故パク・ヨンハさん、本日(30日)7周忌…追悼行事も


017年06月30日12時04分

俳優、歌手として活躍した故パク・ヨンハさんがこの世を去って7年となる。

パク・ヨンハさんは2010年6月30日、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン) の自宅で自ら命を絶った。遺書などは見つかっておらず、自殺の動機ははっきりとしていない。しかし当時事件を担当していた江南警察署側は、公式ブリーフィングで「父親の癌闘病、事業と芸能活動を並行した事によるストレスで、飲酒後衝動的に自殺したと推定される」と発表した。

1994年にMBC「テーマ劇場」でMBC特別採用タレントとしてデビューしたパク・ヨンハさんは、多くの作品に出演し演技の経験を積んだ。そして国境を超えて、彼を日本でも愛される俳優兼歌手にさせた出世作は、2002年に出演したKBS 2TV「冬のソナタ」だ。パク・ヨンハさんはキム・サンヒョク役を務め、優しい男として多くの女性を魅了。同作の人気でパク・ヨンハさんは日本で歌手としてもデビューを果たし、本格的な海外活動を展開した。

2003年にスタートしたパク・ヨンハさんの日本活動は高い人気を博した。2004年に発売したシングルは韓国の男性アーティスト史上、初のオリコンチャート10位圏内に入る記録を残し、2005年には韓国の歌手として初の日本のゴールデンディスク賞の新人賞を受賞。その後、4年連続でゴールデンディスク賞を受賞した。

パク・ヨンハさんは2008年に韓国で放送された「オンエアー」で久々に韓国ドラマに復帰し、視聴率も良い成績を収めた。同年に撮影を開始した映画「作戦 THE SCAM」では、大儲けを夢見る個人投資者カン・ヒョンス役を務め、熱演を披露。2009年にはKBS 2TV「ザ・スリングショット~男の物語~」で俳優として新たな一面を見せる事に成功した。しかしこの作品が、彼の遺作となった。

パク・ヨンハは2010年、国際救護開発NGOのGood Neighborsとともにアフリカのチャドに自身の名前にちなんだ「ヨナスクール」を設立。彼の遺族はパク・ヨンハの意を続けようと、ヨナスクールへの継続的な関心を高めるため2013年に「パク・ヨンハ One Love チャリティー事業会」を立ち上げた。

変わらず彼を記憶している人々は、故人が安置された盆唐(プンダン) メモリアルパークに足を運んでいる。7周忌の30日には追悼式が行われる予定だ。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :訃報

舞台とカメラの中で光ったユン・ソジョンの55年..星が負ける

0000275303_001_20170617000849763.jpg
もう一つの星が負けた。

俳優ユン・ソジョンが16日死亡した。 享年73才.

所属会社ポパイエンターテインメントは“ユン・ソジョンが今日午後7時12分ソウル聖母病院で敗血症で亡くなった。 故人は愛する家族が見守る中で世の中と離別した。 50年間余り観客と視聴者を幸せにして愛された故人の冥福を祈ってほしい”と明らかにした。

葬儀室はソウル聖母病院葬儀場21号室に用意された。 葬儀は5日葬で払って埋葬地は天安(チョナン)公園霊園だ。 遺族では同じ俳優である夫オ・ヒョンギョンとオ・ジヘがいる。

映画監督であり俳優であった故ユンボン春衣娘で1944年生まれた故人は去る1962年TBS公開採用(公債)1期タレントでデビューしたし、演劇舞台で主に活動した‘演劇界のタイマイ’であった。 代表作で演劇‘お休み、ママ’、‘鋼鉄’、‘ブラインド タッチ’、‘33個の変奏曲’、‘エイミー’、‘お母さん’等がある。

映画とドラマにも多数出演して大衆的に認知度をアップすることもした。 映画‘罠’、‘イ・ジェスの乱’、‘このまま死ぬことにはならない’、‘あなたを愛しています’、‘愛して! 陣営’に出演したし、ドラマでは‘待望’、‘上手にしたよ、上手にした’、‘私の娘花様が’、‘清潭洞(チョンダムドン)アリス’、‘結婚の与信(女神)’、‘嵐の女’、‘ファンタスティック’等に名前を上げた。

舞台とカメラの前で見せてくれた情熱は多数の受賞経歴でも続いた。 1980年東亜演劇賞をはじめとして1995年百想芸術大賞人気賞、2001年大鐘賞映画祭助演女優賞、2003年ソウル公演芸術祭個人演技賞、2007年イ・ヘラン演劇賞、2010年ヒソヨングクサン今年の演劇人上、2010年大韓民国演劇大上演技賞などを受賞したことがある。

また、現在の放映中の100%事前製作ドラマSBS ‘猟奇的な彼女’では慈恵対比駅に出演していて多くのファンたちが故人の生涯最後の姿を長らく記憶することになるものと見られる。

☆また一人、大好きなベテラン女優さんが天に召されてしまいました。国内では野際洋子さんの訃報に接して悲しんでいたところ。
芸能一家なんですね。

ohyongyon_p.jpg
ご主人のオ・ヒョンギョンし。「本当に良い時代」「茨の鳥」などにご出演されたようです。

ojihe_p2.jpg
娘さんのオ・ジヘさん。最近は「空港へ行く道」ご出演が記憶に新しいでしょうか。
ご家族に見守られての最期ということですが、72歳はまだお若いですよね。ご家族もさぞかしお辛いでしょう。

これまで味わいのあるよい演技を見せて下さってありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :訃報

[公式立場]ユンソチョン側"サイン敗血症、聖母の葬儀蔵書20日、出棺"



俳優ユンソチョンが今日(16日)午後、敗血症で享年74歳の生涯を終えた。

16日午後ユンソチョンの所属会社ポパイエンターテインメントは公式報道資料を通じて、"ユンソチョン先生が2017年6月16日19時12分に死去した"、"死因は敗血症だ"という公式の立場を伝えた。

続き、"故人は今日愛する家族が見守る中、世の中と別れを告げて天に上がった"、故人の冥福を祈った。

ソウル聖母の葬儀場で葬儀が行われる予定であり、5日場に来る20日、出棺する。

次はポパイエンターテインメントの公式立場の専門

こんにちは。

俳優ユンソチョン先生の所属会社ポパイエンターテインメントです。

俳優ユンソチョン先生が2017年6月16日19時12分に死去しました。 死因は敗血症です。

故人は今日愛する家族が見守る中、世の中と別れを告げて空に上がって行きました。

この55年余りの間、私たちを幸せにしてくださって、愛を受けてきた故人の冥福を祈ってください。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :訃報

[速報]俳優ユンソチョン、16日に死亡…享年74歳



俳優ユンソチョンが16日に死去した。 享年74歳。

ユンソチョンは16日午後、ソウル江南(カンナム)聖母病院で生涯を終えた。

殯所は、聖母病院の葬儀場21号であり、5日葬で行われる。

1944年7月4日生まれのユンソチョンは1961年、演劇俳優にデビューした。 1962年TBC東洋放送の公開採用1期タレントの正式デビューした。 以来、演劇舞台と多くのドラマや映画に出演し、大韓民国代表俳優として活躍した。

ユンソチョンは最近まで活発な活動を繰り広げた。 映画'あなたを愛します。'(2011)、'愛して! ジンヨンア'(2013)とドラマ'全部上手く行くよ'(2015)、'ファンタスティック'(2016)などに出演した。

現在100%に事前制作で撮影をすべて終えたSBS'猟奇的な彼女'で慈恵比で出演中だ。

Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :訃報



最後まで真の女優の姿を見せ、多くの人々の胸を熱くさせた故キム・ヨンエさん(66) が永い眠りにつく。

本日(11日)午前、ソウル延世(ヨンセ) セブランス病院にて享年66歳で亡くなった故キム・ヨンエさんの出棺式が行われた。故人はすい臓がんの合併症により、9日午前10時58分に死亡した。

この日遺影が遺体安置所を離れると、遺族、知人、俳優仲間たちがその後に続いた。イム・ヒョンシク、オ・ダルス、ムン・ソリ、ムン・ジョンヒ、ヨム・ジョンア、ナ・ヨンヒ、ユン・ユソン多くの俳優らが故人を見送った。それだけでなく、一般市民の姿も見えた。彼らは最後の瞬間まで、俳優の魂を燃やした故人を追慕した。

故キム・ヨンエさんは1971年にMBC3期公開採用タレントとしてデビューし、女優として活動してきた。だが2012年にドラマ「太陽を抱く月」の撮影中すい臓がんの診断を受けた。手術後再び女優活動を継続したが、2016年に健康状態が悪化した。

故キム・ヨンエさんの遺作は、最近韓国で放送終了したドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」だ。撮影真っ最中である昨年8月に病状が悪化して10月に入院、医療スタッフの制止にもかかわらず外出届けを出して撮影に臨み、このような事実が一足遅れて伝えられ、多くの人々の心に切なさと感動を与えた。

埋葬地は盆唐(ブンダン) のメモリアルパークだ。
20170411124243842.jpg
20170411124243b13.jpg
20170411124243136.jpg
20170411124243862.jpg
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :訃報
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR