嵐の恋人 37~40話

結局、激しいエリの誘惑と企業トップの座が約束された将来に勝てず、迷いを断ち切って、エリを選んだヒョンチョル。
エリはそれでも安心できず、「ピョルニョにはっきり私の方を愛してるって宣言しといて!」と命令。
ヒョンチョルは言われるまま、「エリを選んだ。もう揺れない。」とピョルニョに告げ、更にあつかましくも「これで正しいのかわからない。ずっと僕を応援してくれるだろ?」と甘える。
これじゃピョルニョは都合のいい女扱い、身体の関係はなくても、精神的な愛人だわ。

今までと変わらず勉強をみようとするヒョンチョルに、自分の想いを断ち切られ、それでも態度に出るかもしれないと恐れるピョルニョはさすがに辛さに耐えられず、「もう一人で勉強します。優しいのはいいけど、同情しないで。私はあなたの子もりじゃない」といつになくきつい口調でヒョンチョルを避けようとする。

その言葉にすねたヒョンチョルは、翌朝ミルクを勧めるピョルニョに「僕の子もりじゃないんだろ。僕の世話しなくていい」と不機嫌な態度で出勤する。

傲慢なエリはヒョンチョルを得てもまだ不安なのか、ピョルニョを牽制。
「もともとあなたのような子守は、彼にふさわしくないのよ。家柄も学歴も無いうえに。。。」とピョルニョの不自由な足に目線をやる。
いつも強気に反論するピョルニョもヒョンチョルに失恋したうえに、ますます高慢なエリの見下した態度に傷つき涙ぐんでしまう。

そんな場面を見てエリを叱るものの、それでもエリと結婚するつもりのヒョンチョルが理解できないわ。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2012   0 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人

嵐の恋人 33~36話

完全ふたまた、優柔不断男のヒョンチョルはヒロインの相手役として韓ドラ史上最悪男子。
にこにこピョルニョに何でもうちあけていい顔するけど、野望のために近づいたエリお嬢様がどんなに性悪女でも決して別れず、それどころかピョルニョをめぐって大ゲンカしても結局どちらか選ぶ場面になるとのこのこエリの後を追う。
心が随分離れたのかと思ってたけど、エリの誘いに乗ってキスも交わしてますます深い付き合いになっていく。
ピョルニョを見守っているテフンに「気持をはっきりさせないと、傷つけることになる」と忠告されても、どっちにもいい顔するのよね。

これで最終的にピョルニョを選んだとしても、これまでの経過を見てここまでエリと深い付き合いになってたら、到底納得も祝福もできないわ。

ピョルニョにどう言い訳するのかなー。どこで気持を整理するのかなー。
登場人物それぞれに等分のスポットを当てていてそれぞれのキャラに濃いエピソードを与えているので、一体何を中心に焦点を当てて見ればいいのか、さっぱりわからずとっちらかったままのこのドラマ。

つまんなくなってきたんだけど、偽善者ヒョンチョルの心変わりを見届けます。


Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2012   0 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人

嵐の恋人 25~28話

今回もそう進展なし。
冷酷なユ会長の事業はどうなるのか、女性にのめりこんで大借金をこしらえた愚かな長男、テソプのせいで危機にひんしたヒョンチョル実家の事業は、検事テジュンの総長への道は?、わがまま放題で夫や子供に迷惑ばかりかけ傷つけることしかしない、女優の妻ナリムの仕事は?ナリムと演劇の後輩との仲は不倫なのか、どうなのか。
ユ会長の妻は瀕死のはずだけど、けっこう元気、終わりのときは近いのか。
ピョルニョが手伝っている、ていうかほとんど彼女が書きあげている脚本で作る映画はどうなっているのか。

そして、何より、ヒョンチョルの気持は一体どうなの。
何かというとピョルニョになんでも打ち明け、なんでも相談して助言をもらうヒョンチョルに嫉妬のあまり障害者のピョルニョを攻撃、暴言を吐くエリ。
いつもピョルニョをめぐって喧嘩になり、とうとう「うわべの教養でかくしていた本性を表したな!」とまで言ったのに、ヒョンチョルはまだエリと付き合っているし。
「自分の気持がわからない」なんてのんびり言うけど、恋人として言ってはいけないことまで言ってののしりあってるのに、まだエリと切れないの?

野心のためにエリにちかづいたことまでは認めたのに、ピョルニョへの気持がはっきりしないのかな~。
さわやかだと思ってたけど、煮え切らない情けない男子に見えるなー、ヒョンチョル。

多分ユ会長の初恋の人の娘でユ会長の子供だと思われるピョルニョとユ会長の体面もまだだし。
理屈っぽい長セリフは多いけど、展開は遅いドラマです。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2012   0 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人

嵐の恋人 17~20話

高慢なお嬢様エリの本性が徐々にむき出しになってきた。積極的にアプローチしてきたヒョンチョルは自分だけを見つめ、自分だけに優しいわけではなかった。

なぜか気になるピョルニョもヒョンチョルの庇護を受けていた。そのことを確信して嫉妬にかられてピョルニョに絡むエリ。

ことの発端はエリ父企業がイメージ戦略のために建立した障害者会館のお披露目パーティーをめぐってだった。
ピョルニョも障害者だから連れて来てはどうかと気軽に誘ったエリに対して拒否反応を示したヒョンチョル。
エリをさらし者にしたくない様子。「失礼じゃないかな」。やんわりと断るが、そのことはエリの気を悪くしないわけがない。

ところがその話に及ぶとピョルニョは障害者への配慮は企業の責務であり、配慮してくれたことが嬉しいしありがたい、私も出席してみたいとヒョンチョルに言う。そこでヒョンチョルはエリに承諾を得ないまま、パーティーにピョルニョを伴う。
会館でピョルニョを見て一瞬戸惑うエリ。

障害者への暖かな配慮の気持から発したものではなく、あくまで企業イメージを高めるための建設だったと知り、純粋なヒョンチョルは軽く失望を見せる。
それに対してエリは開き直りの堂々とした弁明を繰り広げるが、障害者に関する各国企業の姿勢の情報に日頃から敏感だったピョルニョはエリの浅はかさをはからずも指摘。
企業のあるべき姿と展望を説く。
あっけにとられるが、自分のスピーチにピョルニョの弁を早速取り入れ、ちゃっかりと称賛を浴びるエリ。

その後、三人はクラブへ。
ヒョンチョルの無神経ぶりには怒りすら覚えるわ。エリとピョルニョの舌戦を止めることもできずにぼーっと眺めていた役立たずぶり。
まして、足が悪くてダンスなどできるはずもないピョルニョをクラブに連れていくとは。
ここぞとばかり、ピョルニョに見せつけるようにヒョンチョルと踊るエリ。ヒョンチョルは壁の華のピョルニョが気になり、たびたび視線をやり、笑顔で手を振る。

もぉ、ホントに!何も考えずにつれてきたにしても、寂しげな微笑みを浮かべるピョルニョに気付いたなら、とっとと連れて帰りなさいよ!!
洗面所でエリに嫌みを言われてるじゃないの。
「ヒョンチョルさんが気にしてるわよ。彼をきづかうなら、楽しいふりでもしたらどう?」とことん性悪なエリ。

まー、余命短い妻に虐待を続けるような冷酷で卑劣な父の娘じゃ無理もないけど。
エリ父は昔の恋人のことで妻の部屋にビデオをとりつけ乳母の息子との会話を盗み見る。それほどまでに元恋人に執着するエリ父はやはり異常。けれども、その恋人が子供を妊娠していて、出産していたとしら。その子はどうなったのか、エリ父でなくとも気がかりだろう。
妻が始末したと思われるその子供がピョルニョらしいのだけど、そのことが明らかになる日はいつかしら。
エリの驚愕ぶりが見もの。
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2012   0 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人

嵐の恋人 13~16話

ほとんど進展なし。
しいていえば、ヒロイン、ピョルニョの小説家になりたい夢の一部が、イ家の自称映画監督の駄目次男の手伝いによって、はからずも開花しつつあるってことくらいかしら。

ヒロインの相手役になるはずのイ家長男の一人息子ヒョンチョルは相変わらず、世界的企業家の娘エリとの恋に夢中で、こちらも少しずつ進展していて、両家もなんとなく公認になってきてるから、このままなんの問題も無く結婚までいきそう。

要するにラブラブなヒョンチョルとエリ。一体なんの問題が起きて2人の仲が壊れ、ピョルニョに気持が向くのかしら。
ピョルニョは誰にでも公平な態度で自分にも親切なヒョンチョルに心魅かれてる様子で、ヒョンチョルの部屋の壁一面に貼られたエリの写真を見てため息をついているけれど。
叶わぬ恋、はかない片思いとわかって、あきらめてるみたいね。

ヒョンチョルの気持にどんな変化が生まれるのか、そこを確かめたい。
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2012   2 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR