FC2ブログ

"まだ欠場 "..故百パーセントミヌ、今日(25日)に死亡し、2サイクル」追慕の波ing」[総合]



ボーイズグループパーセントメンバーミヌが突然この世を去ってから2年になった。

百パーセント長兄だった故ミヌは去る2018年3月25日、ソウル江南(カンナム)の自宅で心停止状態で発見され、119救急隊が出動したが、死亡判定を受けた。享年33歳。

所属事務所ティーオーピーメディアは当時、「突然の悲報に遺族をはじめと百パーセントメンバー、同僚芸能人と元従業員の両方故人を悲痛な心情で哀悼している」とミヌを哀悼した。

また、「ミヌ君はチームの長兄としてメンバーをよく導いてきたメンバーとファンを心から愛する情多くの友人であった。ミヌ君を知っているすべての人々が彼の優しさと誠実さを知るにますます悲しみが大きい」と話してファンをさらに残念作った。

オリジナル表示


ミヌは2006年KBS 2TV '四捨五入3」を使用して芸能活動を開始した。「新人俳優の登竜門」と呼ばれる「四捨五入3」で水準級演技をした彼は、SBS「王と私」に続き、映画「特別市の人々 」、「待ちくたびれて」に相次いで出演しながら「大勢の俳優」として位置づけすることも。以来、彼は2012年にボーイズグループパーセントで歌謡界にひきつけとりながら幅広いスペクトルを作った。

特にミヌは百パーセントの中で最も先に軍服務を終えたメンバーで、過去2014年3月に現役で入隊して翌年12月に全域た。軍服務後も、彼は百パーセントで旺盛な活動を広げて、日本でも高い人気を享受した。

ため死亡2サイクルを迎えた今日(25日)、ミヌを欠場する数多くのファンたちは、SNSと各種オンラインコミュニティに「幸せをたくさんくれた人だった」、「まだたくさん考えている」、「その日の感情をまだ覚えている」 、「私たちはいつまでもミヌを愛する"、"目つきが懐かしい」と彼の追悼している。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報

「イケメン時代」李チフン急性敗血症死亡... BJ瀬谷「コロナ19のせい治療時期逃し "[総合]



'イケメン時代」出身李チフンがいきなりこの世を去った。BJ瀬谷が故李チフンの死亡原因で急性敗血症を言及し哀悼の意を伝えた。

アフリカのBJに活動していた李チフンが去る19日午前この世を去った。享年32歳。李チフンの出棺は21日午前に行われる。

正確な死亡原因は確認されなかったが、急性敗血症で死亡したことが分かった。生前リンパ節炎と疲労を訴えており、彼の知人はSNSを介して李チフンが急性敗血症にこの世を去ったと哀悼した。急性敗血症は、微生物に感染して発熱、頻脈、呼吸数の増加、白血球数の増加または減少などの全身にわたる炎症反応が現れる状態だ。

李チフンは去る13日休止さ告知をして"二日前からリンパ節炎のために病院を出入りした」と伝えた。続いて「今日は強力な疲労まで追加された。是非コロナがnをマウスジュール力さえ出なくて携帯電話にお知らせ残す。みんな本当に苦しい時期だよく耐えてみよう」と述べている。

20200320152758441.jpeg

BJ瀬谷は19日、アフリカTVチャンネルを介して「李チフン型が天国に行った。本当にいい形だった。嘘ではない。なぜこのようなことを嘘をハゲトニャ急性敗血症からである。葬儀場もコロナ19からいけないと言っていた。イプグァンシクは明日12ましょう。行ってもされているのなら行くのだ」と述べた。

続いて「どのようにされたのかと、体が痛くて緊急治療室に行ったコロナ19のためにコロナ19がないことを確認する必要がして数日後にそれといって行った時期を逃して治療をまともにできないという。皆さんコロナ19注意してください。コロナ19もそう世話して私の世話良いことに」と付け加えた。

グループヴィヴィアン出身BJ千小児も19日李チフンのインスタグラムに「チーフン急おしくも信じられない。天の国では、必ず幸せ。善良な私の友人だ」というコメントを残した。

李チフンは「イケメン株式会社」、コメディーTV」イケメン時代」などに出演し名前を知らせた。以降、アフリカTV、YouTubeなどを運営してきた。

先に俳優ムンジユンも18日、急性敗血症にこの世を去った。ムンジユンに続いて李チフンまで30代の年齢に急性敗血症にこの世を去って衝撃と切なさを与えている。所属事務所によると、ムンジユンは最近、のどの痛みの症状がひどくなり病院を訪れたが状態が深刻化集中治療室に移された。以後意識を失い終了回復していなかった。今日(20日)正午仁済大学校相殺白病院葬儀場でバルインシクが厳守される。
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報

パク・ヘジン、「故ムンジユン、静かで自分の仕事は確かだった俳優...永眠起源」(インタビュー)



俳優パク・ヘジン(左)が、急性敗血症にこの世を去ったムンジユンを哀悼した。OSEN DB


俳優パク・ヘジンが先にこの世を去った故ムンジユンの哀悼の意を伝えた。

19日、所属事務所の家族イエンティによると、ムンジユンは去る16日午後8時56分頃、急性敗血症にこの世を去った。享年36歳。

ムンジユンは最近喉の痛みの症状がひどくなり病院に入院し、以降急性敗血症に集中治療室に運ばれたが終了回復していない世界を去った。

遺族は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)感染の懸念に弔問客の安全を心配をし、故人のための哀悼の意をお願いした。

ムンジユンは2002年MBCドラマ「ロマンス」でデビューした後、KBS2「快傑春香」、SBS「イルジメ」、MBC「善徳女王」、tvN「チーズイン・ザ・トラップ」などのドラマや映画「不汗党」、「私のPSパートナー'、'センナル先生」、「回し蹴り」、「チーズ・イン・ザトラップ」などに出演した。


ムンジユンが深い印象を残したのは「チーズイン・ザ・トラップ」で演じたサンチョル先輩だ。相鉄先輩役を演じたムンジユンはギムゴウン(ホンソル役)、パク・ヘジン(油井駅)と葛藤た劇の緊張感を形成した。ドラマでの活躍に支えられ、映画化された「チーズイン・ザ・トラップ」にも出演して、深い印象を与えた。

一緒に「チーズイン・ザ・トラップ」ドラマと映画を撮影した俳優パク・ヘジンはムンジユンの切ない消息に心を痛めた。パク・ヘジンは19日OSENに「静かで自分の仕事は確かにした俳優に覚えている。その永遠覚えものであり、自分の人生をすべて生きて行ったと信じそれだけに良いところで永眠お祈りする」と哀悼の意を伝えた。

「チーズ・イン・ザトラップ」側関係者は「映画化する当時キャスティング1順位のでムンジユンからキャスティングした記憶がある。煙上手で、静かな人だった。とても残念だ」と心を心を伝えた。

一方、ムンジユンの遺体安置所は、ソウル蘆原区サンギェドン仁済大学相殺白病院葬儀場に設けられた。出棺は20日である。/elnino8919@osen.co.kr
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報

故チョ・ミンギ、今日(9日)2サイクル... `ミートゥー`セクハラ事件 `公訴権なし`終結[MKイシュー]




俳優の故チョ・ミンギが世界を去った2年になった。

故人は、過去2018年3月9日、ソウル広津区某所のオフィステル近くで死亡したまま発見された。享年53歳。

遺族の意に沿って死体解剖は行われなかった。葬儀は非公開で行われた。

故チョ・ミンギはチョ・ミンギは当時酒大学演劇学科准教授で在職したの多くの学生をセクハラしたという疑惑が提起され論議に包まれた。「美闘士(Me Too、私れた)」の暴露直後チョ・ミンギは、自分の容疑を否認したが、継続された暴露に公式謝罪した後自粛の意味を示した。以来、チョ・ミンギは警察の調査に誠実に臨むという意思を示したが、調査を三日控えたまま自ら生を終えた。美闘士暴露後の18日だけだった。

当時故人のそばには、A4用紙6枚分の遺書が発見されたが、具体的な内容は公開されなかった。当時メディアを介して伝えた自筆手紙には「恥ずかしいに仕事が広がって真正面に手に余る時間が経てみる回避し否定するに汲々卑怯な人となった。侮蔑感や羞恥心を感じた後輩たちに深く謝罪の言葉を上げる」という内容が書かれていた。結局捜査は「公訴権なし」で終結した。

チョ・ミンギは1991年の映画「死の賛美」でデビューした。ドラマ、映画、演劇などに出演し、活発に活動した。2016年に放送されたSBS「月の恋人-ボボギョンシムう」が最後の作品である。
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報

故キム・ジヨン、今日(19日)の3サイクル... 演技の情熱輝いた俳優



故、俳優キム・ジヨンが世界を去った3年になった。

故人は、過去2017年2月19日、肺がん闘病の末合併症である急性肺炎でこの世を去った。享年79歳。

故キム・ジヨンは、肺がん宣告を受けた後、2年間の闘病し周りに闘病事実を知らせず作品活動を続けてきた。2015年MBC「女性を鳴らし」、tvN「式シャルルましょう2」、2016年JTBC「ファンタスティック」に出演して演技の情熱を燃やした。しかし、合併症の急性肺炎で、最終的に死亡した。

故人は1960年の映画「相続」でデビューしたキム・ジヨンは「バラ色の人生」、「ありがとう、息子」、「大切に育てた娘ハナ」など硬い演技力を披露して大きな愛を受けた。2005年にはKBS演技大賞女性助演賞を受賞した。

一方、故人は容認静けさの森に安置されて永眠に入った。
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR