セブン、日ミュージカル デビュー好評…"誠実に練習した結果"

0002675564_001_20170524072322458.jpg
セブンが日本でミュージカル俳優でデビューした。

所属会社イレブンナイン エンターテインメントはセブン(SE7EN)が日本公演ミュージカル‘もしかしたらハッピーエンド’を通じて成功的デビューの評価を受けたと24日伝えた。セブンは去る19日始めた公演で安定した演技と歌実力で観客を反するようにした。去るミュージカル‘エリー者ベット’を通じてミュージカル俳優として可能性を見せた以後で、日本でも注目された。
0002675564_002_20170524072322470.jpg
関係者によればセブンは主人公オリバー役を担って 吸入力ある舞台を見せた。 真剣さと楽しみを同時に抱かれて舞台を自然に消化した。 準備する過程でも非常に誠実に臨んで俳優との完ぺきセーミのために無断な努力をしてきた結果だと評価した。
ミュージカル'もしかしたらハッピーエンド'は創作ミュージカルで韓国観客に多くの人気と好評を受けた作品で人と完全に似たロボットであるオリバーとクレアの話に組まれた作品、もう求刑になってしまわれたまま単独で寂しく暮らしていく二つのロボットが偶然に向き合って愛という(のは)感情を習うことになるが、その愛が持ってくる悲しみもまた習うことになるという内容だ。 劇中セブンが引き受けたオリバー役は内省的で繊細な感性を持った人間らしいロボットだ。

28日まで日本、東京サンシャイン劇場で公演される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :演劇

ピクス ケン"ミュージカル'花より男'ソン料、ツカサ役幸せだった"

984467.jpg
ピクスのケンが‘花より男The Musical’を終わらせた所感を伝えた。

去る2月初めて幕を上げた‘花より男The Musical’で主人公F4のリーダーツカサ駅に熱演を広げてきたピクスのケンが去る7日最後の公演を終えて所属会社チェルリピシュィエントテインモントゥを通じて所感を伝えた。

ケンは“‘花より男The Musical’作品をすることになって良い先輩らと多くの俳優方々に会うことになり大きい意味があったし大切で良い思い出を作った”と明らかにして“ツカサ役を担ってとても大きい幸せさを感じたので心より感謝申し上げる。 記憶に残る作品”と切ない感情を表現した。

また“見えるた後で熱心に仕事をして下さったスタッフ方々にも深く感謝申し上げて建華社を愛した一番大切な割った方々有難くて愛しています”としてその間共にしたスタッフと応援したファンたちに向かった感謝の挨拶も忘れなかった。

‘チェス’(2015),‘シンデレラ’(2015)に続き‘花より男The Musical’まで成功裏に終えてミュージカル俳優で位置づけをがっちり確かめたという評価を受けているケンは世界的な財閥家グループの相続者であり艶がないながらも愛らしい‘ツンデレ’魅力を持っているF4のリーダーツカサ役を担って純粋で感性的な演技をして‘建華社(ケンだけのツカサ)’を完全に表現やり遂げた。

ケンは180cmを越えるすらりとした背丈と組閣(彫刻)のような容貌で漫画で飛び出してきたような高いシンクロ率をリリースして話題を集めたことがあって、ピクスのメイン ボーカルらしい歌唱力と安定した呼吸、パワフルなダンス、豊富な感情表現で劇のモール入道を高めた。

一方、ケンが属したグループ ピクスはデビュー5周年を迎えてアルバム、展示会、コンサートに達する大々的なカムバックを予告したし、来る15日午後6時四回目ミニ アルバム‘桃源境(桃源境)’を発売して歌謡界カムバックする。
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :演劇



写真=ソン・ユリ Instagram
女優ソン・ユリがオク・ジュヒョンとの友情を公開した。

ソン・ユリは20日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「最高のDIVAオク・ジュヒョン。いつも完璧だったけど、昨日は本当に高だった。これからメロの女王と呼ぶね」と書き込み、写真を掲載した。

掲載された写真はミュージカル公演場の楽屋で撮ったセルフショットだ。ソン・ユリはオク・ジュヒョン、チェ・ヨジンとキュートな表情で記念ショットを撮影した。三人の美貌が際立つ。

オク・ジュヒョンは現在ミュージカル「マディソン郡の橋」に出演している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :演劇



2PMのチャンソンが演劇「私の愛、私の花嫁」の主演にキャスティングされた。

チャンソンは6月2日から7月30日まえソウル・大学路(テハンノ) 自由劇場で上演される「私の愛、私の花嫁」で男性主人公のヨンミン役を務め、舞台デビューする。

本作は1990年に公開されたイ・ミョンセ監督の映画「私の愛、私の花嫁」をリメイクした作品だ。

原作は男女主人公の完璧なケミ(ケミストリ、相性) とリアリティ溢れるストーリーが調和して今でも韓国映画史上最高のラブコメと呼ばれている。

2014年にはチョ・ジョンソク、シン・ミナ主演の映画にリメイクされた。多くの観客の心を鷲づかみにした作品が、演劇としてどのように生まれ変わるのか、関心が集中している。チャンソンは男性主人公のヨンミン役で一層深まった演技を披露するという覚悟だ。

チャンソンはこれまで映画「レッドカーペット」「ダイナマイト・ファミリー」をはじめ、ドラマ「7級公務員」「カッとナム・ジョンギ」など、映画とテレビドラマを行き来しながら演技活動を展開してきた。

「私の愛、私の花嫁」(演出:チョン・テヨン) はチャンソンの演技デビュー作で、着実に演技力を磨いてきた彼の活躍に期待が集中している。
Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2017   0 comments   0 trackback
Category :演劇



ミュージカル俳優カン・ホンソクが、日本の「デスノート」チームと出会った。

カン・ホンソクの所属事務所C-JeSエンターテインメントの公式Instagram(写真共有SNS) には本日(6日)、「日本『デスノート』チームも! ファンたちも! 最高。共にしたステージ、とても楽しかったです! 皆“サンキュー”」という書き込みと共に、写真が掲載された。

公開された写真は4日と5日の2日間、日本で開催されたミュージカル「デスノート THE CONCERT」の現場でポーズをとっているカン・ホンソク、StarSの浦井健治、柿澤勇人、小池徹平の姿が収められている。

ミュージカル「デスノート」韓国版でリューク役を務めたカン・ホンソクは、この日スペシャルゲストとして参加し、日本の俳優たちとの記念ショットを残した。
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :演劇
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR