シンドローム 最終話

とても納得のできるいい終わり方でした(*^^)v地味ながらキャラ設定にぶれがなく骨太なストーリーで秀作だと思います。もちろん医学的論理的には手術中に脳神経を細工して人の運命を左右するなど決して許されないし荒唐無稽なことでしょうけれど、全くの虚構だと知ったうえで医師の傲慢さと謙虚な姿勢を問う意味では面白く視聴できました。

人の生死を操れる自分を神だと信じる、悪魔に魂を売ったテジンの大罪を戒め、これ以上の犠牲者を出さないため妻のウニはわが身を投げ出して自身がテジンの犯罪の証人となるためにテジンに脳腫瘍の手術を行わせるように仕組む。

そのために協力する周囲の人々。ウニとソンジュンの息子ヨウク、テジンの実子ウニョン、父をテジンによって失明させられたヘジョ。長年確執のあったテジン妻ウニ、恋人をとられ汚名を着せられて追放されたソンジュン、ウニとのつながりの道具にされただけで、実は愛されていなかったうえに母に障害を与えられたヨウク、野心のために母とともに捨てられたウニョン、愛する父を盲人にされたヘジョ。
テジンに対するさまざまな恨み、憎悪、復讐心渦巻く中でウニの手術は冷静に行われていく。
ソンジュンはテジンの狙いが人格破壊にあるとみて、操作するつもりの脳神経を特定。手術中のヘジョに伝言。
計画通りテジンには電気メスをすり替えられて渡される。
幾度も確認しあい目で合図を送り合うヨウクたち。

手術が終わりウニは怒りを抑えられないように暴れだす。その姿を満足げに眺めるテジン。
ところがそれはウニのお芝居だった。テジンを油断させ数々の患者の犠牲のうえに成り立つ脳地図を完成させておいてから奪うつもり。
案の定テジンは血を分けたウニョンにその脳地図を託す。テジンが生涯で唯一愛した女性ウニョン母の居場所と引き換えに。しかも脳地図を開くパスワードはウニョン母の名前だった。

ためらいながらもその脳地図をソンジュンに手渡すウニョン。さっそくテジンの罪を追求するソンジュンとウニ。
信じた息子に裏切られたテジン。人体実験という大それた悪行が明るみになれば身の破滅だ。
テジンは覚悟を決めて最後にウニョン母に会いに行く。アルツハイナーに犯され施設に入っているウニョン母はテジンに向けた優しいまなざしと愛情だけは変わっていなかった。
ウニョン母を捨てたときから人間をやめた、それが全ての間違いだったと懺悔するテジンは帰り道に車をトラックに激突させ自殺を図る。

運び込まれたテジンの変わり果てた姿を前にヨウクとウニョン、ヘジョは力を尽くして彼の命を救おうとする。その結果脳死状態。
その哀れな姿を前に様々な感慨にふけり言葉をかけるウニたち。
もともとはウニのテジンへの復讐という私心からはじまったこと。けれどそれは多くの人たちを巻き込みテジンの暴走をくいとめるための壮大な計画になった。
父と信じてきた男に最後にかけられた「私の息子でもなんでもない、お父さんと呼ぶな」と冷たく言われ落ち込むヨウクにヘジョはひとつの提案をする。
ヘジョも父が盲目にされたと知った時テジンを殺したかった、具体的に殺す方法も次々に浮かんだ。
だがそれではテジンと同じ極悪人に堕ちること、そう思いとどまった。

今テジンにさせられるのは、多くの人の運命を狂わせた罪を償わせるため、臓器移植をさせること。
ヘジョからおもいもかけない提案を受け、ヨウクはさっそくテジンのもう一人の息子ウニョンに相談。二人でヘジョの考えを実行することにする。
せめてもの罪滅ぼしに。

「相談してくれてありがとう」「受け入れてくれてありがとう。」テジンというモンスターによって結ばれた息子二人が和解、心を許しあえた感動の場面は胸が熱くなった。

ウニョンは自分の呪われた運命に巻き込みたくなくてヘジョを遠ざけ、そのためにヘジョを必要以上に傷つけたことを謝るが、ヘジョが最後に選んだのはヨウクとともに立派な外科医に成長する道だった。

屈託のないヨウクより屈折し陰のあるウニョン派だった私はそこがちょっと残念。父を失い母が施設にいるウニョンに救いはないもの。
それに、テジンの死によって検察の捜査も中断、ウニョンが脳地図の存在を宙に放ったことでテジンの大罪がうやむやになったのは甘すぎるんじゃないかとも思ったけど。
人の罪をとことん追求せず、自身が歩むべき道正しい道を見つけ自分を信じて進むのがテーマのヒューマニズムドラマとしてはきれいなラストだったのかも。

見応えのある作品でした。



スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2013   0 comments   0 trackback
Category :シンドローム

シンドローム 15,16話

どんどん広まっていく真実。テジンの実子ウヒョンは何も知らずに日の当たる場所にいるヨウクへのひがみから、テジンの秘密、患者で勝手に人体実験を行ったいることをヨウクにばらす。
信じられない思いのヨウクだが証拠として手渡された資料を見て、愕然となる。テジンによってわざと障害を遺された被害者の中には母ウニや愛するヘジョの父の名前があったのだ。
しかもウニはすべて承知したうえで病院の名誉のために黙しているというのだ。
すぐに母のところにかけつけ、事実を確認しようと問いただすヨウク。けれど母は認めない。
次に確信をもって父を責めるが、そこでもとぼけられ、しかもテジンを追い落とすために遠大な計画を立て罠を仕掛けようとしているウニに止められる。今はまだ敵にテジンの罪を知っていることを悟られてはまずいのだ。

誠実な医師として敬愛していた両親に裏切られた思いで混乱したヨウクに更なる試練がふりかかる。ヨウクが診た救急患者が正しい処置を行われないまま亡くなってしまうのだ。
脳よりも心臓の異常の方が深刻なためにヨウクも内科へ回すよう手配していたはずだったが、内科は拒否。
責任を問われたヨウクは院内の委員会にかけられることになる。
その直前、悄然としているヨウクに、なんのタイミングか、母ウニは衝撃を与える発言。

ヨウクがテジンの実子ではなく、母が学生時代から愛している初恋の男性、ソンジュン科長が実の父だというのだ。
衝撃続きのヨウク。委員会にかけられるとき、父と慕ってきたテジンは冷たく無視、実の父だと聞かされたばかりのソンジュンは優しいまなざしをなげかけ肩をたたいて励ます。

委員会では脳外科と内科の責任のなすりあい。結局患者を解剖して直接の死因を突き止めることになる。
ところが傷心のお坊ちゃまヨウクは結果が出る前に、病院を逃げ出し行方をくらましてしまう。
解剖結果は心筋梗塞が死因とわかり、ヨウクに責任は問われないことに。

おせっかいなヘジョはヨウクの居場所を突き止めて連れ戻しに出かける。
説得するヘジョ。
けれどヨウクは病院に戻る気はない、「愛している」と最後の告白をヘジョにしてキスをする。

テジンに距離を置いた方が関係を保てると冷たい扱いを受け始めた愛人麻酔科医師が、テジンに復讐するつもりか、ウヒョンに接近。テジンに近づきたければ同じように人体実験という罪を犯せばいいとささやく。

ウヒョンはどこへ向かうのか。悪魔のささやきに乗って手を汚す道を選ぶのか。
素直に暖かなヘジョの好意を受ければいいのに。

Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2013   0 comments   0 trackback
Category :シンドローム

シンドローム 11、12話

病室を抜け出してふらふらとテジンオッパを捜してさまようウニョン母。妖気漂うその姿にはっとなるヨウク父、テジン。
まぎれもない元恋人、ヒヨンその人だった。テジンをみとめるが、「邪魔してごめんなさい。もう行くわ」と引き下がるヒヨン。テジンはさっそくヒヨンの入院の経緯や現在を調べさせる。
ヒヨンと知り合いだと言うヘジョも手元に置こうと思ったのか、ヘジョが希望するテジンの研究の手伝いを許し、さりげなくヒヨンのことを探る。

ヘジョもヒヨンとテジンの関係を怪しんでいた。ヒヨン自身の口から「私の保護者はテジン院長」と聞いていたのだ。愛するウニョンとその母、テジンの関係が気になるヘジョ。
ウニョンから母親の面倒を任され信頼されたことが嬉しいヘジョだけど、まもなくその信頼はもろくも崩れてしまう。
ヒヨンとウニョンが親子であることを突き止めたテジンはヘジョの存在を利用してその事実をウニョンに突きつける。
ヘジョがしゃべったと思い込まされたウニョンはヘジョに怒り、「君には失望した」とまた冷たく突き放してしまう。

ヘジョの男友達がナイスな助言。「愛する男より、愛される男を選べよ。ヨウクは本気だぞ。苦しめる男よりいたわってくれる人の方が傷つかなくて済む。」いい友達だな~。
こんな友達を持つヘジョは幸せだと思うけど、理性でわかっても、心はウニョンに向かってるのよね。

ヘジョがウニョンを好きだとわかっていてもあきらめるつもりはないヨウク。ヘジョにも「いつか僕を好きになるよ」って楽天的な宣言。
こういう前向きで明るいところがヨウクの取りえね。

ヘジョの盲目の父が病院を訪ねてきたときも、親切に院内を案内するヨウク。父がヘジョのためにこしらえたお弁当をヘジョに食べさせるために、自分の白衣をテーブルクロスがわりに下敷きにしてまで気遣いを見せるヨウクの優しさにヘジョも少し心惹かれてきたみたいね。
ヨウク、もう一息かも。ファイティーン。

誰の仕業かわからなかった、ウニへのテジン不正手術の密告。ウニョンが自らウニに名乗り出る。
深く考えてなかったけど、ウニョンの仕業だったのね、そうだったのね。実父の不正だから見過ごすのか、どうするのかと思っていたけど。
恐ろしいテジンの計画を実の院長であるウニに止めてほしいと願うウニョン。
テジンの施した手術歴を見ていたウニョンは、ヘジョ父がテジンに手術され、その後遺症で失明したと知る。

ヨウクにヘジョ父を紹介され不自由な体を目の当たりにしたウニョンは複雑。
ウニョンが味方に加わったと感じたウニ元彼、ソンジュンは親友である同僚医師にもテジンの恐ろしい計画を明かし、ウニも故意に相貌しつようにされたと話す。
テジンに対抗する勢力が増えていくのか。

テジンはヒヨンのことで頭がいっぱい。昔から献身的に愛されていたらしい。テジンがウニと結婚すると知った時もしょせん自分とは釣り合わないと知っていた、富裕な人に愛されて良かった、と祝福して自ら身を引いたヒヨン。
いつも触っていた巨大サボテンはヒヨンが自分に例えて贈ったものだったのね。
ウニョンが自分の子では?と疑ったテジンはウニョンの髪の毛を手に入れ鑑定を行う。結果はテジンの息子に間違いなかった。
ウニョンを呼び、「知っていたのか、私が父親だと」と問い詰めるのだった。

ヒヨンと再会したテジンは今の地位を守るためにヒヨンを排斥するかと思ったら、脳内地図を作るためにむごい人体実験を繰り返す冷酷なテジンが初めて見せた人間らしい一面。
ヒヨンとの思い出は胸にしまってあったらしく回想して物思いにふけるテジン。ヨウクは実子ではない。もしかしたら実の息子であるウニョンに病院を継がせようと暗躍始めるのかしら。


Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :シンドローム

シンドローム 9,10話

ウニョンのキスは未遂に終わる。ついヘジョのかわいさにひかれそうになるウニョンだったけどすんでのところで自制。ヘジョも酔っぱらって立ったまま眠ちゃったしね(^_^;)
そのまま一緒にはいられないとヘジョを代わりに介抱する助っ人を後輩たちに頼む。ツーショトを見かけ面白くなかったヨウクが当然駆けつけ、二人の関係にやきもきしながらもヘジョをおんぶしてうれしそうに医局に連れ帰り、そのまま付き添ううち、引き込まれるように額にキス。大好きなんだもんね(#^.^#)
でもヘジョの記憶ではウニョンがそばにいてくれたはず。じゃ、キスしたのもウニョン?と浮かれるヘジョ。
ヨウク、哀れ。。。。

なんとなくウキウキでうれしそうなヘジョにウニョンはしかし、厳しい表情で「勘違いするな」とくぎをさす。「はい」と素直に返事するもののあきらかにショックなヘジョ。悲しい片思い。そんな二人を見守るヨウクも切ない。

一方親たちの戦いは続く。ウニはテジンが自分の脳内地図の研究のために患者たちで人体実験を行っている証拠書類を元彼、ヨウクの実父、ソンジュンに見せる。カッとなったソンジュンは公衆の面前でテジンを殴りつける。
わけがわからないながらも冷静に受け止めるテジン。
病院内ではVIPの手術をテジンが行うことに嫉妬したソンジュンが怒ったすえにはたらいた暴行だと噂される。
親のことでつらいだろうとヘジョはヨウクを慰める。
あくまでも同僚として。

VIPの難しい大動脈瘤の手術をこなしたテジンはますます調子に乗る。パーティーにウニを伴うとき「私の妻にふさわしい上品ないでたちをしろ」と命じるけど、テジンの愛人は超下品な女医ですけど。
あんな性悪を愛人にしておきながら妻に貞淑を求めるなんてね。

介抱のお礼にコーヒーをおごるヘジョに外で飲もうと屋上に誘うウニョン。その言葉だけでうれしいヘジョは、振り出した雪から守るために自分の白衣を抜いで着せかけてくれた優しさを見せるウニョンに「部下だから優しいんですか?勘違いしちゃだめですか?」ともう一度告白。
けれどヘジョの気持ちを受け止められないウニョン。
なぜなら、テジンの捨てられた恋人で今はアルツハイマーで自分をテジンと思い込んでいる哀れな母のことがあるから。恋に浮かれてる余裕はないと自分をいましめているのよね。

そんな母が自殺行為をはかったとウニョンの携帯に連絡があるが代わりに出たヘジョが自分たちの病院に入院させ、そのことでウニョンをひどく怒らせてしまう。
「勝手なことするな。干渉するな」。ウニョンとテジンの関係など知らないヘジョはよかれと思ってしたことで逆にウニョンと距離が離れたことが悲しい。
ヨウクは思い切ってヘジョに告白するつもりで彼女を捜すと落ち込んでいるヘジョを見つける。
「勘違いしても干渉してもいけないのに、おせっかいして怒らせちゃった」と涙をこぼすヘジョ。

そんな二人に医局のベッドで寝てもいいと許可がおりて、二段ベッドの上下に寝ると知ったヨウクは男女が一緒だと気まずいだろうとヘジョのために気を利かせたつもりでピンクのカーテンをとりつけるが、ヘジョは気に入らない。
あわててブルーにつけかえるヨウク。
内緒で支度したヨウクは否定したけど、ヘジョはヨウクのしわざだとわかって感謝。
コーヒーをおごって話すうちに「あなたはなんでも簡単そう。興味を持つのも手に入れるののも捨てるのも」と恵まれたヨウクの環境をうらやましがる。ヨウクはいいタイミングとばかり「君のことだけは簡単じゃない。君が好きだから。君は?」と愛の告白。
ウニョンに片思い真っ盛りのヘジョは「ごめん。ただの同期でいたい」と謝る。でも根っからのおぼっちゃまのヨウクは楽天的に「いつか君の方からただの同期じゃいやって言ってくるさ」と動じない。

入院していたウニョン母は意識を取り戻すと愛するテジンの姿を求めて院長室のフロアーをうろうろ。
そんな彼女を怪しんで見つめるうちテジンは彼女を誰か思い出した様子で驚愕の表情を浮かべる。母を捜してその二人の場所にちかづくウニョン。

テジンは彼女をどうするかしら。残虐な彼が何か手を下しはしないかと心配だわ。

ヘジョに惹かれながらもぐっと抑えて我慢するウニョンのつらさが伝わってきて胸が痛い。ヘジョの知らないところでヨウクがウニョンに「彼女をもてあそばないでください、彼女を好きだから」と宣言し、ウニョンもまた「そんな気持ちで人に近づくことはない。勘違いするな」といさめる。完全片思いだと思っているヘジョが知ったら複雑でしょうけど、幸せかも。
最後にはウニョンの心からの笑顔を見せてほしいわ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2012   0 comments   0 trackback
Category :シンドローム

シンドローム7、8話

誤解をといて和解したヘジョとヨウク。いいムードになっていくのかと期待していたら。
クールを装っているのに何かと自分に親切にしてくれるウンヒョンを好きになってしまったらしいヘジョ。
ラストーンは飲み会の後、夜の舗道でウンヒョクに甘え告白しキスをせがむように向けた顔に引き込まれるように近づくウンヒョクンとの映像でした。
積極的なヘジョにちょっとびっくり。

ヨウク母と実父ソンジュンの切ない恋模様も続く。自分が亡き後ヨウクを守ってくれる庇護者としてヨウクを盛り立てていってほしいとソンジュンに懇願するヨウク母。自分と別れテジンと結婚したことを裏切りと感じて怒っているソンジュンだけど、ヨウク母に他人のふりはできないらしい。
ヨウクをまじまじとこれが自分の息子かという表情で見つめてしまうソンジュン。

病院では婦女暴行未遂の犯人が現場で落下して重傷患者として運び込まれる。自分の脳内地図の論文を完成させるために人体実験を行おうとするテジン。手術を手伝うウンヒョンはテジンがわざと危篤に陥らせて神経をいじったことを見抜く。
だがあえて外には出さない。
ウンヒョンにはテジンに捨てられた母と自分の恨みを晴らすためにテジンに復讐する計画でもあるのか。

犯人をストレッチャーに乗せて付き添いエレベーターに乗ったヘジョだがエレベーター停止の事故にあってしまう。

けいれんを起こし容体が悪化する犯人。なんとか救おうと必死で犯人の口をこじあけようとしてヘジョは血だらけの手になってしまう。
エレベータの扉があいたとき、正常な位置ではなく先輩医師たちが隙間から覗き込む。
ヘジョに指示を出すウンヒョン。なんとか犯人は一命をとりとめる。

ヘジョとヨウクの歓迎会が突如行われることになり、先輩たちにのまされるヘジョは先に出て行ったウンヒョンの後を追い、自分の気持ちを告白。
ヘジョの恋心が盛り上がりウンヒョンに向けてあふれ出したところで終わりでした。

ウンヒョンは今のところ母を想う悲しみでいっぱいの余裕のない心でヘジョを受け入れることができるでしょうか。
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2012   0 comments   0 trackback
Category :シンドローム
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR