'マザー'ホユル、可愛がって爆発撮影現場…ラブリー母娘



'マザー'のラブリーした8歳の少女ホユルの春を催促する撮影ビハインド・カットが公開された。 

ケーブルチャンネルtvNの水木ドラマ'マザー'(脚本チョンソギョン演出キムチョルギュ)がラブリー少女ホユルのビハインド・カットを公開した。スタッフはもちろん、俳優たちの愛まで獲得し、愛の時になったホユルの姿は見る人を節に微笑ませている。 

この3-4回では危険なヨチョンギルに上がったスジン-ヒェナ親子がスジンが幼い頃過ごした情愛院でグルララ先生(イェスチョン)とともに、コンマのような幸せを求める姿が描かれた。また、養母ヨンシン(李へヨン)の病気を知ったスジンが涙の中に出会いを持つ姿で視聴者をむかつくた。

このうち、公開されたビハインド・スチールの中ホユルは撮影現場を明るく染められるほど明るい姿を見せて目を引く。ホユルはイ・ボヨン見上げて話を交わしている。これにイ・ボヨンは、へらへらと話をするホユルが愛しいそうに手をしっかりつないでいる姿。2人の姿はスチールだけでも暖かさをぷんぷんさせながら自然に笑みを醸し出している。 

また、ホユルは床屋の主人洪熙駅のナムキエに向かって茶目っ気に満ちた笑いを見せている。これにナムキエも応えるように、暖かい笑顔を浮かべてホユルを抱きしめており、視線を捕らえる。足長おじさんの意思真紅役のイジェユンは横になっているホユルの頭をなでながら、和やかな笑みを隠せずにいて、ファンの関心を引く。ホユルはきらきらする瞳で、イジェユンとヌンマッチュムをして現場を明るく染めている。 

その一方で、ホユルは明るい姿で休みの時間を楽しんでいる。ホユルは、劇中で幼いスジンのワンピースを着て鏡を見たり、カメラに向かって手を振りながら愛嬌たっぷりの華やかな笑いを見せている。ホユルは、天真爛漫な笑いまでして彼だけの純粋な魅力を存分発散している。 

これに対して'マザー'製作陣は"ホユルが明るいエネルギーを発散して冬の撮影現場に春を招いている"と"これからも純粋であどけないホユルの魅力と表現されるヒェナに多くの応援お願いする"と伝えた。 

一方、'マザー'は毎週水、木9時30分に放送される。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2018   0 comments   0 trackback
Category :子役

キム・ユジョン、「一度熱く愛しなさい」出演確定... 二十歳の最初の作品(公式)

201801230703191902410_20180123070421_01_20180123070614647.jpg
'一度熱く掃除しろ」キム・ユジョンがキャスティングを確定してパーフェクト万チトニョの誕生を予告した。

「ウラチャ次ワイキキ」の後続で放送されるJTBC新しい月火ドラマ「一度熱く掃除しろ」(演出ノジョンチャン、脚本ハン・ヒジョン、制作ドラマハウス、オヒョンジェ/以下「日トゥチョン」)は、清潔より生存が先にある情熱マンレブ取りジュンセン道オソルと清潔さが命より重要なイケメンクリーニング店CEO章先決が会って繰り広げる完全無欠ロマンスだ。 同名の人気ウェプトゥンを原作にドラマ製作ニュースが伝わり恐ろしくキャスティングの国内外のファンたちの関心が熱くなった。 そんな中、大人の演技初めての作品でキム・ユジョンが「仕事トゥチョン」を選択し、期待を一層引き上げた。

23日、所属事務所側によると、キム・ユジョンは清潔より生存が優先的情熱マンレブ就職準備生の道オソル役で演技変身に出る。 世界のすべてのバイトを渉猟し、就職の門を叩きのに恋愛はもちろん、清潔さえ贅沢になった取りジュンセン。 ばたばたしてパクセン現実の中整理整頓はあきらめて、膝たジャージがトレードマークになった衛生観念ゼロの「チョンポ女(清潔を放棄した女性)」オソルが潔癖症を患う相克の「無欠男」先決が運営する「掃除の妖精」に入社することになっ奇妙なホット人間改造プロジェクトが開始される。

「グルミグリーン月光」、「太陽を抱いた月」など原作を土台にしたドラマでしっかりとした演技とビジュアルで想像の中のイメージを現実に作る優れた能力を発揮していたキム・ユジョン。 演技力はもちろん、興行力まで兼ね備えたキム・ユジョンが大人になった後の最初の選択された作品であるだけにいくつかの演技変身に視聴者たちと会うのか期待を集めている。

最初の大人の演技で、2年ぶりにお茶の間にカムバックになったキム・ユジョンは「素材が独特で台本を見た瞬間、ひかれた」とし「澄んだ明るいオソルが肯定的なエネルギーとドラマ自体に染み込んだ透明なオーラをよく伝達したい」高ドラマに向けた特別な愛情を表わした。 続いて「今回の作品を通じて視聴者の皆さんの疲れた心をきれいにしチラつかきれいにするヒーリングをお届けしたい。 熱心に準備するから多くの期待と関心お願いする "とドラマに臨む覚悟で期待感を上昇させた。

一方、同名のウェプトゥンを原作とする「一度熱く掃除しろ」は「個人の趣向」、「引数比」、「宮廷残酷史 - 花の戦争」で感覚的な演出を認められたノジョンチャン監督と「朝鮮ガンマン」ハン・ヒジョン作家が意気投合した。 「ウラチャ次ワイキキ」の後続で来る4月JTBCで初放送される。
Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2018   0 comments   0 trackback
Category :子役

チン・ジヒ、二十歳迎え単発変身.. 'さわやかさ↑」

0003702180_001_20180121101210752.png
俳優チン・ジヒが単発で変身した。

チン・ジヒは20日、自分のインスタグラムを通じて近況写真を掲載した。

写真の中の彼女は単発で変身、さわやかな魅力を誇っている。 日々の水が上がる美貌に視線が集中されることも。

今年二十歳になったチン・ジヒは東国大学演劇映画科随時選考に合格して初心者になる。
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2018   0 comments   0 trackback
Category :子役

金ヒャンギ"'神と共に'ドクチュンキャラクター、多くの関心をもたれてちんぷんかんぷん"[写真集]

<


金ヒャンギ"'神と共に'ドクチュンキャラクター、多くの関心をもたれてちんぷんかんぷん"[写真集]

俳優の金ヒャンギが10代の甘さが感じられる'朗々と少女'コンセプトで、スター&スタイルマガジン・アット・スタイル(@star1)とグラビアとインタビューを行った。 

写真撮影後のインタビューで金ヒャンギは映画'神と共に-罪と罰'が2018年初の万映画仲間に登った喜びを隠せなかった。"映画を楽しく見てくれただけでもうれしいのに、ドクチュンというキャラクターが大きな関心を受けて目がくらみそうだ。16年間、数作品に出演したが、こんなに短期間に肯定的なフィードバックを受けたのは初めてだ"と話した。 

ドラマの中で三次会社で呼吸を合わせたハ・ジョンウ、チュ・ジフンについては本当にすごい学んだとし、尊敬の念を示した。"ハ・ジョンウ、チュ・ジフンおじさんがあまりにも愉快で楽しく撮影できた。お互いにいたずらをしても撮影が始まるとキャラクターに完璧に没入し叔父たちを見て、真正な俳優だと思った"とした。 

また、"2年前までは子役のイメージから脱するべきだという負担感のために多くの悩みがあった。今は考えを変えて現在に充実しようと努力中だ。好きな仕事をしているということだけでも大きな幸せだと思う"と明らかにした。

Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2018   0 comments   0 trackback
Category :子役

"花より美しい"金裕貞(キム・ユジョン)、勢いに乗った二十歳の雰囲気



金裕貞(キム・ユジョン)が勢いに乗った美貌を誇った。

金裕貞(キム・ユジョン)は15日、自分のインスタグラムに近況が写った写真を掲載した。

写真の中の金裕貞(キム・ユジョン)は花の間に座ってカメラを見ながら明るい笑みを浮かべている。

今年二十歳になった金裕貞(キム・ユジョン)は子役俳優のイメージを消すことほど成熟した美貌と雰囲気を誇っている。

一方、金裕貞(キム・ユジョン)はJTBCドラマ'一応熱く掃除すると、'出演を検討しているという。

Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2018   0 comments   0 trackback
Category :子役
 

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR