元2NE1のDARAが余裕溢れる日常を公開した。

DARAは26日午後、自身のInstagram(写真共有SNS) に「香ばしいモーニングコーヒーと余裕」と書き込み、写真を掲載した。

写真でDARAはコーヒーカップを持って日本の街中に立っている。30代の彼女の年齢を忘れさせる美貌が際立つ。

この他にもDARAは、「1時間並んで食べた牛カツの思い出」とう書き込みとともに、渋谷の飲食店に並びながら撮った写真を公開した。

写真を見たネットユーザーたちは「日本には何のために行きましたか?」「日本を楽しんでね」「渋谷で牛カツ食べたい」「相変わらず可愛い」などの反応を見せている。
20170426171519577.jpg
2017042617151968b.jpg
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

‘2NE1幕内でソロ コン・ミンジ’に進化する

984562.jpg
誰より派手にデビューして歌謡界を平定した。 派手な舞台の上2NE1のコン・ミンジを多くの人々が見守ってきたし名前を叫んだ。 だが、果敢に一人立ちを決心して大衆に一歩近寄って、壁は少しずつこわれ始めた。 誰も分からなかった‘本当にコン・ミンジ’が見え始めた。 まだ見せることができないことがとても多いという、いつの時よりもファイティングあふれる彼女だ。

Qカムバックが鼻の先だ。忙しく過ごしているようだ。
▲ずっとスケジュールがあって我を忘れて過ごしている。 この頃が一番忙しいようだ。 本来は神秘主義的な感じがとても多かった。 その間内実際の姿をたくさんお見せできなかったようだが今は芸能番組も出て行っていて‘人間コン・ミンジ’をそのままお見せしているようだ。 体力も熱心に管理中だ。 死のスケジュールだがおもしろく楽しんでハニ時間がたつこと分からない。

Q 2NE1話をせざるをえない。チームを離れた後解体報せに接した。
▲ 2NE1が持続的であったら良いと考えた。 ところで別れることになり残念だった。 それでも最後の歌を通じてファンたちによく挨拶をして離れたようだ。

Q最後の歌に参加できなくて惜しむファンたちが多かった。
▲惜しかった。 一緒に呼んだら良かったはずなのに…. 私も参加したら良かったようだ。 最後なのに正式に挨拶したら良かったそうだと考える。

Q練習生時期を含むYGエンターテインメントで11年余りを送った。離れるのが容易な決心ではなかっただろう。契機があったか。
▲容易ではなかったこと当然だ。 家族よりスタッフをさらに頻繁にみた時間だった。 10年なら途方もない歳月ではないのか。 すべての決定が容易ではなかった。 特に契機より契約が整理されて自然に別れることになった。

Q鳥の巣をミュジグォクスで選択したのも意外であった。
▲家族的なメンに引かれたようだ。 (百)ジヨン姉さんがリーダーである所だ。 宗教が同じで知り合って付き合う仲だ。 姉さんが本当によく用意して多情多感だ。 YGは一つのチームが活動すればフォーカスを合わせて見たらナマネー休み時間が多かったこと事実だ。 そのような部分がちょっと惜しかったとすれば今は‘互いにうまくいこう。 ウシャウシャ’という雰囲気があって魅力的だ。

Q初めてのソロ活動がMBCドラマ‘逆賊:民を盗んだ泥棒’のOSTであった。
▲新しいものをしてみたかった。 今までパフォーマンス グループのメンバーで有名だったために私の声を聞かせたかった。 初めてOSTと期待をたくさんした。 曲もとても良くて自然にスタートを切ることができた。

Qソロ アルバム準備過程が容易ではなかったはずなのに。
▲一から十まで私がすべてしなければならないから手が本当にたくさん行く。 ところでそれだけとてもおもしろい。 アイディアがたくさん浮び上がって白い画用紙に図を描く感じでしている。 ことのように感じないで本当にアートをする気持ちだ。 前に会社から出た内容に基づいてコンファームをしたり語る程度だったら今は一から十までアイディアも出してディテールに参加する部分がさらに多くできたようだ。

Qソロ アルバムに自作曲も収録された。新しいアルバムに対して紹介するならば。
▲本当に多様な姿が見られるだろう。 それ以上の姿も見せることができるようだ。 私の主特技が踊りだと見るとパフォーマンス的な姿も見たいだけお見せするだろう。 ‘民志にこのような姿があったか?’考えるほどの音楽もある。 新鮮に感じる部分もできるようだ。 その間聞かせたかった音楽があったし追求するスタイルの音楽があった。 以前にはダイアリーに隠したとすれば今はそれを共有できるアルバムになりはしないかと思う

Q KBS2 ‘姉さんのスラムダンク2’にも出演中だ。
▲プログラム自体が負担ない感じがある。 キム・スク姉さん、ホン・チンギョン姉さんなど皆とても良い姉さんだ。 姉さんが出演してガールグループをするという話を聞いた時楽しんで同時におもしろい私の姿をお見せすることができると考えた。 自然に選択したようだ。

Qデビュー前経験した過程だけで格別だ。
▲ガールグループで活動してしてきたことあるように見えることができる。 再び練習生に戻った感じだ。 姉さんらと合計を合わせなければならない部分もそうで、ガールグループはチームワークが本当に重要だ。 姉さんに踊りや歌を説明する部分がたくさん必要だが、教えるのも楽しい。 皆愉快に参加している

Q ‘姉さんのスラムダンク2’を通じて新しい姿をたくさん見ることになる。
▲既に‘強い’、‘数えた姉さん’のイメージがあって近付くことができなくて話しかけるのが難しい人という先入観があったよ。 あるいはクラブ行ってものすごく遊びそうだというイメージがあった(笑い). そのようなメンが芸能に出て行って普段の姿をお見せしてたくさん消えたようだ。

Q全焼米が‘コン・ミンジ オタク’と告白することもした。いつのまにか‘先輩’になった。
▲私も驚く。 以前には私が末っ子だったが私より幼い友達見れば驚くべきだ。 そのような友達等を見るので新たに珍しくて本当に良くしてくれるべきだとの考えをたくさんする。 時間が恐ろしい。

Qコン・ミンジを見て夢を育てた後輩ができた。
▲本当に責任感を感じる。 私の姿も思い出して"私もああしたが"したい。 良い姉さんになりしたいという考えが多く入る。 (全(前))小米は私を良く従って本当に可愛い。 一緒にご飯も食べておしゃべりもして親しく過ごしている。

이미지 원본보기


Qダンス アカデミーを運営中だ。どのように始めることになったか。
▲進路に対して悩む友達がたくさんある。 特に歌手をしたいがその道をよく分からない友達が多かったよ。 夢はあるのにどのようにしなければならないのか分からない友達にメントをしてあげられる人、そして環境があったら良いという気がして始めることになった。

Qデビュー後今までの時間を後戻りをしてみるならばどんな感じなのか。
▲去る数年は私を確かめていく時間だったようだ。 今の私を作るまで形成する時間だった。 もう翼を広げる時間という気がする。

Q ‘一人立ち’という(のは)単語がコン・ミンジにどんな意味なのか。
▲ファイティングあふれるようにさせる単語だ。 重いながらもそれにもかかわらず、ジャンプできるようにさせる踏み台のような感じだ。 私が完ぺき主義が激しい方だと完ぺきでなければ試みない。 皆を疲れさす疲れるスタイルだ(笑い). それでさらに熱心に準備して最大限限界点を越えようとずっと努力している。 圧迫感もあるが楽しんでしようとする。
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP



2016年デビュー10周年を迎え、11月~12月にかけ全4都市16公演78万1,500人を動員し、海外アーティスト史上初の4年連続日本ドームツアー「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」を行ったアジアが誇るモンスターグループBIGBANG。

先日、リーダーのG-DRAGONが6月10日(土) ソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場でのソロコンサート開催を発表したばかりだが、新たに同ソウルコンサート以降、マカオを皮切りに北米8都市、アジア3都市、オセアニア4都市、日本3都市のドームツアーなど全19都市23公演をまわるワールドツアー「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR:ACT III,M.O.T.T.E」の開催を発表した。

今回発表された1次開催地は6月10日(土) ソウルからスタートし、9月20日(水) 東京まで約4ヶ月間の長期に渡るツアーとなっており、今後開催都市を追加していく予定だ。特に今回のワールドツアーはアリーナ級以上の規模で開催され、一部の都市はスタジアムおよびドーム公演で行われるなど、自身3度目の単独公演にして現男性ソロアーティストが見せられる最大規模でのツアー開催となる見込みだ。

喜ぶべきは日本公演「G-DRAGON 2017 WORLD TOUR:ACT III,M.O.T.T.E IN JAPAN」も発表され、8月19日(土) 福岡ヤフオク!ドーム、8月22日(火)・23日(水) 京セラドーム大阪、9月19日(火)・20日(水) 東京ドームの全3都市5公演、総動員数26万人予定で今回のワールドツアーの中でも最大規模の公演となる。

コンサートタイトルである「M.O.T.T.E」は「MOMENT OF TRUTH THE END」の略字で、真実の瞬間、真実そのものを意味する。アーティストG-DRAGON、30歳のクォン・ジヨン(G-DRAGONの本名) の人生の第3幕に対するストーリーを盛り込む予定で、成功がもたらした華やかな人生とその裏に隠れた孤独と苦悩、G-DRAGONの真実の姿をどのようにステージで昇華させるのかに期待が寄せられる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

ビッグバンDLIGHT"メンバーたちお互いに信じて各自の活動応援"



グループ、ビックバンのメンバーのDLIGHTが15万人を動員する最初のソロドームツアーを成功的に終えた。

日本メディアの日刊スポーツなどは"ビッグバンのDLIGHTが過ぎた23日にソロ最初のドームツアー'D-Day'の最後の公演を大阪京セラドームで進行した。 4回公演で15万人を動員した"と報道した。

の報道によると、DLIGHTは100メートルの舞台を縦横無尽に走り回った。 彼は"皆さんをために私の声と体力を全て使用する"と言ってアンコールを含めて20曲あまりをパワフルに消化した。

DLIGHTはビッグバンのボーカル担当で日本語も上手になるメンバー過去2013年2月ソロデビュー後、ツアーは四度目である。 彼はビッグバンについて"お互いを信じてそれぞれの活動を応援している。 私もビックバンの名を恥ずかしめないようにソロで熱心にハゲッダ"と話した。 そして、大成は、日本ファンと再び会う日を誓い合った。

DLIGHTはソロコンサートを成功的に終えただけでなく、ここ12日に発売された日本アルバム'D-Day'でオリコン週間チャートでも1位に上がった。 海外男性ソロアーティストが2連続アルバム首位を記録したのは故マイケル・ジェンスンをつなぐ記録だ。
Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP



アジアのNo.1野獣アイドルに君臨し、華麗なパフォーマンスで世界中のファンを魅了し続ける2PM。そんな彼らが6人揃って初のオーストラリア旅行をしたファン必見の超貴重なリアリティ・エンターテインメント・バラエティ番組「2PM WILD BEAT」。

メンバーたちが癒しを夢見てオーストラリアへ旅立ち、メルボルンからウルルまでの旅費を自分たちで稼ぐため、アルバイトをしながら衝撃のミッションを敢行。広大なオーストラリアの自然を舞台に予測不能のハプニングが続出した。6人揃った姿が見られる超貴重な旅の映像とともに、“素顔100%の2PM”を思う存分に堪能できる、リアル体験バラエティ番組となっている。

この度、韓国のみならず日本・アジア同時配信で話題を呼んだ旅の裏側を語りつくす、メンバー3人による「2PM WILD BEAT」ファンミーティング開催が2017年6月17日(土) に決定! 当日は映像を交えながらのトークやゲーム、映像上映など予定しており、ファンとの貴重な時間を過ごす公演となること必至だ。

またファンミーティングに先駆けて、ウヨン、ジュノ、チャンソンの動画コメントも到着した。彼らの素顔丸見え!? WILDな魅力が炸裂する「2PM WILD BEAT」に期待が高まる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR