '先行と寄付のアイコン'と呼ばれる程その間ひっそりと粘り強い寄付と奉仕活動で良く知られている. 開浦洞(ケポドン)、九龍(クリョン)の村、 セウォル号、 子供リハビリ病院建設基金、 慶州(競走、傾注)地震被害復旧基金などで去る 2011年から 6年間合計 17億ウォンを寄付するなど休むない寄付活動を広げている。

特にパク・ヘジンの全世界ファンたちも各自の国でパク・ヘジンの名前で数多くの寄付と奉仕を継続しているペンドムで有名で、 俳優とファンたちの模範的な姿に選ばれている. パク・ヘジンは "私よりさらに熱心に忘れないで奉仕活動をするファンたちに心深く感謝申し上げる. ファンたちの支持が寒い冬を送る私たちの隣人たちに暖かい力になっている"と有り難みを伝えた。

一方、 パク・ヘジンは来る 12月から次期作ドラマ '使者(ライオン)' 撮影にまい進する予定だ。'星から来たあなた' チャン・テユ監督とパク・ヘジンの出会いで最近大きい話題になったこの作品は来年最高期待作に選ばれている。

'使者(ライオン)'でパク・ヘジンは 1人 4役に挑戦、 韓国ドラマ史上類例がなかったキャラクターで視聴者たちと会うことを準備している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

チャ・インピョ〓シン・エラ、賞金2000万ウォン全額寄付




俳優チャ・インピョが賞金全額を寄付する。

シン・ヨンギュン芸術文化対象側は先月31日開かれた第7回美しい芸術家上授賞式で美しい芸術家上部門を受賞したチャ・インピョ・シン・エラが賞金2000万ウォン全額を恩平(ウンピョン)リハビリ病院新築工事基金で伝達すると明らかにした。

チャ・インピョ・シン・エラ夫婦は愛と奉仕精神を着実に実践してきた先行芸術家夫婦でこの日受賞者に選ばれた。 受賞後チャ・インピョは"上くれて感謝する。 甘受する。 妻が海外で留学中なので一人できた。 事実妻がしろというというまましたので何の所感をするかも知れない。 養子にしろと言うならしてコムペション申し込めと言うならしてしたところこのように大きい賞を受けることになった。 くれる賞金やはり良いところに使えとくれると分かってソウル リハビリ病院建設基金で寄付をする"という所。
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

"心もフン後は"‥ホン・ジョンヒョン、デビュー10周年奉仕活動記念ショット

0003643709_001_20171021192717073.jpg
モデル兼俳優であるホン・ジョンヒョンがファンたちと奉仕活動記念ショットを公開した。

21日である今日、ホンジョン玄銀自身の個人インスタグレムアカウントを通じて“10周年記念奉仕活動. 朝早くからとても苦労多かったです”としながら“とても熱心にして感動. 皆同じく良いことハニ気持ち良い一日でしたね。 ゆっくり休んでくださいクッパム、本当に強固だな、最高だ”欄長文の文と共に写真一枚を掲載した。

公開された写真の中ホンジョン玄銀ファンたちと共に奉仕活動認証ショットをとって満足げな微笑を作ってカメラを見つめていて、ファンと共に特別な奉仕に乗り出した彼の姿が温かさを抱かれた。

これを見た数多くのファンたちは“私もその現場にあったそうです、うれしかったです”、“良いことは共に分ける方法”、“心も美しい私たちの俳優ファイティング”等多様な反応を見せた。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア

チャン・グンソク ファンクラブ、聴覚障碍者ために手術費1000万ウォン寄付[公式]



チャン・グンソク ファンクラブ、聴覚障碍者ために手術費1000万ウォン寄付[公式]

聴覚障碍者支援団体である愛のかたつむりは“俳優チャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’の寄付で医療脆弱階層聴覚障害児童に声をプレゼントすることになった”と明らかにした。

愛のかたつむりによれば今回の支援はチャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’が去る9月に漢南洞(ハンナムドン)プルロスクゥェオで開催した‘チャン・グンソク誕生日記念分け前写真展’の収益金のうち一部を愛のかたつむりのソウルDAY(音をたてる日)キャンペーンに寄付してなされた。

チャン・グンソク公式ファンクラブ‘クリジェイ’は去る2015年と2016年にも経済的に難しい聴覚障害子供の消息を聞いて人工かたつむり観手術費に使ってくれとしながら愛のかたつむりに合計1600万ウォンの寄付金を伝達したことに続き今年にも手術雨とともに言語リハビリ治療費まで1000万ウォンを寄付した。

愛のかたつむりは対象者を選定して来る11月中で聴覚障害子供に人工かたつむり観手術を支援する予定であり、今後1年間言語リハビリ治療費も支援する予定だ。

ファンクラブ関係者は“毎年新生児1000人中2~3人が難聴を持って生まれて、聞くことができなくて人から遠ざかる現実が非常に残念だ”として“人工かたつむり観手術費支援で声を探して熱心に言語リハビリをして世の中でより多くの機会に接して多彩な夢を見ることができる子供で育つように願う”と伝えた。

20171018090326889.jpg
20171018090326ce3.jpg

愛のかたつむりチョ・ヨンウン事務局長は“声を探した子供たちが無限の夢を見ることができる機会を持つということはとても意味あって人生で最も大きい幸福”としながら“今後も‘クリジェイ’をはじめとして社会各界の大いなる関心と助けでより多くの難聴人に人工かたつむり観手術が支援されることを願う”と伝えた。

そうした中でファンクラブ‘クリジェイ’は毎月子神童産(山)と児童養育施設南山(ナムサン)院で奉仕活動をしてきていて毎年チャン・グンソク誕生日イベント‘分け前写真展’を開いて収益金全額を2012年から今年まで5年目引き続き寄付している。 それだけでなく、セウォル号現場奉仕活動など働き手が必要なことができればいつも一肌脱ぐなど分け前を積極的に実践してきた。

愛のかたつむり側は“今後もこのように温かいペンドム文化がより一層広がって持続するように願う”と伝えた。

Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :ボランティア
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR