アラン使道伝 1,2話

フュージョン史劇でも、幽霊がヒロインっていうのは珍しいんじゃないかしら。画期的。
ヒロインがシンミナちゃんなんだけど、美人系じゃないのではすっぱな幽霊役がよく似合ってる。
クミホと似てるけど、とにかく彼女のキュートな魅力、持ち味はよく引き出されてるんじゃないかしら。

ハマるほどじゃないけど、漫画チックで面白いのでサクサク見られそう。今は最悪の印象同士の主演二人が、これから切ない恋に悩んでいくのでしょうね。あんまりシリアスにならなきゃいいな。

自分が何者かわからない幽霊のアラン。生前の記憶がないし、なぜ幽霊になったのか死因もわからない。気が付いたら死神について歩かされていた。
せめて名前でも、親のことでも知りたいと、黄泉の国から現世に逃げおりうろついているが手掛かりなし。

一方両班の父、奴婢の母を持つウノ。母と一緒にいるよりも父のところに行った方がウノのためだからと、ある日姿を消した母を捜し回る日々。
普通の人には見えない幽霊が見えてしまう能力があり、アランにとりつかれる。
アランは自分が見えるウノに自分のことを調べてくれるように頼むけれど、人助けなどしない冷たいウノは断る。

ところが、ウノの持っていたかんざしを見て、母のと同じということに気づき、手がかりになるかもしれないとウノの頼みを聞くことにする。

偶然入り込んだ屋敷で、アランが幽霊になったと同じ頃、そのお屋敷のお嬢様が姿を消したことを知る。
そこがアランの生家だと思ったウノは人には見えないアランをそばにおき、生前のお嬢様の様子を使用人に聞くと、役人とかけ落ちしたらいい。しかも立派な婚約者を捨てて。

「どうせそんな女だと思ったさ」とつぶやくアラン。自分の所業をしり、落ち込むアラン。でも名前がわかったからと、ウノにお礼を言う。
その婚約者とやらが気になり、会ってみたいというアラン。その相手とは、悪役人の息子で高潔な志の持ち主。彼を前にすると胸が苦しくなるウノは彼を好きなのだと思う。

夜、寝ているウノの隣に横になり、「思い残したことがある」とキスをしようとするアラン。



スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :アラン使道伝

ドラマが終わって

あらn
新鋭ヨンウンジしに注目ですね。お若いのにお父様を亡くされて、ショックも収まらないことでしょう。元気を取り戻したら、次の作品選びが重要かも。

☆MBC水木ドラマ「アラン使道伝」を無事に終えた俳優の、これからの活動に関心が寄せられている。

18日「アラン使道伝」の最終回(第20話)が放送された後、ドラマを導いてきた主役であるイ・ジュンギは休息なしに19日に日本に向け出国し、日本でのスケジュールをこなす。代表的な韓流スターであるイ・ジュンギは、ドラマ撮影期間中にはできなかった日本での活動を継続する。

一方、シン・ミナとヨン・ウジンは当分休息を取る。シン・ミナ側の関係者は、18日OSENに対し「シン・ミナさんがドラマ撮影中、厳しいスケジュールで咳がひどくなった」とし、「具合が良くないのに撮影を続けたので、当分は健康回復に重点を置く予定だ」と明らかにした。

6日の撮影中に父が死去したヨン・ウジンは、父を亡くした悲しみを克服するための時間を持つと見られる。所属事務所は、殺到するインタビュー要請にしばらく応じないようにし、彼が自身の時間を過ごせるよう配慮した。

幽霊のアラン(シン・ミナ)と幽霊を見る使道ウノ(イ・ジュンギ)が、一緒に死にからまった真実を探す過程を描いた「アラン使道伝」は、最終回で12.4%(AGBニールセン・メディアリサーチ集計、全国基準)の視聴率で水木ドラマ2位を記録した。

打ち上げ写真。にぎやかそう(*^_^*)

20121019_1350635222_39498500_1_59_20121019173006.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2012   0 comments   0 trackback
Category :アラン使道伝

すごいアイディアと実行力

tc_search_naver_jp_20120819233440.jpg
本物見てみたいかも~。カート(笑)

これに入れる商品に気を使いそう。特売ものより高級品を選ばなくちゃね。

☆俳優イ・ジュンギの海外ファンが“イ・ジュンギカート”でドラマを応援している。

2年間の軍生活を終え、15日にMBC水木ドラマ「アラン使道伝」で復帰したイ・ジュンギは、依然としてハンサムな顔と完ぺきな演技で視聴者の期待に応えた。

イ・ジュンギの海外ファンは「アラン使道伝」をPRするために、私費をためて韓国の大手スーパーのカートをドラマの広告で飾り、サポートしている。

“イ・ジュンギカート”には、使道服を着たイ・ジュンギの姿が全面に貼られている。

この写真を見たネットユーザーは「イ・ジュンギのファン、すごい!」「私もスーパーに行って直接見たい」「釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)にあるスーパーで“イ・ジュンギカート”を見つけた」など、様々な反応を見せた。

“イ・ジュンギカート”はソウル、天安(チョナン)、釜山などの大手スーパーに用意されている。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2012   0 comments   0 trackback
Category :アラン使道伝

出演者たちの公約

tc_search_naver_jp_20120818082011.jpg
何かみんなで打ち合わせでもしたのかしら。
日本放送がヒットしてもパフォーマンスを見せてくれないかな~(*^^)v

☆MBC「アラン使道伝」の主役俳優たちが緊張している。視聴率の公約のためだ。放送開始前に開かれた制作発表会で、彼らは「視聴率が◯◯%を超えると、◯◯をやる」という公約を述べていた。

まず、公約の実行を目前にしているのはシン・ミナだ。自身に対する記憶を失った幽霊アラン役で出演している彼女は、「15%を超えたら、ミニ韓服(韓国の伝統衣装)を着て、ビヨンセのシングル・レディースのダンスをする」と述べた。所属事務所の関係者によると、おとなしい性格として有名な彼女がこのような公約を掲げたのは非常に異例のことだ」という。

第1、2話の視聴率が13%台を記録しただけに、早ければ来週にも15%を超える可能性がある。これに対してこの関係者は、「シン・ミナさんが(公約に対して)非常にプレッシャーを感じている。楽しいけど、一方ではプレッシャーになるという」と述べて笑った。彼は続けて、「もちろん、やらされればうまくやると思うが、撮影のために練習する時間がなくて心配だ。視聴率が高いのは気分のいいことだし、俳優たちにとっては元気付けられることであるだけに、気持よく約束を守る」と述べた。

tc_search_naver_jp_20120818082010.jpg

次は、ヨン・ウジンだ。「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」「普通の恋愛」に出演した彼は、今回の作品では秘密を抱えているチェデガム宅のお坊さんジュワル役を演じている。彼が述べた公約は、「20%を超えたら、アランの服を着て写真を取る」ということだ。彼も誰よりも真面目で慎重な性格と知られており、制作発表会当時、たくさんの取材陣が彼の公約を歓迎したという。

これに対して、ヨン・ウジンの所属事務所では「ヨン・ウジンが制作発表会が終わって、一言で言えばメンタルが崩壊した」と伝えた。ヨン・ウジンが制作発表会の雰囲気に浮かれ、普段なら想像もできないような公約をしたというのが関係者の説明だった。彼は「制作発表会当日、撮影で徹夜をしている状態だった上、空腹まで重なっていた」と冗談を言いながら、「だからそのような公約が出たのではないだろうか」と述べた。

残るは「視聴率40%を超えたら、光化門(クァンファムン)でワイヤーアクションを披露する」というハン・ジョンスの公約と、「視聴率25%を超えたら、レディー・ガガのパフォーマンスを披露する」というイ・ジュンギの公約だ。このうち、イ・ジュンギの公約はすでに視聴者の間でイ・ジュンギの顔とレディー・ガガの体の合成写真が広がるほど、高い関心が寄せられている。

これに対してイ・ジュンギの所属事務所側は、「第1話の放送を緊張しながら見ていた。幸い、視聴率が高くて嬉しかった」と伝えた。制作発表会当時、誰よりも雰囲気を盛り上げていたイ・ジュンギであるだけに、公約に対してはあまりプレッシャーを感じない様子だ。関係者は「イ・ジュンギは本人が言ったことは必ず守る性格だ。制作発表会当時の公約も視聴率25%を超えれば必ず守るだろう」と話した。

16日に放送された「アラン使道伝」は、全国視聴率13.2%(AGBニールセン・メディアリサーチ)を記録した。

tc_search_naver_jp_20120818082223.jpg



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2012   0 comments   0 trackback
Category :アラン使道伝

こんな場面もあり?

tc_search_naver_jp_20120817041022.jpg
ものすごーくファンタジックですねー。
ユスンホ君、主演の一人とはいえ、ペクドンスに続いてまた二番手役ですね。
イジュンギ君といい化学反応が起きて面白くなることでしょう。

☆ユ・スンホが、これまで人々が想像していたイメージとは全く異なる新しい天帝を誕生させた。

15日に韓国で第1話が放送されたMBC新水木ドラマ「アラン使道伝」(脚本:チョン・ユンジョン、演出:キム・サンホ)でアラン(シン・ミナ)は、この世をさまよいながら秩序をかき乱した罪で死神ムヨン(ハン・ジョンス)に追われながら「くそ爺、天帝だから何だ」と恨めしげに空を見上げた。

すると、閻魔大王(パク・ジュンギュ)と囲碁をしていた天帝(ユ・スンホ)は、右の耳が痒いと言いながら耳を掻いた。だが、天女(ノ・ヒジ)が登場すると、「貴方、今日は気分が良いみたいだね。新しい髪型がとても綺麗だ」と口説いた。すると天女は「1千年前からこの髪型をしていました」と、天帝に恥をかかせた。

天女が帰ると閻魔大王との囲碁を再開した天帝は、結局彼との対決で勝った。勝負欲が強い閻魔大王が怒ると、天帝は「ごめん!閻魔。今回は勝つつもりがなかったのに……ムヨンはその子を捕まえたのかどうか」と言いながら席を立った。

その後、武陵桃源(俗世間からかけ離れた平和な別天)に到着した天帝は「僕は本当に勝つつもりはなかったのに……閻魔は全てを計算どおりにしようとするのが問題だ。計算どおりにならないことがたくさんあるのに」という意味ありげな言葉を話した。

「アラン使道伝」は、慶尚南道(キョンサンナムド)密陽(ミリャン)の“アラン伝説”をモチーフにしたドラマで、自身の死の真実を暴こうとする、記憶を失くした幽霊アランと、幽霊を見る能力がある使道ウノ(イ・ジュンギ)が出会い繰り広げられる、朝鮮時代を舞台にしたファンタジーロマンスである。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2012   0 comments   0 trackback
Category :アラン使道伝
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR